人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

2017年度から西條鶴醸造株式会社(東広島市)と連携して企画している新酒ラベルデザイン企画が今年パワーアップしました。
これまで年末年始に販売する『干支ラベル』のデザインをさせていただいてきましたが、昨今の世界情勢を踏まえ、販売期間の見直し、地域貢献と関わる人がすべて幸せになる企画としてさらに練り直し、イヤーボトルとして販売期間を拡大することになりました。
それを踏まえたデザインプロジェクトして今年は前期科目「画像デザイン演習」と「地域連携デザインセミナーⅠ」の授業で取り組みました。

前期科目「地域連携デザインセミナーⅠ」では、デザインに関するオンライン授業とコロナウィルス感染予防対策を踏まえたまち歩きを通してデザインに取り組んでもらいました。

2020seideraberu1.jpg
<酒都西條 まち歩きの様子>

また、例年行っていた受講生のデザイン案プレゼンテーションもGoogleMeetを使用して行いました。これまでとは違う授業形態ですが、デザインについてのディスカッションは例年以上に盛り上がりました。

そして、自由応募も含め13名による41作品が西條鶴醸造株式会社に届けられ、選考が行われ、ついに先日選ばれたデザインを冠した商品が完成しました。今年の実用化デザインは「画像デザイン演習」を受講していた2年生の久保田紗羅さんの作品『いつかまた 乾杯!』です。

2020seideraberu2.jpg
<販売される商品と久保田さんの応募作品*>

2021年はコロナウィルスによる感染が終息し、友人・家族・恋人と一緒にお酒が飲める、お気に入りのバーや居酒屋へ気軽に行ける年になるように、という祈りを込めた作品です。日本酒のラベルには珍しいオレンジ色と、男性とも女性とも見える人物で若い世代にも手に取ってもらいやすい工夫をしました。
蔵出しに合わせ、西條鶴醸造株式会社を訪問し、新聞社や地元情報誌の取材を受けました。

2020seideraberu3.jpg
<取材の様子>

取材には杜氏も同席されました。毎年、ラベルデザインを見てからお酒の味を決めておられるとのことで、今回のデザインはホッとするような印象を受け、またどんなシーンでも飲みやすいお酒を造りたいと思われたそうです。

2020seideraberu4.jpg
<実用化商品を持って新聞社の写真撮影に臨む様子>

この商品は広島県内の百貨店やスーパーマーケットなどで販売される予定です。また、西條鶴醸造株式会社の公式HPからオンラインショップでも注文することができます。

西條鶴醸造株式会社HP
https://saijotsuru.co.jp/

新たな展開を見せた地域振興プロジェクト、引き続き生活デザイン学科学生のデザインで社会へ貢献していきたいと思います。

*実用化にあたり、応募作品からデザイン修正をしているため、実際の商品のデザインとは異なります。

  • LINEで送る

10月30日、11月1日に旧市民球場で行われた「花れて 輪になれ えがおひろしま2020」内「ひろしまきもの文化祭」に本学科学生がボランティア参加をしました。

seide_kimono1.jpg

新型コロナウィルス感染予防対策を十分にされた上で、広島の生産者直販の農産物や特産品の提供、ヨガ体験、ミュージシャンやパフォーマー、文化・スポーツ団体などのライブなどもあり、2日間で約7500人が来場するイベントとなりました。

本学学生は昨年度学会秋季講演会にお招きした「一般社団法人ひろしまきもの遊び」のご指導・ご協力のもと、和や着物に関わるブースの販売やイベントのお手伝いをしました。

もちろん全員着物姿です。

seide_kimono2.jpg

当日、和装下着を使わずタートルネックカットソーやリボンタイブラウスを着たり、スニーカーを履いたりと、着物をもっと身近に、がコンセプトのカジュアルな着装だったので、学生は「こんな着こなしがあるなんて知らなかった」「きものをもっと普段から着てみたいと思った」と実体験したからこその感想を抱いたようです。

また、休憩中には他のブースの見学も行い、広島の農産物や特産品、様々な企業や団体を知ることもできました。インターネットやSNSでの出会いとはまた違う、新しい出会いもあったようです。

seide_kimono3.jpg

11月1日には「令和モダンきものショー」がライブステージで開催され、そちらにも学生モデルとして出演させていただきました。

普段使っている帽子やカバン、スニーカーと着物を合わせた令和ならではの着こなしで、会場からも大きな拍手をもらっていました。

seide_kimono4.jpg

seide_kimono5.jpg

新型コロナウィルスにより、色々なイベントが中止になり、活動も制限される中で、久しぶりに多くの人とふれあい、着物や地域を愛する人たちに囲まれ、またそれを広める活動に参加することができました。今度は文化や地域を発信する側として何ができるか、どんなアプローチができるかを考えてもらいたいと思います。

seide_kimono6.jpg

なお、「令和モダンきものショー」は「ひろしまきもの遊び」のHPからご覧いただけます。どうぞご観覧ください。

<ひろしまきもの遊び「令和モダンきものショー」>

  • LINEで送る

「まちのコミュニティハウス」の地鎮祭が、9月16日(水)10時より執り行われました。

IMG_0037.jpg

本学科の建築士課程では、2018年から東区牛田早稲田に建築される「まちのコミュニティハウス」の基本設計に関わってきました。

この地区には以前、官舎が数棟建っており、その一画では、地域の盆踊りが行われていました。その跡地に、賃貸住宅と一戸建て分譲住宅が建築される予定です。今回、学生が関わったのは、地域の人にも開かれた集会所の機能をもつ「まちのコミュニティハウス」の提案です。

2018年後期、2・3年生の「住居・建築設計実習」等の授業により調査を行い、中間発表を経て、模型とプレゼンボードで最終審査会にのぞみました。

IMG_0145.jpg

IMG_2580.jpg

事業主であるトータテ都市開発、設計者のブルースタジオの皆様、本学教員も加わり、合計23案のうち、1次審査で11案を選定、その中から優秀案3案、および各賞4案が決定しました。入賞7案の内、様々な観点から検討していただき、2019年4月実施案が決定しました。当時3年生のグループの案「長屋台(ながやたい)」です。

長屋台A1 久保田・宮地・森川.jpg

模型写真S.jpg
実施案「長屋台(ながやたい)」

2019年は、実際建てるために必要な実施設計に向けて、コンセプトやイメージの確認など、打合せを重ねました。

IMG_0146.jpg

コロナ禍の影響で予定より少し延びましたが、いよいよ着工です。提案した学生グループ3名は、2020年春に卒業しており、建築系の企業に就職しています。今回は2名が駆けつけました。

IMG_0026.jpg

施主であるトータテ都市開発が鍬で砂を掘り起こし、設計者のブルースタジオが鎌で草を刈り、神主さんが鎮め物を掘り返した場所に据え、安全を祈念します。そして、施工者のトータテハウジングが、その土地をならすという意味で、鋤で鎮め物に砂をかぶせます。

その他、早稲田学区社会福祉協議会の方々、そして本学の卒業生、教員と学生が加わり、玉串奉奠を行い、無事に工事が行われるように安全を祈願しました。

鎮め物、玉串奉奠.jpg
(左)鎮め物を据える、(右)玉串奉奠

早稲田神社の神主さんに説明を受けました。「地縁創生」と書かれた棟札を棟木に取り付け、基礎の下の地中には鎮め物を埋め、天と地から建物を見守ってくれるそうです。

棟札.jpg

地鎮祭後、卒業生は取材を受け、いままでの提案や打合せが形になり工事が始まる、という実感を得た様です。

この後、上棟~完成へと学生と共に見守っていきたいと思います。竣工が楽しみです。そして、この「まちのコミュニティハウス」が地域の人に親しまれる建築になることを祈ります。

IMG_0186.jpg
背景は、工事中の賃貸住宅棟

■テレビ放映:

・広島テレビ放送_10/2(金)10:25-11:00「丸ごと!好奇心 知っとる!?」で放映

・広島ホームテレビ_9/16(水)「みみよりライブ 5up!」「コミュニティハウスで団地活性化 広島」で放映

■新聞掲載:

・中国新聞_9/17(水)25面「学生設計 交流ハウス 東区新旧住民集える仕掛け」

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=681467&comment_sub_id=0&category_id=112(会員限定記事)

・産経新聞_9/26(土)22面「学生設計の交流拠点 地域開発計画、広島で着工」

尚、今までの活動の経緯は、以下に紹介されています。

・トータテ都市開発のホームページ「まちのコミュニティハウスプロジェクト」

https://totate.jp/project/community/

  • LINEで送る