人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

学生生活アーカイブ

生活デザイン学会学会誌編集部のI・Iさんから、課外活動についての紹介記事が届きました。積極的な活動の様子をぜひご覧ください。


5月1日、私が参加しているきれいな海づくりワーキンググループは、呉市にある音戸町で行われている海岸掃除の活動に参加させていただきました。この活動の目的は海岸に流れ着いたゴミを拾って海をきれいにすることです。

seideumi⑦.jpg参加者の中には、家族や個人で来られている方、他大学の方、また環境保護活動をされている方などがいました。そこで驚いたのは、参加者のほとんどが10代から20代くらいの若い方たちだったということです。今回初めて参加した私は、若い世代が積極的にこのような活動に参加することは素晴らしいと感じました。

seideumi②.jpg午前中は、ゴミを種類ごとに分けて拾う係を決め、それぞれが担当のゴミを収集しました。5月上旬とはいえ、太陽が出てくると夏のような暑さでした。海岸なので周りに影になる木々がなく、直射日光にさらされてしまうため熱中症になる恐れもあると現地の方はおっしゃっていました。

seideumi⑧.jpgある程度ゴミを拾い終わったら、お昼の時間です。私たち広島女学院大学から来たメンバーでカレーライスを作りました。自分たちで買い出しに行き、道具などはイベントに参加されていたご家族に貸していただきました。他大学の方たちも一緒にいただきました。そこでこの活動に参加するようになった経緯や、互いの大学の話や学んでいること、興味のあることなどお話しする機会もあり、良い交流の時間となったと思います。

1d9d100ee8d6080982bbb569a0a3c2c9.jpg

seideumi⑤.jpgお昼ご飯を終えたら、シーカヤック体験です。カヤックとは長細いボートで、そこに一人か二人が前向きに座ってパドルで漕ぐ乗り物です。カヤックの乗り方を現地の方が分かりやすく教えてくださったおかげで、初心者でも簡単に乗ることができました。当日は、風も強かったのでちゃんと乗れるか心配でしたが、乗ってみると思った以上に楽しかったです。

seideumi①.jpg

seideumi④.jpg

seideumi③.jpg今回の活動で印象に残ったのは、この日拾ったゴミの中の「牡蠣パイプ」です。これは牡蠣養生用パイプで、収穫の際に牡蠣を引き上げた後、大量に海に流れ出てしまったものです。今回落ちていたゴミのほとんどが牡蠣パイプでした。しかし、現地のスタッフの方はこれを集めて、ある業者の方に依頼してこの牡蠣パイプを使ってお皿やトレーなどを作られていました。カラフルな牡蠣パイプで作られていたので鮮やかでおしゃれな物になっていました。スタッフの方はこのできた作品を小学校などでお見せして、子どもたちに頑張って拾ったゴミが拾っただけで終わるのではなく、自分たちの所にちゃんと見える形で返ってくるという事を知ってもらうとおっしゃっていました。そうすることで、自分たちが活動した事に意味があったと思えてさらにゴミ拾いを頑張ってもらいたいという思いが込められているそうです。

私たちも今後さらに地域の方々と協力して、より良い自然環境づくりを学び、実行していきたいと考えています。


これまでの活動
もそうですが、学外で色々な人と交流する中で視野が広がり、これからどんなことをしたいか、ということが具体的になっていきますね。学科としても、色々な制約のある状況の中でも、成長していく皆さんを支援していきたいと思います。

なお、この活動は「HJU Save the Seaプロジェクト」という学生考案の新たな名前となり、今後も活動を継続していくようです。

生活デザイン学科からのお知らせ

高校生、学生、社会人の女性を対象にした、学科の学びを深く知り、入試にも利用できるオープンセミナーの受講を現在受け付けています。

学科の4つの領域に特化したセミナーをご用意していますので、ぜひご体験ください。

  • LINEで送る

生活デザイン学科では2019年度生活デザイン学会秋季講演会でご講演いただいた「一般社団法人ひろしまきもの遊び」澤井律子さんとのご縁から、これまでに色々と課外活動をおこなってきました。

そんな課外活動のひとつに、縮景園にておこなわれる「にわかふぇ」のお手伝いがあります。「にわかふぇ」は紅葉や梅、桜の季節に設営される、和のスイーツ・ドリンクを楽しみながら縮景園の自然を愛でることができる屋外型の和喫茶スペースです。

そちらの接客と和文化空間の創造のお手伝いを本学学生が担っています。

今年も桜の開花に合わせて「にわかふぇ」が企画され、学生がキモノを着ておもてなしをしました。

niwa-cafe②.jpg

この催しはファッションや生活文化、地域のデザインを学ぶ学生たちに特に人気の催しです。

お手伝いをしながら、大学で学んだ知識や技術を実践したり、これからのキモノ文化や日本の伝統、地域振興を考えたりするよい機会となっているようです。例えば大学で学んだ浴衣の着装実践を踏まえ、「ひろしまきもの遊び」からもご指導いただいて、学生自身でキモノの着付けをしています。

niwa-cafe①.jpg

そして、2021年4月から新たに、生活デザイン学科の学生が「ひろしまきもの遊び」とコラボして、「きものリメイクプロジェクト(仮)」を立ち上げることになりました!伝統文化とコラボしながら「伝える力」を実践的に育てる取り組みです。

この活動についても今後こちらの学科ニュースで紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみに。

  • LINEで送る

生活デザイン学科では、デザインに関わる資格のうち「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」の内容に関わる授業がいくつかあります。また、受検サポート講座もあり、毎年多くの学生が受講し、受検にチャレンジしています。

今年度は夏期の試験は「色彩検定」「カラーコーディネーター検定」共にコロナウイルス感染症流行のため中止となりましたが、冬期の試験はコロナウイルス感染症対策を講じ、どちらも実施されました。

冬期試験で見事色彩検定2級に合格した山田奈穂さん(3年)に、合格に向けてどんな勉強をしたかなどインタビューした内容をお届けします。

seide-sikisai①.JPG

<合格証書とともに>

Q.なぜ色彩検定を受けようと思ったのですか?

A. 将来、もの作りに関する仕事がしたかったからです。また趣味のイラストに活用したいと思ったからです。

Q.いつ頃から受験を考えていましたか?

A. 資格取得を目指したいと思ったのは高校生からです。大学1、2年生の授業から本格的に学び始め、3年生で資格を取ることを目標にしていました。

Q.どのように勉強を進めていきましたか?

A. 1日必ず公式テキストを20ページを読んでいました。さらに色名を暗記したり、学科の受検サポート講座で小テストや模擬試験に定期的に取り組んだりして、実際の受験に備えていました。

Q.大変だったことは何ですか?

A. 継続することです。サポート講座の小テストで最初思ったように点数が取れなくて落ち込み、続けることに嫌気がさしてしまったことがありました。それでも継続することで段々点を取れるようになりました。

Q.実際に試験を受けてみてどうでしたか?また、受検後に合格する自信はありましたか?

A. 勉強を始める前はとても難しいイメージがありましたが、しっかり事前勉強をしていたので思っていたより困難なものではなかったです。多少不安はあったものの、受かる自信はありました。

Q.合格してどう思いましたか?また、今後どのように活かしたいですか?

A. もちろん嬉しかったです。努力が形となって返ってきてくれたので、達成感がありました。授業の課題やデザインに活用するのはもちろん、これから就職活動が始まるので、それにも活用しようと思います。

山田さん、おめでとうございました。これからも活躍を応援しています!

また、山田さん以外にも今年度受検サポート講座を受講し、色彩検定2級を受検した学生は全員合格をしました!今後の学び、また、生活を豊かにする活動に活かしてくださいね!

なお、今後も受検サポート講座は開講予定です。オンライン講座なので、自分のペースに合わせて勉強することも可能です。ぜひ本学科で一緒に学びましょう。

  • LINEで送る