人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

11月28日、女性向け農作業着の新商品完成報告会を開催しました。

このプロジェクトは、2017年6月から生活デザイン・建築学科に所属する学生有志5名とともに、株式会社アトムワークス(三原市)が展開する女性向け農作業着ブランド『nomodo』の新商品の開発を始動したもので、およそ1年半かけて新商品が完成しました!

seiken11281.jpg

完成報告会の様子

seiken11282.jpg

左)新商品(エプロン、帽子、フットカバー)  右)アトムHJUリーフレット

完成報告会では、アトムワークス営業課平川大介課長より、新商品についてご報告いただきました。

学生の提案通り、素材は肌触りの良いデニムを使用し(帽子は軽くするためデニム風木綿素材)、チェックのガーゼを使ってアクセントとしました。また、エプロンやフットカバーには赤い紐を用いて引き締まったデザインに可愛く仕上げました。

とても完成度の高い商品に仕上がっており、学生たちは、自分たちがデザインした農作業着が当初のデザインに近い形で商品化されているのを目の当たりにして満足感でいっぱいでした。

実際に試着してみました!

seiken11283.jpg

藤井友花さん「やって良かったなというか、嬉しい気持ちですね!」

藤原莉穂さん「早くこれ使いたいなって思っています」

中川環さん「農作業と言わずに家事とかでも使えるんじゃないかと思います」

seiken11284.jpg

中川環さん「可愛いものを着るとテンションがあがるので楽しく農作業していただきたいと思いました」

藤原莉穂さん「この商品をきっかけに農業に興味を持ってくださる方がいたら凄く嬉しいです」

アトムワークス営業課 平川大介課長 「実際私たちもサンプルを持って商談に回らせて頂いているんですけれど、とっても好評で特に女性の方から喜んでいただいて、是非販売してみたいということで返答をいただいております」

IMG_0055_補正.jpg

11月28日に披露した農作業着は12月3日からインターネットなどで販売されます!

関連ページ

2017年12月26日 女性向け農作業着の新商品開発プロジェクト始動―アトムワークス×広島女学院大学―

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

建築士課程2年生の前期科目「住居・建築設計実習Ⅱ」の優秀作品展「はじめまして建築士課程です」展が、11/7(水)〜21(水)本学図書館フリースペースにて開催されました。

建築士課程では、1年生で製図の基礎を学び、2年生からいよいよ設計課題に取り組みます。 2年生では小空間〜住空間を中心に、3年生では公共的な空間を中心に設計を行います。 前期3課題を終え、まだ力不足ですが、その意気込みを見ていただきたく、展示することになりました。

seiken801.jpg

湊学長に見ていただきました

「広島女学院大学で初めに出会う建築」

広島女学院大学の正門周辺が新しくなりました。これを記念して、正門を入って初めに出会う建築である守衛室の提案を行いました。 将来、このような女学院大学らしいランドマークとしての守衛室ができることを願っています。(6作品選抜)

seiken802.jpg

「あの人のための空間」

自分以外の他者=「あの人」のための趣味の空間を設計しました。「あの人」の住まいから徒歩圏内に建つという条件で、最小限の機能で最大限の夢が詰まった空間となりました。(5作品選抜)

seiken810.jpg

「森の家・湖の家」

「あの人のための空間」の「あの人」の住宅です。森と湖の間にある自然豊かな敷地が設定され、1階は鉄筋コンクリート造、2階は木造という条件の下、設計しました。特に2階部分は木構造の模型を製作し、ハードとソフトが同時に考えられるようにプログラムされています。実習履修者全員の作品を並べると、街ができました。

seiken811.jpgseiken812.jpg

建築士課程では、講義と連動した設計実習をしていきます。 この後、2年半の大学生活を楽しみながら、時には悩み人として成長しながら建築を学んでいき、その成果を卒業研究、就職へとつなげていきます。

seiken809.jpg

  • LINEで送る
地域デザイン

8月23日~9月2日の日程で、世界自然遺産の島、屋久島でフィールドワークを行いました。

yakushimafieldwork2018-1.jpg

国際教養学科2・4年生の学生が参加した環境フィールドワーク(※今後、生活デザイン学科「グローカルフィールドワーク」に引き継がれます。)では、世界遺産の自然の姿や自然保護の取り組み、自然と密着した地域の文化や産業の実際について学びました。

yakushimafieldwork2018-19.jpg

フィールドワークでは、「屋久島の森」「屋久島の水」「屋久島の海」をテーマに、屋久島の様々な場所で現地のエコツアーに参加して、体験型の学びを行いました。

屋久島の森

「屋久島の森」をテーマに、トレッキングにでかけました。縄文杉トレッキングは、1泊2日で縄文杉を目指しました。片道10kmの道のりでしたが、見るものすべてが大きな屋久島の自然。十畳分の広さの穴の空いた切り株「ウィルソン株」や樹齢7000年と言われる「縄文杉」を肌で感じることができました。

yakushimafieldwork2018-2.jpg

yakushimafieldwork2018-3.jpg

また、海の近くにできる森、照葉樹林のトレッキングにもでかけました。人がいても知らんぷりで生活する野生のシカやサルたち、亜熱帯の樹木であるガジュマルやアコウが茂った森は、屋久杉のある高い山の中の森とは全く別の自然の風景を作っていました。

yakushimafieldwork2018-4.jpg

yakushimafieldwork2018-5.jpg

屋久島の水

「屋久島の水」をテーマに、現地のエコツアーに参加して、カヤック体験をしました。最初は慣れないカヤック操作にメンバー全員苦戦しましたが、帰る頃にはスイスイと気持ちよく操っていました。きれいな川の水の理由や屋久島のできた歴史などを教わりながら、川の自然を満喫しました。

yakushimafieldwork2018-6.jpg

yakushimafieldwork2018-8.jpg

白谷雲水峡は苔の森。日本一雨の降る屋久島の森は、たくさんの苔を育てます。苔に覆われた森の風景は、見たことのない自然の風景でした。苔は地面だけでなく、岩や木々を覆い尽くし、見渡す風景を緑色に変えていました。映画「もののけ姫」の風景の舞台である屋久島の自然を体感しました。

yakushimafieldwork2018-9.jpg

yakushimafieldwork2018-10.jpg

屋久島の海

「屋久島の海」で有名なのはウミガメ。屋久島には日本最大のアカウミガメの産卵場所である永田浜があります。その永田浜で、間違って昼間に出てきてしまった子ガメに偶然遭遇、みんなで海に帰るまで見守りました。

yakushimafieldwork2018-11.jpg

その後はシュノーケリングで海の自然を体感しました。とてもきれいな海の水の中で、ウミガメやサンゴ、色とりどりの魚達に出会いました。また、海から突き出した島である屋久島は、海の隣はもう山です。高い山から流れ下ってきた川の水は、海のそばでもとてもきれいで、冷たかったです。

yakushimafieldwork2018-12.jpg

yakushimafieldwork2018-13.jpg

広島に戻る最終日には、桜島にも訪れました。桜島でのエコツアーでは、桜島の噴火の歴史やそれと寄り添いながら作られた鹿児島の文化について学びました。深い自然でできた屋久島と真逆に位置する桜島の新しい自然の風景は、自然の生命力や力強さを感じさせられました。

yakushimafieldwork2018-14.jpg

yakushimafieldwork2018-15.jpg

今回は、現地のエコツアーでは、現地のガイドの方々から、自然の特徴だけでなく、人々と自然とのつながりや自然観光の現状や将来、自然の持つ可能性などたくさんの知識を教えていただきました。

yakushimafieldwork2018-16.jpg

yakushimafieldwork2018-17.jpg

地域の自然とどう接し、どう用いていくか、そんなこれからの学びの大切なヒントをくれた旅になったと思います。

yakushimafieldwork2018-18.jpg

  • LINEで送る