人間生活学部 生活デザイン・建築学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

7月23日に行なわれたオープンキャンパスでは、学生が考えたインテリアデザイン空間がお披露目されました。

「女子会カフェ」とは、建築やインテリアを学ぶ学生が、コンセプトやテーマを考え、空間をデザインし、実際に作り上げ、そこに来場した高校生と在学生が交流をするという企画です。

今年は3年生2名が中心となり、1年生5名のサポートを得ながら「BALLOON」というタイトルでインテリアデザインに取り組みました。

seide-oc05.jpg

コンセプトは「つながり」です。人とのつながりや、空間でのつながり、広島女学院大学とのつながり等々を意識し、透過性のある間仕切りを工夫したり、<5つのデザイン>を学べる本学科でたくさんの「実」を実らせてほしいというモチーフも含ませながらバルーンツリー制作をしたりしました。

準備中は試行錯誤の繰り返しで、苦労もたくさんあったようですが、明るくキラキラしたキャンパスライフを伝えたい!とテーブルコーディネートもしています。

seide-oc06.jpg

当日はたくさんの方に来場してもらい、本学科の学びや学生生活について知ってもらえたようです。

seide-oc07.jpg

授業で学んだ事を実物大で形にでき、そこで過ごす人の気持ちに触れ合える「女子会カフェ」インテリアデザイン企画は今年で3年目でした。今後もぜひいろんな学生に挑戦してもらいたいと思います。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

6月16日に建築士課程の学生16名が、広島駅前南口Cブロック新築工事現場へ見学に行きました。ここに建てられている住宅棟は地上46階建、最高高さは168mという超高層住宅です。

seide-kentiku105.jpg

施工は戸田建設で、建築業界では女性の活躍を推進している会社として有名です。

入社5年目の女性工事課長が案内をして下さいました。

seide-kentiku106.jpg

seide-kentiku107.jpg

参加した学生は、初めて見る工事現場で驚くことばかりだったようですが、「建築現場では、特にコミュニケーションが大切」など女性工事課長の言葉に深く感銘を覚えたようでした。

また、建築士資格取得に向けて、決意を新たにしたようです。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

名古屋で開催される「日本インテリア学会 第23回卒業作品展」に生活デザイン・建築学科2015年度卒業生、黒川裟代さんの卒業設計「實-ミノリ-」が出展されることになりました。

日本インテリア学会全国大会に合わせて展示されるもので、全国の大学や専門学校の優秀作品が一堂に会する貴重な機会です。

様々な教育機関の指導の視点をお互いに知り、学び合う趣旨で行なわれます。

尚、黒川さんは現在、工務店において設計業務に携わっています。

「日本インテリア学会 第23回卒業作品展」

日時:2016年10月23日(日)10:30~16:30

会場:名古屋工業大学4号館1階ホワイエ

2015年度卒業生 黒川裟代さんの卒業設計「實-ミノリ-」

seide-kentiku102.jpg

seide-kentiku103.jpg

  • LINEで送る