人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

海外フィールドワーク

ハワイでの10日間にわたる、2019年度管理栄養海外フィールドワークが、無事に終了しました。

2月26日の朝ホテルを出発し、ホノルル空港から成田空港経由で終着地の広島駅に到着した時には、日付がかわって2月27日の夜8時半。長旅の疲れもあったと思いますが、体調を崩すこともなく、どの学生も充実した笑顔で戻ってきました。

海外FW2019-広島駅帰着-2.jpg

引率教員 妻木先生より

今年は2年生4名、1年生2名の6名のメンバーが参加しました。この数年の中では人数が少なかったのですが、6人の結束が強く、先輩と後輩がお互い気にかけながら研修を進めていたように思います。ハワイ大学、高齢者施設、中学校、スーパーマーケットなどでの研修のほか、ビーチ、プールなど「よく学び、よく遊べ」という言葉が合うような、研修でした。

研修には、病院での栄養管理や管理栄養士の役割、食品表示、離乳食、グルテンフリー食、フードロスなど、各自がテーマを持って臨みました。2年生は、ハードな授業スケジュールの中でも時間を作っては研修に向けての準備をしていました。1年生は、まだまだ知識が十分でない中でも、自分で興味があることを調べたり、研修中にも積極的に質問したりと、必死でついていこうとする姿勢が見られました。ハリス教会での七夕劇や賛美歌の披露では、何度も集まって練習をしており、本番では皆さんに喜んでいただくことができました。

今回の研修では多くの知識としての学びがありましたが、何よりもハワイの方々(ハリス教会の方、研修先の先生方、コーディネートの方、広島女学院同窓会の方)の優しさにたくさん触れ、得難い経験をすることができました。また、学生が皆さんの優しさを素直に受け入れ、感謝の気持ちを持つことができたことも嬉しかったです。私はこの6名を誇りに思います。この気持ちを大切に、同じように人に優しくする心を持ち、ますます成長することを楽しみにしています。

最後になりましたが、本フィールドワークを支えて下さった広島女学院大学の教職員の皆様、研修を受け入れて下さった皆様、英語のご指導を下さいましたWilson先生、Hougham先生、担当教員の市川先生、土谷先生、そして誰よりもお嬢様の無事を祈り、快くフィールドワークに送り出して下さった保護者の皆様に深く感謝申し上げます。

引率教員 妻木 陽子

本フィールドワークを振り返って、学生たちが感想を寄せてくれました。この研修が学生たちにとってどれほど有意義で人々の温かさに満ちたものであったか、皆さまと共有させて頂きたいと思います。この研修をきっかけに、今後さらに学生たちが活躍してくれることを願っています。

2019管理栄養海外FW-感想文.pdf

管理栄養学科:市川、土谷

バックナンバー

広島女学院同窓会との茶話会と美術館見学

  • LINEで送る
8日目 2月25日

海外フィールドワーク8日目は、広島女学院同窓会ハワイ支部の藤本会長がガイドを務められておられるホノルル美術館に行きました。モネの睡蓮やゴッホの麦畑など有名な作品が多数あり、中庭も素敵でした。藤本さんの解説がとても分かりやすく、作品の意味や背景を知ることができました。写真も撮れるので、学生達は喜んでいました。

同窓会 美術館.jpeg

美術館の見学のあと、ハワイ支部の皆様と一緒にランチを頂きました。研修の話をしたり、ハワイでの生活について教えていただきました。

hawaii_8_2.jpg

研修も本日で終了です。明日は朝にホノルルを出発して、日本に帰ります。

研修最後ということで、チーズケーキファクトリーという人気のレストランで晩餐会を行いました。

最後の晩餐 チーズケーキファクトリー.jpg

引率教員:妻木

参加学生の感想


 今日は研修最終日でした。ホノルル美術館に行き、広島女学院の同窓生の藤本さんに美術館の案内をしていただきました。美術品も、葛飾北斎やモネやゴッホなど私たちも知っている画家の作品もたくさん展示してあり、間近に作品を見ることができ、とても貴重な体験をすることができました。

 その後、同窓生の方々と美術館のカフェでお昼ご飯をご一緒させていただきました。私たちが研究課題としていることや、ハワイでの生活などのお話を聞くことができました。夫婦共働きの人が多かったり、自分のキャリアを守るため離乳食は買う人が多いということを教えていただきました。また、病院食について質問させて頂くと、日本の病院食は味が薄いという人が多い一方で、ハワイの病院食は味がしっかりとついており、普通においしいと言うお話も聞くことができて良かったです。

 この研修で、自分が興味があることをハワイと日本の比較を通して学ぶことができました。日本にいたら当たり前のことがなかったり、日本にないことなどハワイにいることでわかったことがたくさんありました。研修以外にも海やショッピングなどハワイを楽しむことができたので、とても充実した日々を過ごすことができました。

管理栄養学科 2年 山崎さん、曽田さん


同窓生の皆様との交流は今回で4回目となりますが、ホノルル美術館の見学は今回が初となります。ただ作品を見学するのではなく、作家や作品の背景を説明していただくことで理解が深まり、貴重な時間を過ごすことができましたね。

同窓生の皆様のハワイでの経験談やご助言をいただいたことで、女学院生としての誇りや絆を感じることができたと思います。これからは皆さんが、広島女学院のつながりを大切にし、後輩にバトンを繋いでいってください。

本日ですべての研修が終わりましたね。今回の研修を通して一人ひとりが成長できたと思います。無事に帰国されることをお祈りしています。

管理栄養学科:市川、土谷

次の記事

終了報告

バックナンバー

7日目 スーパーマーケット、カイムキ中学校での研修

  • LINEで送る
7日目 2月24日

本日で海外フィールドワークは7日目になりました。午前中は3ヶ所のスーパーマーケット(ホールフーズ、ダウントゥーアース、フードランド)の見学に行きました。

スーパーマーケットではオーガニック食品の取り扱いや、ヴィーガン食など日本では珍しい食品を見ることができました。写真は、ホールフーズマーケットの見学の様子です。

スーパー 見学.jpeg

スーパーマーケットを見学した後、カイムキ中学校に行きました。中学校では管理栄養士の方から学校給食のシステムを説明していただき、給食もご馳走になりました。日本の給食とは異なっていて、興味深かったです。

カイム

そして、ハワイグローバル教育財団のドライバーさんのご好意で、見学終了後にリムジンを用意していただきました。リムジンに乗ってアウトレットモールへ行きました。初めてのリムジンに大興奮です。

リムジン.jpeg

今日で見学を中心とした研修は終了です。学生の皆さんも色々質問ができ、学びが深められたと思います。

引率教員:妻木

参加学生の感想

 今日は、スーパーマーケット巡りと、カイムキ中学校での研修でした。スーパーマーケットは3カ所巡りました。それぞれのスーパーを見る中で、商品の種類が多様であることに驚きました。オーガニックやグルテンフリーやビーガンなどの商品が充実しており、生活スタイルによって、様々な食材を購入できると分かりました。

 カイムキ中学校では、お話を伺った後にカフェテリアで実際に給食を食べました。ハワイは、日本でいう学区が一つしかなく、すべての学校で同じメニュー、同じルールで給食が提供されていると教えて頂きました。実際の給食では飲み物は3種類の中から選べるようになっていたり、パンは厨房で作ったパンを提供していたり、生野菜を使用していたりと日本との違いを実際に体験することが出来ました。
 今日はさらに、タクシーの運転手さんのご好意でリムジンに乗ることが出来ました。この研修中ハワイの人達の優しさに感動することが沢山ありました。明日は広島女学院の同窓会の皆さんとの交流があります。明日で最後となるので良い時間を過ごしたいです。

管理栄養学科 2年 浅田さん、川﨑さん


今日も朝からたくさんのスーパーマーケットを巡って、
販売されている商品の種類や違いを学んだり、中学校の給食システムについても詳しく理解できたようですね
皆さん、積極的に質問もできているようで、研修を通して着実に成長していることがうかがえます。

明日は、女学院同窓会ハワイ支部の皆さんとホノルル美術館を一緒に見学し、ランチをしながら研修の振り返りを行う予定です。いよいよハワイでの研修も明日で終わりになるので、悔いのない1日にしてくださいね!

管理栄養学科:市川、土谷

次の記事

8日目 女学院同窓会との茶話会と美術館見学

バックナンバー

6日目 日曜礼拝

  • LINEで送る