人文学部 国際英語学科 ニュース

今回は、国際英語学科の授業、John Herbert先生の担当する「世界の英語」を紹介したいと思います。この科目は、国際英語学科2年次に在籍する学生が全員履修する科目で、まさに今、後期に開講されています。

英語は、今もなおその話者が増えるとともに、重要さやが強まる中、それだけ多様な英語の文化が世界中で見られます。「世界の英語」は、そうした英語の多様性(diversity)に注目した授業です。

この授業は英語で行われます。今回は授業を体験するつもりで、Herbert先生の授業紹介を英語で読んでみてください。

The 世界の英語 class is a required subject for students in the Department of International English (国際英語学科). Students usually take this class in their second year of study at HJU. The English language is really important all over the world (perhaps there are 1.5 billion speakers or more) but it is used in so many different ways. It is clearly essential, therefore, for students in the Department of International English to have an understanding of the wonderful variety of English in the world.

Webp.net-resizeimage.jpg
The 世界の英語 class in action

Students start by learning about how the English language changed from being a small language spoken in Britain to a powerful language that is used all around the world. They discover how modern day English has been influenced by many different languages over time. For example, beef comes from French, sky from the Viking people, Santa Claus from Dutch, piano from Italian, avocado from one of the Native American languages, and sushi and manga from Japanese.

Webp.net-resizeimage.jpg
Examples of Japanese words used in English at a food counter in a London railway station (above) and at a bookstore in Bath, England (below)

Webp.net-resizeimage.jpg

Then we move on to looking at native-speaker varieties of American, British and Australian English. Students are often surprised to learn about the differences in vocabulary, pronunciation, spelling and even grammar. We also study about how some young people in America speak differently from older people ("the movie was sick" rather than "the movie was great"), and how some African Americans may use a different style of English from General American English.

Finally, we also look at the English language here in Japan. We think about issues connected to improving English language ability in Japan and look into the fascinating subject of Wasei Eigo (made-in-Japan English). Students learn that カンニング is not cunning in English, nor is コンセント consent. They are actually cheating and socket. The English language is affecting the Japanese language and Japan in general, but it is also having effects all over the globe. That is why this class is so important for students in our department.

Webp.net-resizeimage.jpg

Some good reference books about English around the world

This course is really important in order to understand a little more about the amazing variety of English in the world. I think you will enjoy the class, too. Why do I think so? Well, because you will learn many new and surprising things about English from the slides that I have prepared. And the class is not just about information passing from me to you. There are activities and exercises to do that will make you think, you will your share ideas with your classmates, and by the end of the course, you will look at the English language in a different way. What's more, your English skills will, of course, also get better during the course!

英語には世界の共通語として使われるようになるまでに、他の言語の影響を受けつつ変化してきた歴史があります。また、英語を母語としている国でも違いや特色があったり、現代においては日本語と英語が相互に影響し合うなど、様々な多様性がみられます。

今回の記事を読んで、英語の知られざる一面に触れたみなさんも、ぜひ日頃学んでいたり、身の回りに見聞きしたりする英語や日本語のカタカナについて、授業を履修する学生同様に考えてみてください。

  • LINEで送る

For those students who are pursuing a teaching license, the teaching practice placement is a big event. In this article, we hear from two GSE 4th year students who have very recently returned from their three-weeks of working experience in a school.

(教師になることを目指す学生にとって、教育実習は大きなチャレンジです。今回は、英語教員を目指し、つい先日3週間の教育実習を終えた二人のGSEの4年生に、その実習の様子をレポートしてもらいます。)

Of course, while these students have certainly been learning a lot of theory and approaches to teaching throughout their studies, the opportunity for practical experience is extremely important, too.

(学生たちは実習までに大学で理論や方法論を学び、そして教育実習ででさらに実践的に学修を深めます。)

First, I asked MO to share with us all her experiences and ideas.
(まずはM.O.さんに実習での経験と感想を聞きたいと思います。)

After completing my educational training, I got this wonderful chance to learn about the challenge and delight of being involved in actual teaching.

From the outset, I was involved in practicing giving lessons, connecting with the students, understanding their views, and developing teaching skills. At first, it was difficult, for sure, but when it comes to actual real-world teaching, it is important to learn to think about each lesson in the specific context it is taught, and so it was a great experience for me to be forced to respond flexibly. The students also took the class seriously and came to ask me questions outside of the class.

So, I learned a lot through interaction with them.

(教育実習を終えて、私は教育の現場に携わることの厳しさと喜びを学びました。初日から授業実習を行い、生徒観や習熟度は教えながら掴みました。最初は難しいことであるように感じましたが、現場で働くとなると、そのクラス、その場に合わせた授業を考えることは大切なので、臨機応変に対応する練習としてとても良い経験になったと思います。生徒たちも真面目に授業を受けてくれて、授業外でも質問に来てくれたりなど、交流していく中でたくさんのことを学びました。)

MO A.jpg

MO in action: "it was a great experience for me to be forced to respond flexibly".

After the lessons were over, I learned a great deal about the methods used and the design of the lesson, taking the chance to observe the teacher of that class as well as other teachers. I also experienced checking diaries, cleaning, checking notes, and grading. These may all seem like simple tasks that don't need much involvement from teachers, but I learned that they are actually important tasks that allow us to understand the status and thoughts of each student.

(また授業実習が終わってからにはなりましたが、教科担当の先生の授業や他の先生の授業を見学する中で、授業の方法や構築についてたくさんの学びを得ました。日誌点検、掃除、ノートチェックや採点業務も経験させていただきました。どれも単純な、教員が関わらなくても良い作業に見えるけれど、生徒一人ひとりの学習状況や精神状態までを把握できる大切な業務なのだと分かりました。)

MO B.jpg

MO getting into the swing of things: "I learned a great deal about the methods used and the design of the lesson"

Soon, after I graduate, I will enter graduate school. However, after that, I will become a teacher. For me, this experience was so valuable and confirmed to me that becoming a teacher is my ultimate goal. I will do my best to become a good teacher without forgetting the lessons I learned from this experience.

(大学卒業後は大学院に進学する予定で、大学院修了後に教師になる計画を立てています。私にとってこの教育実習は、とても貴重な体験になったとともに、さらに強く教師になりたいという気持ちにさせてくれました。この体験で得た学びを忘れることなく、良い教師になれるよう頑張りたいと思います。)

Next, I spoke with MI, who has been at a different school.
(次は、別の学校で実習を行ったM.I.さんの体験談です。)

I was actually placed in the same junior high school that I attended myself. I was there for 3 weeks. It has been one of the most precious and valuable experiences in my university life.

(私は3週間、母校の中学校に教育実習生として行かせてもらいました。そしてこの体験は私の大学生活の中でとても貴重で価値のあるものとなりました。)

Before going there, I decided to learn how teachers teach students in an understandable way and what things are most important when teaching. I did a lot of class observations and after that asked teachers about what I saw, and about their experiences and strategies.

As a result of this, I realized that the most important thing is to guide students to reach answers for themselves, not to show students the answer.

(実習に行く前に、私はどのように先生は生徒に分かりやすく授業を行うのか、授業をする上で何が大切なのかを学びたいと決めていました。それらを学ぶために実習中は、多くの先生方の授業を見せてもらい、授業後には先生方にたくさん質問をさせてもらいました。その中で私は授業をする上で最も大切なことは、ただ授業中に答えを教えることではなく、生徒が答えに辿り着けるよう導いてあげることが大切だと分かりました。)

MI A (1).jpg

MI guiding students to "reach answers for themselves".

I took charge of seven lessons. When thinking about my lesson structure, I focused on guiding the students, using what I had learned. I tried to minimize the time I was speaking in front of the class, and allow more time for my students to work. For example, I let the students find out the grammar they will learn for the first time from the textbook, and let the students find out the meaning and usage through group activities.

This method was very difficult, but my thoughts on education deepened through this experience. The thing that made me happiest was when the students told me they found my classes enjoyable and easy to understand. Those moments reminded me of what is best about being a teacher.

(私は7回授業をさせてもらいました。授業構成を考えていくなかで、生徒を導くという点に重きを置きました。私が前で話す時間は最低限にして、生徒に考えさせる時間を多くとるように授業を計画しました。例をだすと、今回初めて習う文法を教科書から生徒に見つけ出させてその意味・使い方も生徒にグループ活動を通して見つけ出させるというものです。このやり方はとても難しかったですが、私の教育に対する考えはより深まりました。そして何より嬉しかったことは、授業後に生徒から楽しかったや分かりやすかったなどといった言葉をもらえたことです。改めて教師という職の魅力を感じました。)

MI B (1).jpg

MI and her classmates listening to a students' contribution.

After graduation, I will be a teacher. For me, this training really taught me a lot. Of course, I understand that this job is not just about fun. However, I would like to do my best to become a good teacher without forgetting what I gained from this experience and my determination now.

(大学卒業後は私は先生になります。私にとってこの教育実習は本当に沢山のことを教えてくれました。もちろんこの職は楽しい部分だけではないということは理解しています。しかし、この体験で得たものや今のこと決意を忘れることなく立派な教師になれるよう頑張りたいと思います。)

Thank you MO and MI! I think we can all feel from your words that you're going to both be great teachers in the future.
(M.Oさん、M.I.さん、貴重な体験を話してくれてありがとうございました。二人の教師としての活躍を期待しています。)

  • LINEで送る
キャリア・スタディ・プログラム

大学生は、大学での授業以外にも様々なことに取り組んでいます。今回の記事では、国際英語学科3年生にこの夏に体験した旅行代理店でのインターンシップの様子を報告してもらいます。

このインターンシップは、キャリア・スタディ・プログラム(通称CSP)で1年次後期から2年次末までの1年半、7つの業界ごとにクラスに分かれてその業界の知識を修得し、英語力を高め、その集大成のCSPインターンシップとして、企業や団体での職業体験を行ったものです。7つの業界のうちの一つが観光業で、今回のインターンシップでは2名の学生がひろでん中国新聞旅行で研修を行いました。

インターンシップでは、カウンター業務や、取引先への営業の同行、旅行の企画、子供向けの英語学習プログラムの教材づくりなど、様々な部署の仕事に携わり、教室の中での学びではわからない、旅行業界の業務の多様さに触れることができたようです。

それでは、2名の学生の体験談をご紹介します。

Internship1.jpg

カウンター業務でお客様への接客や案内を行い、コミュニケーションの難しさと面白さを体感しました。

私は今回のインターンシップで、笑顔で挨拶や接客を行うことやどんな業務でも常にお客様の立場で物事を考えることに最も力を入れました。その結果、インターンシップで自分の長所であるコミュニケーション能力をさらに磨けたと同時に考える力を十分に養うことができ、自分自身の成長に繋がりました。

またインターンシップを通して、旅行業界の知識はもちろん、働く上で大切な知識など多くの事を学ぶことができました。その中でも、ツアー企画や観光案内など様々な業務を実際に体験させて頂いた際、どの業務も会社の利益とお客様のニーズの両立を大切にしていることが分かりました。

インターンシップで学んだ多くの事を就職活動や社会人になった際に生かし、会社にもお客様にも貢献できる人材になりたいです。(H.H.さん)

Intership3.jpg

旅行会社主催の子供向け英語学習プログラムの教材の準備の様子。

私は旅行業に興味があり、今回のインターンシップでは旅行業の業務理解を深めることを目標として参加しました。以前から旅行業について調べていましたが、実際にインターンシップで営業部や商品企画部の業務を体験することで知ることができた業務が多くありました。社員の方々からお客様と接する際の心得や仕事のやりがい等のお話をうかがい、ホスピタリティの精神を持つことが大切であるということを学びました。

また、ツアープランニングを体験し、広い視野で考えることが必要であると気づき、様々な資料から観光スポットを見つけ出したりお客様のニーズを考えたりと試行錯誤しながら完成させたことで柔軟な思考力を身に着けることが出来たと感じます。

今回のインターンシップで多くの経験と知識を得ることができ、学んだことをこれから活かしていきたいです。(Y.M.さん)

Internship2.jpg

インターンシップで学んだことを踏まえて、自ら旅の企画を行い、プレゼンテーションを行いました。

二人とも、それぞれ目的意識を持って今回のインターンシップに臨み、観光業界の仕事だけでなく自分自身に関しても多くの発見があったようです。

新型コロナウィルス感染症の流行により、人との関わりを持つことが難しく、また観光業が大きな影響を受けていることもあり、インターンシップの実施も危ぶまれていましたが、そのような中でもひろでん中国新聞旅行の皆様のおかげで2週間の研修を実施することができました。

今回の研修で感じたこと、学んだことを、これからの学生生活や就職活動などの様々な場面で活かしてほしいと期待しています。

  • LINEで送る