人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

被服・ファッション領域アーカイブ

10月30日、11月1日に旧市民球場で行われた「花れて 輪になれ えがおひろしま2020」内「ひろしまきもの文化祭」に本学科学生がボランティア参加をしました。

seide_kimono1.jpg

新型コロナウィルス感染予防対策を十分にされた上で、広島の生産者直販の農産物や特産品の提供、ヨガ体験、ミュージシャンやパフォーマー、文化・スポーツ団体などのライブなどもあり、2日間で約7500人が来場するイベントとなりました。

本学学生は昨年度学会秋季講演会にお招きした「一般社団法人ひろしまきもの遊び」のご指導・ご協力のもと、和や着物に関わるブースの販売やイベントのお手伝いをしました。

もちろん全員着物姿です。

seide_kimono2.jpg

当日、和装下着を使わずタートルネックカットソーやリボンタイブラウスを着たり、スニーカーを履いたりと、着物をもっと身近に、がコンセプトのカジュアルな着装だったので、学生は「こんな着こなしがあるなんて知らなかった」「きものをもっと普段から着てみたいと思った」と実体験したからこその感想を抱いたようです。

また、休憩中には他のブースの見学も行い、広島の農産物や特産品、様々な企業や団体を知ることもできました。インターネットやSNSでの出会いとはまた違う、新しい出会いもあったようです。

seide_kimono3.jpg

11月1日には「令和モダンきものショー」がライブステージで開催され、そちらにも学生モデルとして出演させていただきました。

普段使っている帽子やカバン、スニーカーと着物を合わせた令和ならではの着こなしで、会場からも大きな拍手をもらっていました。

seide_kimono4.jpg

seide_kimono5.jpg

新型コロナウィルスにより、色々なイベントが中止になり、活動も制限される中で、久しぶりに多くの人とふれあい、着物や地域を愛する人たちに囲まれ、またそれを広める活動に参加することができました。今度は文化や地域を発信する側として何ができるか、どんなアプローチができるかを考えてもらいたいと思います。

seide_kimono6.jpg

なお、「令和モダンきものショー」は「ひろしまきもの遊び」のHPからご覧いただけます。どうぞご観覧ください。

<ひろしまきもの遊び「令和モダンきものショー」>

  • LINEで送る

在学生による授業紹介のメッセージが届きました。実習が多いのが本学科のカリキュラムの特徴です。どんな作品作りをしているのでしょう。

こんにちは、生活デザイン学科3年、T.Aです。教職課程を学びながら学会誌編集部にも所属しています。

私のおすすめの授業は「ファッションデザイン実習Ⅱ(2年後期)」です。

この授業の一番の魅力は、自分がデザインしたワンピースを制作できることです。自分でデザインを考え、生地選びも自分で行います。私は生地選びで少し失敗してしまい、ミシンを使う際、布の扱いに苦労しました。ですが無事に完成して実際に着用すると、とても達成感があり、自分でも洋服が作れるという自信につながりました。

seide-FD2①.jpg

<一人ひとりの個性あふれるワンピースができました!少し恥ずかしいので顔は隠してます。>

またワンピースのほかに、エコバッグ、ショートパンツ、ビーズ刺繡やブローチなどを制作して自分自身の手で制作する喜びや楽しさを得ることができます。さらにグループでの染色実験もあり、この授業だけで様々なことが経験できます。


seide-FD2②.jpg

seide-FD2③.jpg

seide-FD2④.jpg

<授業で作った作品>

洋裁技術に不安があっても先生方が優しく指導・サポートしてくれます。ぜひ挑戦してみてください!

本学科の授業で本格的に洋裁を学ぶ、という学生は少なくありません。ですが、やる気があれば学科のサポート体制は万全です。色々な作品作りを楽しみながら、技術を獲得したり、ものづくりの考え方などを学んだりしていきましょう。

これまでの授業紹介はこちらから。

  • LINEで送る

生活デザイン学科では専門的な内容を深く学ぶことも、生活に関わる多様なデザインや教養を広く学ぶこともできます。そのため、就職先も様々です。今回は在学生に人気の職業のブライダルコーディネーターについた卒業生*を紹介します。

自分に自信を持って、信頼を得るために

ブライダルコーディネーター 中田 美優樹さん 2011年3月卒業

OG001_seide.jpgQ.仕事内容について教えてください。

A.ホテルでブライダルコーディネーターをしています。挙式・披露宴をされるお客様へ、衣装、料理、会場のコーディネートや招待状のデザインなどトータルに提案し、当日までサポートする仕事です。

Q.大切にしていることは?

A.自信=自分の考えに固執するということではなく、いつまでも成長し続けたいという姿勢で、日々、何事にも取り組むとよいと思います。

Q.スキルアップのために努力していることは?

A.ブライダルの知識や経験がない状態で就職したので、周りをよく見て、先輩の真似をしてきました。現場を学ぶにはそれが一番だと考えています。

Q.やりがいを感じるのはどんなとき?

A.一組のお客様と関わる3ヶ月という短い期間で、当日お客様からありがとう、と言われることが一番のやりがいだと感じます。

Q.つまずいたときの克服方法は?

A.経験や知識が足りないことによるつまずきは1人ではどうしようもないので、アドバイスをもらって実行に移します。

Q.今後の目標を教えてください。

A.今は入社当時希望していたブライダル部門に所属していますが、以前はレストラン部門でした。今後、別の仕事に移っても、自分らしいおもてなしや表現をしていきたいと思います。

Q.後輩たちにメッセージ

A.ブライダル業界は時間や予算をきちんとコントロールしなければ、当日を無事に迎えることができません。まずは自分の生活をきちんとコントロールできる力を身に付けておいてください。自分が何にどれくらいかかるのか、かけるのかということを自覚できることが大切だと思います。

OG003_seide.jpgOG002_seide.jpg

*中田さんは生活デザイン・情報学科の卒業生です。以上の内容は生活デザイン学科チラシ「学びとお仕事ガイド2021」に掲載されているものです。

中田さんは在学中被服・ファッションデザイン領域を中心に学び、ファッションショーに出演したり、吹奏楽サークルで活躍したりしていました。

色々なことにチャレンジすることで、現在のお仕事への姿勢や考え方を身に付けたのかもしれませんね。

中田さんらしいステキなおもてなしができるよう、これからも頑張ってください!

  • LINEで送る