人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

7日目 2月25日

午前中は、オアフ島の東に位置するカイルア地域に行きました。カイルアにあるホールフーズマーケットというオーガニック食品を扱うスーパーマーケットで見学を行いました。

ホールフーズマーケットで売られている商品の特徴について詳しく学ぶことができました。学生は、限られた時間の中で各々の資料集めに奔走していました。

day7-1.jpeg

ホールフーズマーケットを訪れたあと、近くにあるマノアチョコレートファクトリーを訪れました。

この工場では、チョコレートの実の発酵からテンパリングまですべての工程を手作業で行なっています。また、原料にもこだわり、指定した原産地のチョコレートのみを使用しているとのことでした。生のチョコレートの実の試食やチョコレートの製造過程のテンパリングを体験させていただきました。

day7-2.jpeg

day7-3.jpeg

マノアチョコレートファクトリーの研修を終えたあと、カハラ地域にあるウィルソン小学校を訪れました。食堂に行くと小学校の児童たちは、学生たちに非常に興味を示し、会話をしながら楽しくランチをいただきました。

ランチのあと、登録栄養士の方に給食施設のシステムやランチメニューの決め方などを教えていただきました。また、ディスカッションを通して日本とハワイの小学校給食施設の違いについて学ぶことができました。

明日はハワイ大学での講義と、広島女学院ハワイ支部同窓生の方々とのお茶会です。

引率:土谷

参加学生の感想

ホールフーズマーケット

今日はまず、ホールフーズマーケットに行きました。店自体がオーガニック認定を受けているため、陳列されている食材はもちろん、シャンプーなどもオーガニックのものでした。保存料や着色料などの化学物質を使わず、無添加なため、オーガニック認定を受けていないものよりは値段が高いと感じました。しかし、Prime Americaというメンバー会員になると約10パーセント割引で商品が買えるので、普段より安く手に入れることができることを知りました。日本のオーガニックの商品は普通のものより倍ぐらい高いですが、ハワイではこのような取り組みを行っているからこそ、いろんな人にオーガニック商品を手に取ってもらえるのだと感じました。お肉では飼育の仕方ではグレードがあり、動物に対しての刺激は少ないかどうか、動物がストレスが溜まらず、自由に動けるスペースがあるかなどの基準を満たしたものが売られていました。ホールフーズマーケットは、生産者から製造までの過程が全て分かっているので、安心して食を選択できる環境にあると思いました。

マノアチョコレートファクトリー

マノアチョコレートを見学させていただきました。カカオの生産過程、チョコレートの製造過程などを教えていただきました。中でも印象に残ったのがダイレクトトレードといって、卸業者からカカオを仕入れるのではなく、実際にどの農家からなのか、どの場所でカカオが生産されているのかなどに強いこだわりを持ち、値段は高くなってしまいますが、高品質のチョコレートを提供できるように心掛けられていることです。大量生産されている工場などで作られ、安価で手に入るチョコレートは、どこで作られたかの情報は入ってきますが、原材料がどこから来たかは分かりません。しかし、原材料を作ってくれた方々のことを考え、どこの農家で農家の人たちが頑張って作ってくださったのかも考え、カカオがどこから来たのかきちんと分かるようにしてあるそうです。この話を伺って、材料の情報が分かることでどれだけの努力や手間暇がかかっているかが分かるので、農家の方に感謝することができ、人にも優しい生産過程であると感じました。大量生産をしている所では、大量生産することで安くなるため、賃金なども安くなってしまい、労働者のことを考えれていないとおっしゃられていました。原材料のルーツを分かるようにすることで、生産に関わった方々に感謝の気持ちを養うことができると感じたので、普段の食生活の中でも食料従事者の方々に感謝して生活を送っていかなければならないと思いました。

ウィルソン小学校

ウィルソン小学校では、給食についての話を伺うことができました。はじめに驚いたことは、牛乳は3種類あり、Milk 、Fat free milk、chocolate milkから選べるようになっていたことです。ほとんどの児童がchocolate milkを選択していました。給食を小学生と一緒に食べましたが、やはり野菜は多く残されており残食率も高いそうです。残食率が高くても、提供する器が変わると食べる子が多くなったりするそうなので、提供方法の工夫で少しはこの問題が解決できるのではないかと思いました。また、アレルギーのみならず、糖尿病の子・自閉症の子・腎臓病の子などさまざまな食事対応をされていることを学ぶことができました。保存料や添加物を基準以上入れてはならないという決まりもあるそうです。栄養価の面では、USDAのガイドラインに基づいた栄養価計算のソフトで栄養価計算などを行い、ランチメニューを決めているとのことです。日本に帰って、日本の食事摂取基準と比較してみたいと思いました。現地の児童と英語でコミュニケーションをとることもできたので、有意義な時間となりました。

管理栄養学科2年生:蔵田さん、 竹内さん

今日もたくさんの学びがありましたね。

チョコレートファクトリーとウィルソン小学校は、今年初めての研修先ですね。学校給食の基準や食事対応の違いなど、とても興味深いです。どのような様子だったのか、また詳しく教えて下さい。

明日で研修も終わりですね。広島女学院ハワイ支部の同窓生の皆さまと素敵な時間を持てますように。

管理栄養学科:市川、妻木

バックナンバー

6日目 日曜礼拝

次の記事

最終日 ハワイ大学での講義と女学院同窓会との茶話会

  • LINEで送る
海外フィールドワーク
6日目 2月24日

今日は、ハリス合同メソジスト教会の日曜礼拝に参加させていただきました。学生が日本語礼拝と英語礼拝ともにしっかりと讃美歌を歌い、教会の皆さまに喜んでいただきました。讃美歌は「主よ、み手もて(My Jesus, As Thou Wilt)」を日本語と英語で歌いました。

day6-5.JPG

礼拝のあと、教会の皆さんとランチに行き、交流を深めることができました。

day6-1.jpeg

ワイキキビーチへも行きました。

day6-2.jpeg

明日はチョコレート工場の見学と小学校での研修です。

引率:土谷

参加学生の感想

今日は、ハリス教会での日曜礼拝でした。早めに教会へ行き、発声練習を行い、また茶話会でも一人一人が率先して行動できていました。礼拝では、広島女学院大学とハリス教会とのつながりについてもお話ししてくださり、女学院大学とハリス教会との関係の深さを再確認し、また先輩たちが築き上げてきたものの素晴らしさに改めて気づきました。

ハンドベルは、音色の美しさに感動しました。このハリス教会で、賛美歌を歌うことで私たちとハワイの人々が繋がった気がしてとても嬉しかったです。

礼拝の後は教会のデイビーさん、ボブさん、山中さん、ジョーさんと昼食を食べに行き、楽しい雰囲気の中で、この関係がずっと続いてほしいと強く感じ、来年のフィールドワークに参加する学生にも頑張ってほしいと思いました。

午後の残った時間で、ウォールマートという巨大なスーパーへ行き、自分の研究課題を進めました。自分たちの研究課題であるベビーフードとベビーミルクの品揃えや種類の多さに驚きました。実際に購入したので、日本に帰ってさらに研究をしていきたいです。明日は、小学校に行くので、小学校の給食について調べ、いろいろな疑問をもって明日に臨みたいと思います。

管理栄養学科2年生 秦さん、池田さん

日曜礼拝では、教会の方々に喜んでいただけたようで良かったですね。この管理栄養海外フィールドワークは、学生の皆さんが築き上げてきたものです。

これまでの学生一人ひとりが研修に対して真摯に取り組み、その姿勢を見せてきたことにより、ハリス教会や関係機関と良い関係を築くことができ成り立っています。来年へと繋がることを期待しています。

研修もあと少し。後悔のないよう、しっかりと学びを深めて下さい。

管理栄養学科:市川、妻木

バックナンバー

5日目 ホームステイ

次の記事

7日目 スーパーマーケット・チョコレート工場・小学校での研修

  • LINEで送る
海外フィールドワーク
5日目 2月23日

昨日から学生はホームステイに行き、夕方ホームステイ先から無事に戻ってきました。3グループとも充実した表情をしており、別れの時には感極まる学生もいました。初めての環境ということで不安がある中、言葉だけでなく表現力をフルに使って交流することで、ご家族の方と意思疎通をとることができた結果だと思います。それぞれホームステイの貴重な体験を通して、また一段と成長できたと思います。

明日の日曜礼拝では、成長とした学生達の姿を教会の皆様にお見せできるのではないかと期待しています。

引率:土谷

学生のホームステイ感想

昨日の夜から今日にかけてホームステイをさせていただきました。私たちがホームステイをさせていただいたところは、North ShoreのWaialuaというところで、パイナップル畑や広い草原があり、常に鳥のさえずりが聞こえるほどの大自然に囲まれた場所でした。

最初は緊張していましたが、ご親切にしていただき徐々に話せるようになりました。私たちが行ったお家は日本人のお母さんとアメリカ人のお父さんの間に2人の小学生の子供がいらっしゃいました。お父さんはあいにく旅行に出かけており、お会いすることができませんでしたが、子供たちと英単語ゲームなどをして英語を教えてもらいました。子供たちは日本語も英語も喋れるので分からないとすぐに英語の意味を日本語で教えてくれました。ホームステイ滞在中は、子供たちの通う日本語学校の様子を見に行かせていただいたり、お母さんとショッピングを楽しんだりしました。小学校では、服装などに縛りがなく、自由な感じで、一人一人の個性が生かされている感じでした。

2日間という短い間でしたが、本当に家族のように受け入れてくださり、最後は涙が止まりませんでした。ハワイの研修で栄養だけでなくホームステイも経験できたこと、一生忘れられない思い出になりました。

day5-1.JPG

管理栄養学科2年生 藏田さん、竹内さん

私たちのホームステイ先はホノルルでした。

とても広いお家で日本文化が大好きな家族でした。家でも靴を脱ぎ、味噌汁や緑茶を楽しくいただきました。
2日目は手作りのパンケーキ、ハワイの伝統的な果物であるリリコイを食べさせていただきました。リリコイは種まで食べることができ、味はすっぱく日本には無いハワイの伝統的な果物を食べることができ嬉しかったです。またワイキキ水族館やオーガニックストア、最後にはハワイ博物館に連れて行ってくださいました。ハワイ博物館ではホストマザーが英語でハワイの伝統的な物やカメハメハ大王一世から始まったハワイ王国の歴史を教えて下さり、ハワイの伝統的な楽器を実際に奏でたり、歴史を知ることで今あるハワイがどのようにして築きあげられてきたのか理解が深まりました。

本当に楽しい2日間で、私たちを本当の家族のように受け入れてくれたことがとても嬉しくお別れの時には涙が溢れました。短い時間でしたがとても濃く、充実した時間を過ごすことができ私たちにとってこのホームステイは大きな経験となりました。

day5-2.jpeg

管理栄養学科2年生:池田さん、秦さん

私たちのホームステイ先はミリラニでした。

初めは英語を話すことに不安がありましたが、ホストマザーが暖かく迎えて下さり、緊張がほぐれました。お家ではコストコのピザをご馳走になりながら、日本での写真を見せ、自分の言葉で説明することができました。日本に行ったことがあるそうで、習慣や文化について興味を持って話を聞いてくださいました。2日目の午前中はボタニカルガーデンへ連れて行ってくださいました。印象に残ったのは、3日程前に見た、たくさんの枝が垂れ下がっている大きな木について、ホストマザーに説明していただいたことです。その枝が地中に潜り込み、幹を作り出しているということで、別の木に見えても、全てつながっている1つの木だということが分かりました。

その後はハレイワのビーチへ連れて行っていただき、ノースショア・マーケットプレイスという商店街のような所にあるハンバーガー屋さんでお昼ご飯を食べました。これまでの研修では、あの時に聞いておけば良かったと思うことが多々ありましたが、今回はフィッシュバーガーの魚の種類を英語で自ら質問することができたので良かったです。(タラでした。)そして、MATSUMOTO SHAVE ICE というかき氷屋へ行きました。そこで発見したのが牛乳など、アレルギー対応についてのポスターが掲示されていたことです。まさか、アイス屋でアレルギー表示を見るとは思わず、これからの学びにつなげられそうです。

最後に、家に帰って皆で折り紙を楽しみました。息子さんが折り紙が好きで、手裏剣や鶴を折って見せてくださり、驚きました。私たちは教会でのランチ提供の際に紹介した、からくりカードを作り、喜んでいただきました。

英語で話すことに苦労しましたが、No shame, no fear 精神で2日間を楽しく過ごすことができました。この出会いに感謝して、残りの4日間も積極的に学んでいきたいです。

day5-3.jpg

理栄養学科1年生 上野さん、山下さん、吉田さん

皆さん、それぞれのホームステイ先で素敵な経験ができたようですね。

たった1泊2日でしたが、忘れられない思い出となったことでしょう。

明日はハリス教会での日曜礼拝ですね。成長した皆さんの姿を、教会の方々にお見せできますように。

管理栄養学科:市川、妻木

バックナンバー

4日目 保健センターと農場・チーズ加工工場の見学

次の記事

6日目 日曜礼拝

  • LINEで送る