人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

被服・ファッション領域

学会誌編集部学生による授業紹介記事が届きました。今回はどんな授業を紹介してくれるのでしょうか?


こんにちは、生活デザイン学会学会誌編集部1年、T.Sです。私がおすすめする授業は「感性デザイン論Ⅰ(ポップカルチャー) (1年前期)」です。
この授業は、少女マンガを題材として、その当時の女の子たちがどのような恋愛感・人生観・将来像など抱いていたのか、時代の変化に伴う社会背景や生活習慣の変化などを学んでいきます。

kansei5.jpg

(授業ノート①)

kansei4.jpg

(授業ノート②)

私は、受講前「えっ、少女マンガで学ぶってどういうこと?」と思っていました。ですが、授業を通して当時どんなものが女の子たちの中で流行っていたのか、どんな感情を抱いていたのかを知ることができました。時代によってマンガの内容も異なっており、絵柄も段々とキラキラとしていき、現代に近い感じの作画になっていきました。個人的には、ホラー系が流行っていたことに驚きました。

私は、大学の授業って難しそうという固定概念を持っていましたが、この「感性デザイン論Ⅰ(ポップカルチャー)」は楽しく学ぶことができたので、おすすめです。また、この授業は2年に1回の開講なので、受講したい方はご注意下さい。


大学の授業の印象が大きく変わった体験が1年生前期からあったようですね。生活デザイン学科では身近な生活を題材にした授業が多く、アニメーションや漫画が教材になることも少なくありません。
様々な文化やデザインをいろいろな視点で学び、それを自分の将来に活かしたり、社会に貢献したりする際の糧にしてもらえればと思います。

T.Sさん、ありがとうございました!

  • LINEで送る

今年入学した1年生から、前期に受講した必修科目「キャリアプランニング」についての紹介記事が届きました。


こんにちは、学会誌編集部1年のN.Oです。この度、私が紹介する授業は、「キャリアプランニング(1年前期)」です。

この授業では、第7回の授業から学科の特徴をまとめ、各自でポスター作成を行い発表しました。このプログラムは、学科の特徴を具体的に知り、見る人に向けて分かりやすく紹介するポスター作成を行い、これからの自分の成長に活かすことがねらいです。

今回は私が一番印象に残っている学生のポスターを紹介します。

kyaripura1.jpg

こちらのポスターを作成したのは、生活デザイン学科1年の坂田あゆみさんです。

教職課程の履修を考えていた坂田さんは、「なりたいの味方 〜家庭科教員になりたい!〜」というキャッチコピーで制作を行い、4年間の学びの流れと授業紹介をポスターにまとめました。

このポスターを作る際、黒板のように見せるために、周りを黒で囲ってみるなどの工夫をしたそうです。苦労したことは、白いボールペンで文字を書く際に、色が上手く写らないことや、細かくて見えにくいため、上から何度も文字を重ねなければならないことだそうです。

家庭科教員ということから、ポスターを黒板のようにデザインをしている発想がとても素晴らしいと思います。斬新なデザインであり、教職課程の授業が簡単に説明されていて、分かりやすくて、見ている人を惹きつける素敵なポスターだと感じました。

坂田さんが今回作成したポスターで伝えたかったことは、「女学院は教職のカリキュラムが充実していること」だそうです。ポスターを通して女学院の良さをたくさんの人に発信できたのではないでしょうか。

坂田さんの他にも、女学院の良さを伝えるために多くの学生が詳しく女学院についての情報をまとめ、ポスターにまとめていました。自分が通う大学について詳しく学ぶことで、今後の自分のビジョンが見えたのではないでしょうか。これからの学生生活が楽しみです。


N.Oさんありがとうございました。記事を書いてくれたN.Oさんに、他に印象に残っているポスターはありますか?と聞いたところ、次の作品も推薦してくれました。

kyaripura2.jpg

「インテリア・住居・建築デザイン領域のあれこれ!」
石井まるみさん

背景や文字の色にメリハリがあり、また手書きのイラストもとてもかわいらしいですね!

この授業では働くことについての講義や、就職活動を終えた4年生や社会で活躍する卒業生のお話を聞く回などが前半にあります。そして、後半に自分の興味のあるキャリアについて調べ、自分のキャリア観を育成するだけでなく、人に視覚的に説明するという「伝える力」も育成しています。

様々な領域がある生活デザイン学科だからこそ、色々な考えに触れることができ、多様なキャリアをみなさんと描いていきたいですね。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

牛田住宅情報スクエア[アスタ]で「夢の住まいづくりアイデア展」が10/2(土)〜24(日)、開催されています。本学の学生の2作品が、審査員特別賞を受賞しました!

3.審査員特別賞.jpg

これは、牛田住宅情報スクエア[アスタ]の開設20周年を記念したコンペで、広島県内で住まいや暮らしについて学ぶ3大学(本学・近畿大学・広島工業大学)の学生作品12点(入賞作品を含む)の展覧会となりました。

1.jpg
牛田住宅情報スクエア[アスタ]と展覧会場の様子

作品は、中国新聞社の特設HPに掲載されています。

本学では、建築士課程の必修科目「住居・建築設計実習Ⅳ」の課題として取り組み、全作品21点の中、厳選された4点を出展しました。それでは、出展作品を紹介しましょう。

<審査員特別賞>「樹をいだく家」小川采音さん/福本玲奈さん/今田乃愛さん

production04.jpg

<審査員特別賞>「川辺の家」迫明日香さん/八城絢香さん/銭谷和奏さん
production05.jpg

「かこまれた家」隅田祐さん/山上遥菜さん/山川未夢さん

production11.jpg

「Sechs」川崎陽菜さん/江上さくらさん/宮脇菜々子さん
production12.jpg

本学科の建築士課程では、実習等の授業で日々、建築や空間のデザインに励んでいます。コロナ禍において、実際の建築作品を展示する機会は減っていますが、今回、広島県住宅産業三団体協議会のご協力により実現しました!
10/24(日)まで、住宅展示場である牛田住宅情報スクエア[アスタ]のセンターハウスに展示されていますので、興味のある方はぜひ見に行ってみてください。

4.そのほかの作品.jpg

  • LINEで送る