人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

生活デザイン学科では、デザインに関わる資格のうち「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」の内容に関わる授業がいくつかあります。また、受検サポート講座もあり、毎年多くの学生が受講し、受検にチャレンジしています。

今年度は夏期の試験は「色彩検定」「カラーコーディネーター検定」共にコロナウイルス感染症流行のため中止となりましたが、冬期の試験はコロナウイルス感染症対策を講じ、どちらも実施されました。

冬期試験で見事色彩検定2級に合格した山田奈穂さん(3年)に、合格に向けてどんな勉強をしたかなどインタビューした内容をお届けします。

seide-sikisai①.JPG

<合格証書とともに>

Q.なぜ色彩検定を受けようと思ったのですか?

A. 将来、もの作りに関する仕事がしたかったからです。また趣味のイラストに活用したいと思ったからです。

Q.いつ頃から受験を考えていましたか?

A. 資格取得を目指したいと思ったのは高校生からです。大学1、2年生の授業から本格的に学び始め、3年生で資格を取ることを目標にしていました。

Q.どのように勉強を進めていきましたか?

A. 1日必ず公式テキストを20ページを読んでいました。さらに色名を暗記したり、学科の受検サポート講座で小テストや模擬試験に定期的に取り組んだりして、実際の受験に備えていました。

Q.大変だったことは何ですか?

A. 継続することです。サポート講座の小テストで最初思ったように点数が取れなくて落ち込み、続けることに嫌気がさしてしまったことがありました。それでも継続することで段々点を取れるようになりました。

Q.実際に試験を受けてみてどうでしたか?また、受検後に合格する自信はありましたか?

A. 勉強を始める前はとても難しいイメージがありましたが、しっかり事前勉強をしていたので思っていたより困難なものではなかったです。多少不安はあったものの、受かる自信はありました。

Q.合格してどう思いましたか?また、今後どのように活かしたいですか?

A. もちろん嬉しかったです。努力が形となって返ってきてくれたので、達成感がありました。授業の課題やデザインに活用するのはもちろん、これから就職活動が始まるので、それにも活用しようと思います。

山田さん、おめでとうございました。これからも活躍を応援しています!

また、山田さん以外にも今年度受検サポート講座を受講し、色彩検定2級を受検した学生は全員合格をしました!今後の学び、また、生活を豊かにする活動に活かしてくださいね!

なお、今後も受検サポート講座は開講予定です。オンライン講座なので、自分のペースに合わせて勉強することも可能です。ぜひ本学科で一緒に学びましょう。

  • LINEで送る

日本インテリアプランナー協会(JIPA)が主催するインテリアプランニングコンペ2020で生活デザイン学科、建築士課程3年の松岡未紗さん、升田雛乃さんが日本フリーランスインテリアコーディネーター協会 会長賞を受賞しました。

seide-konpe①.jpg<受賞した松岡未紗さん(左)と升田雛乃さん>

今年度のテーマは「ひろがるインテリア」。6m角のインテリア空間が、どのように「ひろがる」か、「空間的なひろがりだけでなく、時間的な「ひろがり」や人間的な「ひろがり」」が課題となりました。917点のエントリーと427点の応募作品から45点が一次審査を通過し、有明テニスの森駅のスモールワールズTOKYOでの展示、最終審査とオンラインでのプレゼンテーションを経て受賞作品が決定されました。

受賞作品のタイトルは「対人恐怖症の子供のための空間」で作品のコンセプトは下の通りです。

この空間は対人恐怖症の症状がある子を持つ親が安心して子供を見守ることができ、且つ子供も親の目線を感じることなく生活のできる場所になるよう設計しました。ここで指している対人恐怖症とは、主に人と距離が近いときに目を合わせることに恐怖を抱く視線恐怖症や他者の目の前で極度の緊張に苛まれるあがり症など人を目の前にした時に発症するものをいいます。親からの視線を感じさせない空間にすることによって子は視線から生まれる恐怖をなくすことができ、親は開いている窓から子の様子を見守ることができます。これは空間の広がりだけではなく、子育てをする上での方法や親子の関係性にも広がりを持たせることが可能になります。

seide-konpe②.jpg<応募作品>

生活デザイン学科では学内外のデザインコンペに学生が積極的に応募し、継続的な受賞を重ねています。2年に一度開催されるインテリアプランニングコンペでは、2016年度の入選、2018年度の優秀賞受賞に続く受賞となりました。こうした経験は、学生がコンセプトを具体的な空間にし、作品の完成度を高める貴重な機会になっています。

  • LINEで送る
地域デザイン領域

在学生による授業紹介のメッセージが届きました。

本学ではライフキャリア科目というどの学部学科に所属していても学ぶ、本学での学びの土台となる科目がいくつかあります。生活デザイン学科の教員が担当するライフキャリア科目にはどのようなものがあるのでしょうか。


こんにちは、生活デザイン学科1年、K.Tです。学会誌編集部に所属しています。

1年生の前期に受けられる授業に「女性史」があります。これは女性がどのように暮らしてきたのかを知ることができる授業です。2020年度は新型コロナウィルスの関係で、オンラインで受講しました。例年とは違うところもあるかもしれませんが、ここではその授業を振り返って、具体的に何をしたか紹介していきます!

この授業では江戸時代のことを取り扱うことが多かったです。第3回では、江戸時代の様々なすごろくを知ることができました。

その中の一つに、女性の職業を題材にし、マス目の中に職業が書かれているすごろくもありました。子もり、けいせい、髪ゆいなど様々で、このような職業もあったのだと驚きました。そして、さいころのプリントを印刷してさいころを作成し、自分で遊んでみました。

下の画像がすごろくとさいころの画像です。上の楽隠居に到達したら上がりというルールで、普段のすごろくとは違うので楽しく遊べました。

210218design1.jpg
<江戸時代の女性の職業すごろく>

210218design2.jpg
<すごろくで使用した手作りサイコロ>

また、江戸時代についてだけでなく「アルプスの少女ハイジ」を扱い、その作者にも目を向け、その生い立ちや考え方にも触れました。他にも世界的ブランドを立ち上げたシャネルなどの女性についても考える機会があり、新たな発見があります。女性として、また人としてのすごさや、あまり深く知らないようなすごい功績を新しく学べたと思います。

このように現在ある様々な文化を深掘りして考えることができ、女性の生き方や当時の価値観に触れることができる授業でした!


ただ講義を聴くだけでなく、江戸時代の双六を実際にやってみるというのはユニークな内容ですね。また、過去から現代まで、時にはアニメにも目を向けて、いろいろな女性の生き方を知ることで多様な視点を獲得できたようです。

このように、ライフキャリア科目はこれからの自分の生き方を考えるいい機会にもなっていると学生たちに人気です。専門だけでなく、一生涯の視野を広げる学びを一緒にしていきましょう。


本学のライフキャリア教育についてはこちらをご覧ください。

  • LINEで送る