人文学部 国際英語学科 ニュース

あなたは「英語科教育入門」という科目名からどんな授業内容を想像しますか。

おそらく英語教育の目的、英語の教科書の中身、英語の指導方法、英語を習得するプロセス、 世界中で英語を使う人の数などではないでしょうか。確かにこの授業ではそのような内容も扱いますが、英語教育に係るコンテンツだけがこの授業の提供するすべてではありません。

英語教育の目的は、単に英語のコミュニケーション能力を育成することだけでなく、英語の背景にある社会や文化を理解することも含んでいます。つまり、外国語(第二言語)に触れることを通して、物の見方や考え方になにがしかの変化が生じ、学習者が人間的に成長することも期待しているのです。

私はどの授業においても、次のような私見を説示します。

「私たち個々の人間は、地球という惑星の表面に貼り付いた76億人の中の一人にすぎず、互いが目に見えない糸で結ばれている。だから、たとえどんなに小さくても、自分に与えらえた運命の『歯車』をひたすら廻し続けることによって、人類の発展・平和・共存に貢献することができるのである。その点においては、人種も言語も宗教も性別も出自も職業も、なんら優劣の縦関係にはない。」

「それを追求し体現するために学び続けるのだ」とも。

それゆえ英語教育は、人類の相互理解と共存を達成するための、特定のアングル、つまり教科内容学的な見地からのチャレンジであると解釈できるのです。

言い換えれば、英語という言語やそれを取り巻く文化を学ぶという営みは、人生を豊かに生きるうえで役立つ情報源や観点へのアクセス、つまり、異質で多様なものへの侵入経路・接触方法に過ぎないと考えています。したがって、この授業では、(もしかすると「脱線」とか「寄り道」などと誤解されるかもしれませんが)、英語教育と直接的に関係しないテーマや問題も取り上げます。

たとえば、初回の授業で『シンドラーのリスト』のテーマ曲を聴いて感想をメモしたり、学期の後半(11月から12月)にかけて、『コーラス』というフランス映画(原題: Les Choristres. 2005年)を視聴したりします。英語科教育入門の授業で「なぜフランス語?」と訝しく感じるかもしれませんね。

この映画を観るにあたって、私は学生に次の課題を出します。

「他人を思いやること、他人を愛すること、そして、他人のために貢献すること、それらは一体どういうことか。」

この質問に対して、映画の視聴の前後で自分の考えを文字化するというタスクです。外国語の学習というよりも思考問題です。自分の考えを、段落のような文章体で表現してもいいし、頭に浮かんだ事柄を箇条書きしても構いません。とにかく頭に浮かんだ事柄を必ず文字に起こすのです。

そのような自分自身への内省的な問い掛けをとおして、「自己と他者との関係性」「生きがい」「やりがい」「今の自分」「将来の夢」などに思いを馳せて欲しいのです。 果たして、視聴の前後で個々の学生の考え方に何らかの差異が生じるか否か。少々大袈裟ですが、これはある種の心理学実験であるとも言えるのです。

『コーラス』
時代設定は第二次世界終結後の1949年。映画の舞台は、フランスの片田舎にある、「池の底」と呼ばれる寄宿制の少年養育施設です。そこに住まうのは素行の悪い、いわゆる問題児ばかり。教師に反抗を繰り返す生徒、心のどこかに傷を負った生徒、両親を亡くし身寄りのない生徒、授業に全くついていけない生徒、家庭の事情でやむなく預けられた生徒などなど。そこへ舎監として着任するのが、失業中の音楽教師マチュー。作曲家になることを夢見ていたものの、辿り着いた先は誰も勤めたくないような厄介な男子校。しかし、マチューは合唱指導に光明を見出すのです。合唱団を結成して生徒に歌う喜びを覚えさせることにより、子供本来の純真無垢で素直な姿を取り戻して欲しいと願うのです。マチューや少年たちの運命やいかに。

ストーリーの結末に触れるのは野暮なので、映画解説はこの辺りにしておきます。

では、この映画を鑑賞した学生たちの頭と心の中にどんな思いが浮かぶのでしょうか。たとえフランス語が全く理解できなくても、そして、登場人物たちの姿に自分を投影することができなくても、人と人の触れ合いや人と人の結びつきについて考えさせられるに違いありません。それをきっかけにして、自己と他者との関係性や生きることの意義などに目を向けて欲しいのです。

そのようなマクロな(巨視的な)思惟は、実用と教養の二つに支えられた英語教育というミクロな(微視的な)営みを、客観的かつ包括的に把握するのに役立つに違いないと考えます。言い換えれば、人間の営みを多様な視座から見つめて欲しいのです。英語教育はそのための一つの「窓口」であると思います。

KEGclassprofile2020englisheducation.jpg
(※2019年撮影)

  • LINEで送る

In the next in a series of reports from recent HJU graduates, we hear from MT. As with previous reports, she has some good tips and interesting information about her work, and about how to approach university life.

GSE生の卒業後の活躍を紹介する記事の第三弾です。今回も卒業後の社会人としての仕事の様子に加え、大学在学中の生活について教えてもらいます。

First, I asked MT about her early times at HJU, especially what motivated her to study English, and what her early challenges were with improving her TOEIC score specifically.

(今回話を聞くM.T.さんには、まず大学入学後の学生生活、特に英語の勉強、TOEICのスコアUPのために努力したことを尋ねました。)

I wanted to speak with the teachers from the United Kingdom and the United States! With that in mind, I searched for every opportunity I could find to use English in my life in Japan. For example, you can make sure you connect to English every day, study independently beyond your assigned work, find people online to practice conversation in English with, and even travel abroad by yourself. I determined to do as much as possible. When preparing for the first TOEIC test, I focused on listening for 30 minutes each day, for 3 months. I managed to push my score up from 445 to 495 through this first period.

(アメリカ人とイギリス人の先生と話したい!という思いから日本で英語を使う機会をたくさん探しました。毎日英語に触れたり、出された課題以上のことをしたり、オンライン英会話を始めたり、1人で海外旅行に出かけたり。出来ることは何でもしました。TOEICの時期は点数を上げるために3ヶ月間毎日TOEICのリスニングを30分聞き流していました。すると短期間で点数が445点から495点になりました。)

Next, I asked MT about her ideas on how university students should approach general university life.

(次に、英語以外の大学生ならではの活動についても話してくれました。)

I met the people I wanted to meet, and I did the things I wanted to do. For example, I helped organize a workshop in which a student I met in Osaka who had started an NPO took part, and to which we invited classmates. I often visited Osaka and Tokyo to ensure I got information from broad sources and thought hard about what problems there were, and who was doing what to try and solve them. I think students should remember that only they have the power to do things for themselves.

(会いたいと思った人に会いにいく、やりたいと思ったことは全てやることを心掛けていました。大阪で知り合った、大学在学中にNPOを立ち上げた学生を広島に呼び、同級生を招きワークショップを開催したこともあります。地方の学生の情報格差を埋めるため頻繁に大阪、東京に出向き、今日本は何が問題でどんな人がどんな事をしているのかを必死に自分から掴みに行っていました。行動力だけは人一倍あります。)

Next, MT talks abext, MT talks about how she is using Engout how she is using Enlish in her current work.

(さて、次は現在の仕事について教えてもらいます。)

Right now, I am working at a High School. However, at the same time, I am distance learning to get a teaching license. Although I won't start formal teaching for a couple of years, I am scoring English tests and proctoring. Other teachers often ask me questions about English, and I often refer to overseas and GSE classes that I took when I was a student at HJU.

(私は今高校で働いています。教員免許を取得するために通信制の大学にも入学しました。実際に授業するのは2年後になりますが、英語のテストの採点や試験監督などをしています。英語の質問などがあると他の先生達からよく質問されます。在学中に行った海外のことやGSEの授業ことをよく聞かれます。)

MT.jpg

MT hosts an event for freshman, her English skills have been valuable for her in finding a job she loves.

Finally, I asked MT to give some advice to current and future university students about university life. I think she has some really important points:

(最後に高校生と大学生に大学生活に関するアドヴァイスをもらいます。非常に重要なことを教えてくれました。)

Now that I am in the world of work, I realize that my time at university was the freest in my life. When we are working, we have to be careful not to make any mistakes. When I was a student, I had much more autonomy without fear of consequences. I recommend that you experience a wide variety of things, and to venture outside of Japan when you can, as this will enrich your life.

(社会人になって思うことは、大学生の時は何をしでも許されて人生の中で1番自由な時間があったということ。社会人は少しのミスも許されません。誰からも怒られずに何をしても許される学生時代。たくさん色々な事に触れて日本を飛び出し、自分の人生を豊かにしていって欲しいと思います。)

Well, those are wise words from MT. I want to offer my personal thanks to her for taking the time to share her experiences.

(参考になるアドヴァイスですね。M.T.さん、今回の記事への協力をありがとうございました。)

  • LINEで送る
ITC(短期集中英語養成コース)

20201014日(水)に第13ITC、113日(火・祝)に第14ITCを行いました。ITCとは Intensive Training Course of Englishの略で,短期集中英語養成コースのことです。

13ITC

初めての人でも気軽に参加できる、水曜日の授業が終わってからの2時間のコースでした。活動はグループで協力して歌を書き取っていくSong Transcription、 ゲームをしながら英語の感覚を磨くKaruta & Quiz、そして、自分の名前を伏せて手紙を出し合い、内容からだれから受け取ったのかをあてるSecret Friendを行いました。

Webp.net-resizeimage.jpg
"Song Transcription" の様子

14ITC

午後1時から丸々4時間、英語の世界にどっぷりとつかりました。お互いに質問しながらyesをそろえていく、Bingoを使ったIce Breaker、与えられたカードに書かれたものを説明し合って、仲間はずれを当てるWord Wolfを通じて、すっかり参加者同士打ち解け合うことができました。その後はすっかり定番になったSong Transcriptionです。今回は有名な映画Titanicの主題歌に挑戦しました。最後はSpeechです。今回はグループで協力してプレゼンしました。

Webp.net-resizeimage.jpg
Word Wolfの様子

Webp.net-resizeimage.jpg
Speechの様子

Webp.net-resizeimage.jpg
カウントダウン後、全員で

すべての活動を終え、カウントダウンによって日本語の世界に戻りました。次回、今年最後となる第15ITCは、1212日(土)13:00-17:00です。

皆さんの参加をお待ちしています。

  • LINEで送る