人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

食育サークルアーカイブ

食育サークル

5月26日(土)に、管理栄養学科1年生10名が昆虫を守る田んぼ作りの活動で、『田植え』体験のボランティアに参加し、子ども達と一緒に楽しく田植えを行いました。
1.jpg

普段、あまり見かけることの出来ないカエルやヤモリにも遭遇でき、子ども達はとても楽しそうに田植えを行っていました。
2.jpg
3.jpg

田植えを経験したことのある子どももたくさんおり、田植えを終えた後の稲の並びはなかなかの上出来!の様子!!
4.jpg

田植えをしている同じ時間帯に、調理班の学生が昼食のカレーとサラダを作りました。
5.jpg

田んぼから帰ってきた子ども達は、とてもお腹を空かしており、みんな「おいしい」と言いながら、たくさんおかわりをしていました。

お昼を食べ終わった後は、食育クイズを行いました。昼食のカレーに入っていた野菜に関するクイズを出すと、子ども達は大はしゃぎ。活発にクイズに参加してくれました。
6.jpg

クイズの後は、愛媛大学大学院の日鷹先生に、外来生物のお話しを伺いました。昆虫にとても興味を持っている子どももいて、"昆虫博士"のお話しにみんな真剣な眼差しで聞いていました。身近な生き物の中には多くの外来生物がおり、それらにまつわる法律等も教えていただき、広島の生態系についても考えさせられました。
7.jpg

田植えをした稲が、秋には大きな穂をつけます。その姿を見られるのが、今からとても楽しみです。
8.jpg

  • LINEで送る

月に2回発行される広島市の広報誌、『市民と市政』6月1日号の巻頭テーマは、『3つの「わ食」で元気な毎日』です。

広島市は、広島市食育の基本理念「『健やかな体』と『豊かな心』を育む」を実現するため、「わ食(和食・輪食・環食)」の取り組みを進めています。

このたび、市の食育プロジェクトに参画している本学の食育サークルの取り組みが紹介されました。

▼掲載誌
広島市広報誌『市民と市政』6月1日号トップページ特集
20180601shimintoshiseitop.jpg

▼撮影の様子
20180601shimintoshisei.jpg

  • LINEで送る

3月7日(水)に、若者世代のための食育啓発事業として、食育プロジェクトについてポスターセッションが、広島駅南口広場で開催されました。

管理栄養学科食育サークルは、本年度実施した学内活動と地域活動について報告しました。

2.jpg

1.jpg

今年度の活動

男の料理教室を開催しました

牛田かうちゃんうまいもん防災フェア "モーリンピック" に参加しました

小冊子『食品ロスをなくす~ローリングストック術』が完成!料理教室を開催しました

二葉公民館でスイーツ教室を開催!

地域防災訓練&防災フェアに参加しました!

食の備えは日ごろからー災害時のための安心・安全な食事レシピ―

食育サークル春学期の活動紹介

参加学生のコメント

最初はなかなか説明することに慣れませんでしたが、様々な方とお話することで少しずつ伝わりやすく話すことができるようになりました。自然災害による廃棄が多く出て困っている農家さんがいた際は、今後も力になりたいと思います。

今までの活動をうまく伝えることは難しいものでしたが、「頑張ってね」と来場者の方から声をかけていただき、今後も期待に応えられるように頑張っていこうと思います。

20180307syokuikusession.jpg

4.jpg

1年間食育サークルの活動の部長として頑張ってきた中下涼さんのコメント

1年間の活動振り返ると、たくさんの方の応援があって、多くの出会いがあって、充実していました。他大学の活動も拝見でき、後輩たちにもよい刺激になったと思います。最後になりましたが、私たちの活動をこのような形で発表させて頂けましたこと、心よりお礼申し上げます。

今後も食育サークルを中心として、地域との繋がりを大切にした食育活動に挑戦してほしいと願っています。

  • LINEで送る