人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

海外フィールドワーク

5日目 2月24日

学生は3つのグループに分かれ、ホームステイを行いました。それぞれの家庭で、学生はファミリーの一員として迎え入れていただき、忘れられない思い出ができました。

今回の海外フィールドワークで初めて、1泊2日のホームステイがありました。私たちはノースショアにあるお宅にホームステイさせていただいきました。 遠い場所にあったため移動時間が長く疲れましたが、家族が温かく迎えてくださりとても嬉しかったです。

IMG_1545HP.jpg

行きたいところには連れてってくださり、ご飯もご馳走になりました。 1泊2日という短い時間でしたが家族の一員として迎えてくださり、とても貴重なよい経験をすることができました。

1年 中村楓、佐古朱理

自分から積極的に話すことを目標にし、ずっと楽しみにしていたホームステイへ行きました。会う前は不安に押しつぶされそうなくらい緊張しましたが、ホストファミリーはまるで本当の家族のように温かく迎えてくれてくれてとても安心しました。

スーパーへ行って色んな食品のことを教えてくれたり、一緒にご飯を作ってハワイの食文化に触れたり、ご飯を囲んで様々な共通点を探したり、日本とハワイの違いを話し合ったりと、旅行ではできない貴重な経験をさせていただきました。

また、次の日にはマカプウという山にハイキングをしに行って綺麗な海や、くじらの潮吹きを見たりするなどハワイの自然にも触れることができました。

2018hawaiifieldwork.jpg

片言の英語でしたが、自分で考え、それが伝わって会話が広がり、盛り上がったときの感動と嬉しさは忘れられません。一泊二日では足りないくらい充実した内容の濃い時間を過ごせて、ホテルに戻りたくなかったです。

2年 木野友里恵、鈴木日葵

私たちのグループは、ノースショアのカフクという町へホームステイに行きました。

家に着くとホストファミリー全員が温かく出迎えてくださいました。夜ご飯はミートスパゲティやサラダを振舞ってもらいました。日本とは違って麺やソースがそれぞれ大皿に盛ってあり、自分で好きな量を取り分けるスタイルでした。家族と会話をしながら楽しく食事することができました。

2018hawaiifieldwork.5th-3.jpg

2日目は朝からノースショアのハレイワという町に連れていってもらいました。ショッピングやハワイ名物を食べることができました。ハレイワはホノルルとは違い、人も少なく自然がたくさんあったため、よりローカルなハワイを満喫することができました。

2018hawaiifieldwork.5th-2jpg.jpg

ホームステイ全体を通して英語でのコミュニケーションが難しく、伝えたいことが伝えられずもどかしい思いをしました。特に自分たちの課題だと感じたのはホストファミリーが話しかけてくれたのに上手く相づちをうてなかったことです。場の雰囲気を盛り上げるためにも、これからはどんな話にも返答できるように、簡単な言葉を覚えて少しでも返していけるようにしていきたいです。

2年 安田彩里、森脇結花、佐藤楓子

初めての環境で戸惑うこともたくさんあったようですが、自分たちだけの力で家族と交流し、コミュニケーションは単なる言葉のやりとりだけではないということを身をもって理解することが出来たようです。とても大きな一歩だと思います。今日の反省会では、自分が出来たこと、出来なかったことだけでなく、一緒に行った仲間の様子についても互いにフィードバックを行いました。

明日の日曜礼拝では、教会でのランチ提供の時よりさらに進化した学生達の姿を教会の皆様にお見せできるのではないかと期待しています。

引率教員 市川

バックナンバー

4日目 病院とパン工場での研修

次の記事

6日目 ハリス教会での日曜礼拝

  • LINEで送る

4日目 2月23日

海外フィールドワークも、いよいよ折り返しです。

今朝は出発まで少し時間がありましたので、ホテルのレストランで朝食をとり、プールサイドでプチ撮影会をしました。

今日の研修は、出来るだけ英語で質問することにしました。気合い十分な表情です!

257.jpg

マルヒア病院という長期療養型病院の厨房見学の様子です。

作業療法士のニールさんと登録栄養士のクリスティンさんから病院の食事や登録栄養士の業務について学びました。

IMG-0269HP.jpg

アメリカの栄養士と管理栄養士の違いや仕事内容について教えていただきました。それぞれ疑問に思ったことや聞いてみたいことを英語を交えて質問することができました。

その後、実際に提供されている食事と治療食も試食させていただきました。入居者の方は、食事をとても楽しみにされているようで、食べることが困難な方に対して細かく刻んだり、ミキサーにかけてペースト状にしたりなどの工夫がされていました。

病院見学の後は、LA TOUR bakery houseというパン工場を見学しました。英語も使いながらたくさん質問ができました。

295.jpg

30年以上の歴史があり、約5,774㎡の敷地で約300種類のパンを作っていました。クロワッサンを作る専門の部屋、チョコレートを置いている部屋、デザートルームなどいくつにも分かれていました。

オーブンルームではラックが回るものと、板がゆっくり回るパイやケーキを焼くものと、表面がかたく焼ける動かないものと3種類ありました。ホールフーズやコストコのためにオーガニックのパンも作られていました。ふりかけがかかったパフのようなお菓子もあり日本人にも食べやすい味でした!食品添加物をなるべくつかわずに作られていることも知ることが出来ました。

お土産にマカロンとクッキーと好きなパンを1つ頂けました!とても優しいオーナーで私達もたくさん質問させて頂いて様々なことを知ることが出来ました。本当にありがとうございました!!

ランチのピザもとても美味しかったです!

2年 鈴木日葵、1年 森原澪

ただ今、学生達は3つのグループに分かれて、ホストファミリーと一緒にホームスティに出発しました。みんなのドキドキが伝わってきました。

ホテルには明日の15時ごろ帰着予定です。学生達からホームスティの報告がありましたら、またお伝えします。

引率教員 市川

今日は専門的な研修内容でしたね。

パン工場の見学は学生みなさんからの提案により実現しましたが、とても充実した研修となったようですね。

出来るだけ英語で質問をするという目標も達成できたようで、また一つ成長した皆さんの様子を聞く事ができて嬉しいです。

これからホームステイですね。こちらも、今回のフィールドワークで初の試みです。

ホストファミリーの方と楽しい時間をお過ごしください!

管理栄養学科:土谷・妻木

バックナンバー

3日目 ハワイ大学での講義

次の記事

5日目 ホームステイ

  • LINEで送る

3日目 2月22日

今日は午前中にハワイ大学へ行き、アメリカの健康問題に関する講義を受けました。登録栄養士からお話を伺える貴重な機会でした。

講義が終わったあとはハワイ大学の学生さんを交えて、自分のcomfort food (子供の頃から慣れ親しんだような食べ物で、食べると幸福感を味わえるようなもの)をひとりひとり発表しました。1人で英語のスピーチをするのは初めてでとても緊張しましたが、無事に伝えることができてよかったです。

外国で頑張っている同年代の学生さんを見て、私ももっと頑張らないといけないという気持ちになり、とてもいい刺激をもらいました。

写真は見学したGateway cafe で昼食をとっている様子です。

IMG-0129.JPG

午後からは、cheesecakefactoryで女学院同窓会ハワイ支部のお茶会が行われ、同窓会の藤本会長と山中さんにお会いしました。

英語にまだ自信がなく、話す事が不安で苦戦している私たちに、コミュニケーションのとり方のアドバイスをしていただきました。日本と違いアメリカでは、イェス、ノーではっきりと自分の意思表示することが大事だと教わりました。また、分からなくても何か伝えようとする熱意が、コミュニケーションをとる上で重要なことであることも学びました。

他にもマナーであったり、将来に向けて今できることであったりと、経験値の高い先輩方と深い話をするいい機会となりました。

IMG-0131.JPG

明日は、今日学んだことを生かして積極的に話すことを意識し、ホームステイでも自発的な行動を心がけていきたいです。

2年 木野友里恵、佐藤楓子

学生達は、それぞれ自分の殻を破りたいけどまだ怖くて突破できていないようですが、私の目には、葛藤の中にも少しずつ前進しているように見えます。今日はこれからミーティングをして、明日からのプログラムに備えます。

引率教員 市川

ハワイ大学では積極的に質問もできたようで、少しずつ成長しているようですね。チーズケーキファクトリーでの茶話会では、広島女学院の歴史と繋がりの深さを感じたのではないでしょうか。また、美味しいケーキを食べたことで張り詰めていた緊張が少し解けたように窺えます。

明日の準備もあり、なかなか落ち着かないとは思いますが、体調を崩さないようにしっかりと休養時間を確保して明日のプログラムに備えてください。

自分の殻、破ってください! 応援しています!

管理栄養学科:土谷、妻木

バックナンバー

2日目 教会でのランチ提供

次の記事

4日目 病院とパン工場での研修

  • LINEで送る