人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

給食経営管理実習

管理栄養学科3年生の秋学期の実習では、春学期に初めて体験した100食以上の給食を提供する「大量調理」の学びをさらに深めていきます。

今学期は弁当、行事食、エネルギーコントロール食への展開について、各班でテーマを決めて行いました。

では、その様子を見ていきましょう。

9月27日

50代男性を対象に、「減塩~秋を満喫しよう~」というテーマでお弁当を作りました。

お弁当では通常よりも品数が増えるため、味付けや食材がかぶらないようにしたり、調理工程も重ならないようにと、たくさんの試行錯誤を重ねて献立作成をしました。

減塩にするため、使う調味料の量を減らす工夫で真空調理機を使用したり、だし割醤油を作ってたれ瓶に詰め、食べる直前にかけられるようにしました。そのため、塩分を減らし、食べた時にはしっかり味を感じられるお弁当になり、喫食者の方々からもおいしいと満足していただきました。

B-1.2.jpg

10月4日

30代男性を対象に、「満腹ヘルシー弁当」というテーマで肥満予防を心がけるためのお弁当を作りました。揚げずに焼くことでエネルギーを抑えたチキン南蛮は、甘酢だれにつけこみ味がしっかりついていたため、少しのタルタルソースでおいしく食べられたと満足していただきました。

A-1.2 ③.jpg

10月11日

産後の女性を対象に、「ママもたのしく、しっかり食べよう!」というテーマで節分の行事食を提供しました。作業工程のことも考え、散らし寿司や押し寿司なども検討しましたが、やはりここは巻き寿司で! 何度も練習を重ね迎えた本番当日は、練習の成果もありきれいな巻き寿司ができました。手で食べることも考え、お手拭を用意するという心遣いもあり、喜んで食べていただきました。

B-3.4 (4).jpg

B-3.4 (2).jpg

11月1日

小児病棟に入院する子どもたちを対象に、「ハロウィン~旬の食材を知って秋を楽しもう~」というテーマで行事食を提供しました。子どもたちが好きなハンバーグにはいわしのすり身を使い、ソースにしめじ、添え野菜にれんこん、サラダにはりんごといった旬の食材を使いました。そしてハロウィンといえば「かぼちゃ」。今回はなめらかなかぼちゃプリンを作り、とても好評でした。

A-3.4②.jpg

A-3.4③.jpg

11月8日

20~60歳の男性入院患者(常食)と糖尿病患者を対象に、「冬を乗り切ろう!」をテーマにし給食を提供しました。常食から献立の一部を変更して、他の食種に変えた食事を展開食といいます。今回の展開食では主菜の竜田揚げを香味焼き、また鶏肉ももも肉から胸肉に変え、おでん煮の具材をじゃがいもから大根に変更し、エネルギーを調整しました。

展開食により献立が増える分、作業工程も注意する点も増えるため、厨房内はバタバタしましたが、声を掛け合って確認し作業を進めました。病院や高齢者施設ではこのように展開食を毎日提供している施設がほとんどで、大量調理の大変さをとても感じる実習になりました。

〔常食〕

B-5.6 (2).jpg

〔エネルギーコントロール食〕

B-5.6.jpg

11月15日

20~69歳の女性入院患者(常食)と糖尿病患者を対象に、「おいしく食べよう!食欲の秋!」をテーマに給食を提供しました。展開食ではおろしきのこあんかけの魚を鮭から鱈に、また含め煮の里芋・蓮根をなすに変更し、エネルギーを調整しました。

工程が増えて大変ではありましたが、それぞれが自分の役割分担に責任をもって取り組んだことでスムーズに提供することができました。

〔常食〕

A-5.6 (2).jpg

〔エネルギーコントロール食〕

A-5.6 (3).jpg

11月22日

小児病棟10~12歳の子どもたちを対象に、「野菜を食べてクリスマスを過ごそう!!」というテーマで行事食を提供しました。

ビーフシチューには星形に抜いた人参、千切りキャベツにコロコロに切ったかぼちゃやさつまいもと小海老を飾り、玉ねぎで作ったドレッシングをかけて、クリスマスツリーに見立てたキラキラサラダ、そしてデザートには豆腐ケーキと紅茶を提供しました。部屋ではクリスマスソングを流し、ケーキを提供するときにはサンタさんやトナカイのイラストが入ったランチョンマットをしいて、楽しい空間の中、みんなでクリスマスを満喫しました。

B-7.8 (4).jpgB-7.8.jpg

11月29日

入院患者様にもお正月を楽しんでいただくため、干支の「戌」にかけて「"ワン"ダフルおせち」をテーマにおせち料理を提供しました。今回は意識的に野菜を取り入れた献立にしており、通常のおせちより多くの野菜を摂れるよう工夫しました。作るものも多く、盛付も大変でしたが、はらんや南天の葉をあしらうことで華やかになり、彩りもよく豪華なおせちでとても喜んでいただけました。

A-7.8 (4).jpg

A-7.8.jpg

一年を通して、献立作成から調理、提供まで給食経営管理の一通りを実践で学んできました。

大量調理は一人ではできず、みんなの協力があってはじめて一つのものが完成します。話し合いを重ね、試行錯誤しながら作り上げていく大変さや達成感は、学生にとってとても大きな糧になったのではないでしょうか。

  • LINEで送る

12月10日(日)に、早稲田中学校で「東区防災訓練&防災フェアin早稲田」が開催されました。

今回の訓練は、大地震により土砂災害が発生したと想定した訓練で、参加された約280名の方は、真剣に取り組まれていました。

管理栄養学科食育サークルは、無洗米や乾物、缶詰などを利用し、炊き出し訓練を実施。

同時に"火を使わない調理"を実施した体験談や、被災時に役立つ"袋レシピ"の配布を行いました。

参加者の皆様からは、「お家にある食材で作れるのはうれしい」「被災時に温かい料理が食べられると心が落ち着きますね」といったご好評をいただきました。

袋で調理した「炊き込みご飯」と「切り干し大根のサラダ」を調理して提供しました。

CIMG4231.jpg

CIMG4229.jpg

今回の訓練で使用したレシピを紹介します!
袋炊き込みごはんレシピ ・切り干し大根のサラダレシピ

他にも、耐震性防火水槽の見学や、高所作業者試乗も体験し、学びの深い訓練となりました。

1.jpg

2.jpg

【感想】

今回の訓練を通して、災害時だからこそ「温かい、おいしい」と感じられる食事が大切であることを伝える機会をいただきました。多くの方に伝えることができたので、私たちにとっても有意義な一日でした。

今後も更に、地域防災に貢献し得るサークルを目指して災害時に役立つレシピを考案し、地域の皆様に発信していきたいと思います。

  • LINEで送る

管理栄養学科では1年生の秋学期(後期)から調理室での実習が始まり、2年生は、1回/週に調理科学実習があります。はじめは包丁の使い方や出汁の取り方等基本的なことですが、この時期になると調理の腕もあがり色々な料理を作ることができます。

広島女学院大学の管理栄養学科では、2年生の秋学期に学外から料理のプロをお招きして日本料理、西洋料理、中国料理を学ぶ調理実習もあります。先日は、レ・クロの黒越勇先生にクリスマス料理を教えて頂きました。

冬の献立1 - コピー.jpg

冬の献立2 - コピー.jpg

調理の技術はもちろんのこと、調理中のコツや、盛り付け方、お料理に対するこだわりを教えて頂く中で、普段の調理の中でも「見た目の美味しさ」についても意識することができるようになってきました。授業の限られた時間内で、プロの先生方のように仕上げることは難しいですが、見た目にも美しい料理が仕上がると、達成感を味わうことができました。

献立 ~素敵にイタリアン~

・ミネストローネ

・鶏肉の小悪魔風☆

・ティラミス

・フランスパン

3.jpg

  • LINEで送る