人文学部 国際英語学科 ニュース

英語系

On Monday, April 5, the entrance ceremony was held for new first-year students joining HJU. The sun shone, some of the cherry blossoms (that have been beautiful on campus this year) still remained, and there was a lovely fresh feeling on campus.
(本日4月5日、広島女学院大学では入学式が執り行われました。お天気にも恵まれ、桜の花もまだ少し楽しむことができる中、キャンパスはフレッシュな空気に包まれました。)

The students first took part in the formal entrance ceremony and listened to a welcome speech from President Mitani. After that, they joined a short KEG program led by the Department Chair, Isobe sensei. In addition to welcoming all students joining our Eigo Bunka and Global Studies in English courses, Isobe sensei outlined the ideas of the KEG department and the new students were introduced to all the teachers in the department. It was wonderful for all the KEG teachers to meet our new students and think about the bright futures ahead of them all.
(三谷新学長を迎えての入学式の後、学科ごとに分かれて、英語文化コースとGlobal Studies in Englishコースの両コースの学生全員が集まりました。学科長による挨拶と学科の学びの説明に続き、各教員が自己紹介を行いました。我々教員にとっても多くの可能性を秘めた新入生を迎えることは、毎年大きな喜びを感じる瞬間です。)

210405_nyugakuE.JPG

国際英語学科教員と基礎英語を担当する教員による自己紹介の様子

We are sure that some of the students were a little nervous on their first day, but also we hope that they were filled with expectaions about their future and what they will learn and do during their four years in KEG. Welcome to all the new first-year students, and good luck in everything you do!
(初日ということで緊張していた学生もいたと思いますが、どの学生も大学での新しい生活、学び、チャレンジしたいことで期待に胸を膨らませていたことと思います。改めて、ご入学おめでとうございます。)

  • LINEで送る
オープンキャンパス

まもなく入学式シーズンを迎える中、本学では春のオープンキャンパスを行い、これから進路を本格的に考え始める高校1、2年生の皆さんにご参加いただきました。

12月のクリスマス・オープンキャンパスは新型コロナウィルス感染症の影響で残念ながら中止となりましたが、今回は感染対策を行った上で対面で実施することができました。

国際英語学科では、このウェブ・ニュースでも定期的に紹介している、短期英語集中養成コース(ITC)のミニバージョンを行いました。高校生の皆さんには、サポート役の在学生と一緒に、いつもITCで行っている活動の一つにチャレンジしてもらいました。

IMG_1475.JPG

ITCの活動を体験している様子

最初は少し緊張していたようですが、徐々にお互いに打ち解けて積極的に簡単な英語での質問のやりとりができるようになりました。

次のオープンキャンパスは、6月から始まる夏のオープンキャンパスです。学科での学びや活動を体験してもらえるような企画を行う予定ですので、大学での学びに興味のある人はぜひお越しください。

  • LINEで送る

Our fourth-year students are about to graduate so we asked three students about their experiences with their final piece of work - the graduation thesis. Our students spend two years in a seminar group in which they get lots of guidance from a supervisor. They choose a theme for a thesis and then they work hard researching and writing about their theme. The final step is an interview in which the students explain their thesis.

(今年度も4年生が卒業する季節を迎えました。そこで今回は、この春卒業する3名の学生に、2年間のゼミでの活動と教員からの指導を通して、どのように卒業論文のテーマに決め、研究を進めたかなど、卒業論文完成までの道のりを話してもらいます。)

MK chose a seminar in which she could study about language and write her graduation thesis in English.
(まず最初に、言語をテーマに英語で卒業論文を執筆したM.K.さんを紹介します。)

Webp.net-resizeimage.jpg

MK studying hard in the library

Here are MK's answers to our questions.

1. What topic did you choose for your thesis and why did you choose it? (どのような卒論のテーマを選びましたか。その理由は何ですか。)

私の卒業論文のテーマはインドにおける植民地時代と現代を比較した言語帝国主義についてです。英語は世界中で最も多くの人々が使用している言語のうちの一つで、国際語として認知されています。しかし、時代ごとに英語に対するいくつかの長所・短所が存在しています。この論文を通して、英語を学ぶ本質を知った上で自身の英語学習に対する動機付けを見つけるためにこのテーマを選びました。

2. What was good about your thesis experience? (卒論執筆の経験において良かった点を教えてください。)

英語での論文作成はかなり苦戦しました。私の場合、考えがまとまらないと内容も乱雑になるのでシンプルに考えをまとめることを大切にしました。そして、まとめた考えを順序立て、各章の意見を述べることまでスムーズに取り組むことができました。論文作成には編集以外にも多数の文章を読むことも必須です。苦手意識のあるアカデミック英語を克服するチャンスになったはずです。

MM chose a different seminar from MK and her thoughts are below.
(次に、教育に関するゼミに所属したM.M.さんの体験談です。)

Webp.net-resizeimage.jpg

MM with her supervisor at graduation

1.What topic did you choose for your thesis and why did you choose it? (どのような卒論のテーマを選びましたか。その理由は何ですか。)

本論文では、高校英語の英単語習得の場面において、スペイン語学習をどのように活用できるかをテーマに選びました。なぜなら、語彙習得は英語力の根幹を成す重要な要素である反面、多くの中高生が苦手意識を持っていることがこれまでの先行研究によって明らかになっているからです。そのため、指導方法の一つとして、単語をとにかく暗記させるのではなく、発音や綴りなどがなぜそうなるのかを英語以外の外国語を通して教えることで、学習者に英語の特異性を理解させることができ、語彙習得の手助けとなるのではないかと考えたからです。

2.What was good about your thesis experience? (卒論執筆の経験において良かった点を教えてください。)

執筆にあたり、自身が興味・関心を持って取り組めることは大切ですが、単に調べ、個人の見解を述べるだけでは学術的·社会的に意義のあるものにはならないため、調査結果から自分なりに論理を展開していくことに一番苦労しました。しかし、卒論執筆を通して問題提起する力とそれを解決するために必要な手立てを考察する力を育むことができました。また、自分の専門知識を深めることができ、大学4年間の学びの集大成となる研究を行えたのではないかと思います。

YH joined a seminar mainly dealing British literature and culture - here are her answers.
(Y.H.さんはイギリス文学・文化のゼミに所属しました。)

IMG_20210301_130950~2.jpg

The completed thesis and a copy of Sherlock Holmes

1.What topic did you choose for your thesis and why did you choose it? (どのような卒論のテーマを選びましたか。その理由は何ですか。)

私の卒業論文のテーマは「シャーロック・ホームズ物語に見る悪とその役割」です。子どもの頃からシャーロック・ホームズを始めとした探偵小説やドラマなどが好きだったことが理由の一つです。また、探偵などのヒーローは悪役が居て初めて存在価値が生まれるのではという思いから、シャーロック・ホームズシリーズに登場する悪役に興味を持ちテーマにしました。

2.What was good about your thesis experience? (卒論執筆の経験において良かった点を教えてください。)

物語の内容を純粋に楽しむというところから一歩進み、興味関心のある部分を調べて考察することでより深く作品について理解できました。また、ゼミの先生に度々確認していただくことで文章の読みづらさを改善したり、自分では気付けなかった視点を取り入れたりできました。物語を知らない人が読んでも分かるように"人に見せる"ことを常に意識して書くことは難しかったけれど、今後に活かせる経験ができたと思います。

Thank you to these graduating students for sharing your thoughts. We are sure that your thesis experience will be one of the memories from your university days that you will look back on with a great sense of achievement. Congratulations from all of us in KEG!

(卒業論文の執筆は、大学生活の中でも大きな達成感を得られる経験の一つです。論文を完成させ、卒業を迎えた皆さん、改めておめでとうございます!)

  • LINEで送る