人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

生活デザイン領域アーカイブ

コラボグッズ作成もいよいよ大詰めとなりました!グッズ販売についての詳細は次のブログ記事にお知らせします。

今回は、ドラゴンフライズの関係者との合同ミーティングの様子をお伝えします。

こんにちは!広報チーム ゆかです。

昨年11月30日には、広島ドラゴンフライズの関係者を交えた合同ミーティングが学内で行われました。

広島ドラゴンフライズのグッズ担当の方にお越しいただき、プロジェクトメンバーが考えたグッズの企画書を見ていただきました。

seide-HDF7.jpg

<ミーティングの様子>

seide-HDF8.jpg

<提案したコラボグッズの一部(フォトフレーム、ポーチ、ハンドタオル)>

企画書の中より何をグッズにするかを話し合いました。

グッズ担当者の方は企画書を一つ一つ丁寧に見てくださり、たくさんのアドバイスを頂きました。グッズを販売していく上でのリアルなお話を聞き、コラボすることの難しさや、どうすればお客さんが買いたくなるのか、考えなければいけないことはたくさんあるのだと感じました。

グッズの数を絞ることはできましたが、さらにその中から最終的に決まるのは次回のミーティングということになりました。

より素敵なグッズができるようしっかり考えていきたいです。

第2回目のミーティングは12月21日に行われ、ハンドミラーと缶バッチ、ポーチが今回のコラボグッズに決定しました!

詳細については次の記事をお楽しみに。

バックナンバー

③試合運営ボランティア

  • LINEで送る

広島ドラゴンフライズとのコラボグッズ制作も、3月の販売にむけて最終段階に入っています。

これまでの制作過程では、試合会場にも赴き、グッズ販売のボランティアやファンとの触れ合いを通して、グッズデザインに活かす取り組みも行ってきました。

東広島での試合運営ボランティアの様子を紹介します。

皆さんこんにちは!広報チームの岡田です。

昨年10月28日には、東広島運動公園体育館で行われた、広島ドラゴンフライズ対Fイーグルス名古屋の試合で、私をはじめとする1年生メンバー8名がグッズ販売のボランティアをしました。

当日は14時からの試合開始に合わせ、朝8時に集合し、グッズ販売会場の準備から始まり、レジや商品の説明、片付けなどをしました。

seide-HDF6.jpg

<設営、販売の様子>

試合運営ボランティアでの接客を通して、その商品が多く売れる理由やどういう商品をお客さんが求めているのかを学ぶことができました。

また、グッズ販売の合間には試合を見学しました。迫力のある試合に思わず大きな声を出して応援したり、一緒に見ているメンバーとゴールした瞬間に手を取り合って喜んだりととても楽しい時間を過ごしました。

この経験を活かしてよりよいコラボグッズができるようメンバー全員で頑張っています!

次回は企画会議の様子をご報告します。今後の活動報告もお楽しみに!

次の記事

④合同ミーティング

バックナンバー

②試合運営ボランティア

  • LINEで送る

「地域振興デザインプロジェクト」広報メンバーの井川さん、田中さんからお知らせが届きました!

2017年10月25日、地域振興デザインプロジェクトのメンバーは、マエダハウジング東区スポーツセンターへ試合運営ボランティア活動を体験してきました。

当日はグッズ販売や受付、会場案内のグループにそれぞれ分かれ、ファンの方々とふれ合いながら作業をしました。

seide-HDF3.jpg

<受付担当のミーティングと入場受付の様子>

seide-HDF4.jpg

<会場案内担当者のミーティングと案内の様子>

私(井川)が担当したグッズ販売のブースでは、売り場の設営や商品の陳列から始まり、レジ打ちまでを行ないました。受付担当のボランティア学生は座席の案内など、来場された方々の接客をしました。グッズ販売ブースでは、レジ打ちを初めてするというメンバーもいて、最初は戸惑う様子も見られました。ですが、来場者の立場になり、気持ちのいい接客をできるようにと考え、呼び込む声も少しずつ大きくなり、元気に呼び込みができるようになっていきました。


seide-HDF5.jpg

<売り場の設営、グッズ販売の様子>

試合も接戦になり、ホーム戦ということもあって応援も熱気が高まっていました。

今回私(田中)は初めて試合会場に行きましたが、広島にこんなに盛り上がれるバスケチームがあるということをもっと多くの人に知ってもらいたい、そう感じた試合となりました。

また、試合会場の開場とともに多くの観戦者の方々がグッズを購入していく姿を見て、ボランティアの楽しさや今後の活動でどのようなグッズとそのデザインを提案していくべきか、それぞれを思案しながら、充実した時間を過ごしました。

広島ドラゴンフライズの魅力を伝え、これからさらに盛り上げていけるように今後の活動に力を入れていきたいです。

井川さん、田中さん、頑張ってくださいね。今後の活動報告もお楽しみに!

次の記事

③試合運営ボランティアその2

バックナンバー

HDF×HJU 地域振興デザインプロジェクト第2期始動!

  • LINEで送る