人文学部 国際英語学科 ニュース

The first-year Oral Communication classes are an essential part of the development of language-in-use skills. With many students going on to work in a wide range of employment areas such as tourism, airlines, and internationally recognised companies, building skills and confidence in spoken English is an important part of this development.

1年生のOral Communicationの授業は実用的な英語能力を高めるために欠かせません。学生たちは将来、観光、航空、海外と取引のある企業など、さまざまな業界で活躍する可能性がありますが、英語の技能を高め、英語で話す自信を身につけることは、将来に向けての大切な準備となります。

IMG_0414.jpg

With small group sizes and dedicated time for speaking on a range of topics, the Oral Communication classes provide an excellent environment for our students to talk about everyday topics, and communicate their own thoughts and feelings. One strategy in class has been to incorporate weekly English-language news articles into discussion, asking students to summarise what they have read in their own words, and host mini-discussions with their group members. The students have responded admirably to the challenge so far.

この授業では少人数クラスで十分な時間を使ってさまざまなトピックについて英語で話すことによって、学生が日々のことや自分の考えや感じたことを話せる環境を提供しています。授業の取り組みとして、英語のニュース記事などをディスカッションに取り入れ、学生は自分の言葉で記事を要約したり、グループで討論を行ったりします。

IMG_0420.JPG

The main segment of weekly classes is organised around a common topic of conversation and/or daily communication. Although there is a layering on of key language items such as pronunciation, grammar, and vocabulary, our emphasis is always on speaking. Through practice followed by more practice, and of course the hard work and determination of each of our students, there has already been a noticeable improvement. I'm sure you'll join me in offering the Oral Communication students congratulations for their hard work so far, and encouragement for the future, too!

また、日常的なコミュニケーションや日々の生活にまつわるトピックについても授業を行います。発音や文法、語彙などについても学びますが、何よりも会話を中心に授業を行います。繰り返し練習することによって、学生たちは驚くほど英語能力を向上させています。

IMG_0416.JPG

  • LINEで送る

The first-year GSE students are getting settled into life at HJU, and also getting used to a program with classes taught in English.

国際英語学科GSEコースの1年生も広島女学院大学での生活になじみ始め、英語で学ぶ授業にも慣れてきたようです。

GSEdisccussion&presentation2.jpg

During their four years of study in GSE, the students will take classes with a wide variety of content, ranging from social and cultural themes to political and economic issues. In the GSE program, the students are very active in using their English in classes - planning projects, carrying out research, making presentations, and discussing issues. So, how do the GSE students get prepared for such active use of English in their classes?

4年間のGSEの学びの中で、学生は社会や文化、政治や経済に関するさまざまな問題に取り組みます。GSEでは学生は授業でとても積極的に英語を使用します。たとえばプロジェクトを立て、リサーチを行い、プレゼンテーションを発表し、議論を交わします。このように英語で活発に活動するために、GSEの学生はどんな準備をするのでしょう?

GSEdisccussion&presentation1.jpg

One of the ways is through the skills classes that GSE students take during their first year of study. One of those classes is Discussion & Presentation. The main aim of this class is to ensure that students develop the confidence to take part actively in discussions and have the ability to make smooth and coherent presentations.

GSEの1年生はまず英語の技術を向上させるための授業の一つである"Discussion & Presentation"を受講することで力をつけます。この授業の狙いは積極的にディスカッションを行う自信をつけ、スムーズで首尾一貫したプレゼンテーションを発表できる技能を身につけることです。

GSEdisccussion&presentation4.jpg

In Discussion & Presentation, students take part in weekly discussions. Our first theme is about education in which the students discuss the value of study abroad programs. During the course, the students improve their ability to give opinions and agree and disagree with their classmates. They also learn a lot about the world (and about their classmates, too). The atmosphere is very friendly, but the students also work hard.

この授業では学生は毎週ディスカッションを行います。最初のテーマである「教育」について、学生たちは海外留学の価値についてディスカッションを行いました。授業を通して、学生は自分を意見を述べ、クラスメイトの意見に対する賛成や反対を述べる英語力を向上させていきます。学生たちは世界について(そしてクラスメイトのことも)多くを学びます。授業の雰囲気はとても和やかですが、学生は熱心に勉強します。

GSEdisccussion&presentation3.jpg

Students make regular mini-presentations. Very quickly, they become better and better at making short and clear presentations. Each student is different. Each student has her own personality. So, each student makes presentations in her own unique way. However, all the students gain the confidence to make informative and interesting presentations on a variety of topics.

ミニ・プレゼンテーションを行うことで、学生はとても早いスピードで簡潔でわかりやすいプレゼンテーションを行うことができるようになっていきます。学生はそれぞれユニークで、それぞれの個性があります。そのため、それぞれの学生が自分なりのユニークな発表をします。しかし、どの学生もさまざまなトピックについて興味深いプレゼンテーションを行う自信を身につけるようになります。

It is amazing to see how GSE students become confident in discussing and presenting their ideas, both on and off campus, during their four years at HJU.

広島女学院大学の4年間の間にGSEの学生たちは、授業内でも授業外でも驚くほどディスカッションやプレゼンテーションが巧みになっていきます。

  • LINEで送る

4月19日(木)と20日(金)にグリーンピアせとうちで人文学部国際英語学科のオリエンテーションキャンプを実施しました。

オリエンテーションキャンプとは、オリキャンリーダーが1年間かけて作り上げた企画を通して、新入生に先生方、そして新入生同士の交流を深めてもらうものです。

2018internationalenglishorientationcamp1.jpg

外レクでは運動会のように積み上げた箱を落とさないように運んだり、玉入れをしたり、ダンスをリーダーと一緒に踊って、多くの人と交流を深めてもらいました。

2018internationalenglishorientationcamp2.jpg

2018internationalenglishorientationcamp3.jpg

内レクでは、世界遺産に関するクイズや讃美歌クイズ、ピンポン玉をスプーンなどでバランスよく運ぶレースなど、たくさんのミニゲームを行い、グループの結束を深めてもらいました。

2018internationalenglishorientationcamp4.jpg

先生レクでは、先生方の話を聞いて、クイズに挑戦し、先生方の事をより知ってもらう事ができました。

2018internationalenglishorientationcamp5.jpg

オリエンテーションキャンプに関することは全て、学生だけで考え、実施しています。これは広島女学院大学のオリキャンの特色とも言えます。
このオリエンテーションキャンプを通じて沢山の人と出会い、1年生も4年生もキャンプの後で大学で会うと楽しく話すことができます。
他学年との関わりが少ない大学生活で、素敵な先輩、後輩と出会えることは、本当に良い経験となります。

オリキャンリーダーとして「新入生に楽しんでもらう最高のオリキャンを作る」という同じ目標を持った仲間と活動できたことは、私たちにとってかけがえのない時間です。そして、当日「楽しかった!」と言っていただけることが、オリキャンリーダーをやって本当に良かったと思える瞬間です。
もちろん大変なこともあります。しかし、それ以上に得るものが多いこの活動は、私たちが大学生活で1番力を注いだことの一つだと胸を張って言えます。

2018internationalenglishorientationcamp7.jpg

オリキャンリーダー 曽我部友菜、内堀遥

  • LINEで送る