人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域

6月16日に建築士課程の学生16名が、広島駅前南口Cブロック新築工事現場へ見学に行きました。ここに建てられている住宅棟は地上46階建、最高高さは168mという超高層住宅です。

seide-kentiku105.jpg

施工は戸田建設で、建築業界では女性の活躍を推進している会社として有名です。

入社5年目の女性工事課長が案内をして下さいました。

seide-kentiku106.jpg

seide-kentiku107.jpg

参加した学生は、初めて見る工事現場で驚くことばかりだったようですが、「建築現場では、特にコミュニケーションが大切」など女性工事課長の言葉に深く感銘を覚えたようでした。

また、建築士資格取得に向けて、決意を新たにしたようです。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

名古屋で開催される「日本インテリア学会 第23回卒業作品展」に生活デザイン・建築学科2015年度卒業生、黒川裟代さんの卒業設計「實-ミノリ-」が出展されることになりました。

日本インテリア学会全国大会に合わせて展示されるもので、全国の大学や専門学校の優秀作品が一堂に会する貴重な機会です。

様々な教育機関の指導の視点をお互いに知り、学び合う趣旨で行なわれます。

尚、黒川さんは現在、工務店において設計業務に携わっています。

「日本インテリア学会 第23回卒業作品展」

日時:2016年10月23日(日)10:30~16:30

会場:名古屋工業大学4号館1階ホワイエ

2015年度卒業生 黒川裟代さんの卒業設計「實-ミノリ-」

seide-kentiku102.jpg

seide-kentiku103.jpg

  • LINEで送る

6月22日、2016年度生活デザイン・建築学会総会が開催されました。

生活デザイン・建築学会とは、本学科学生と全教職員によって構成されている、デザイン活動を活性化し、よりよい学びや研究へとつなげる学内学会です。

この学会ではこれまで、5つのデザイン(生活デザインプロデュース、ファッションデザイン、ヴィジュアルデザイン、インテリアデザイン、建築デザイン)に関わるデザインコンペに応募するための費用や、学内での披露の場を創り出したりするための費用を助成する「チャレンジ活動支援制度」を運営してきています。

また、学会内デザインコンペ形式での学会オリジナルグッズの制作をリードしたり、会員の活躍を広報するための会誌を発行したりしています。更には講演会の企画・運営も行なっています。

seide-gakkai07.jpg

(学会オリジナルキャラクターのCREA(クリエ)のグッズ(左) 学会誌は7月に最新号が発行されます!(右))

さて、総会では昨年度の活動報告や、新入役員のお披露目、2015年度チャレンジ活動の最終報告会などが行なわれました。

seide-gakkai09.JPG

(表紙は学会誌編集部の学生役員が担当。各授業の説明や教員の評価コメントもあり、今後の学びに大いに役立ちます)

今総会においても学生同士が切磋琢磨しながら、学び合い、成長する様子を見ることができました。

なお、学会オリジナルグッズはオープンキャンパスで生活デザイン・建築学科の展示会場へ来場してくださった方へのプレゼントとしても活用されています。ぜひ手にとってみてください。

また、本日から7月5日まで大学図書館フリースペースで2015年度チャレンジ活動展示会を開催しています。昨年度採択された5つの活動について紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

  • LINEで送る