人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

海外フィールドワーク

今日から、管理栄養海外フィールドワークが始まりました。

2月21日~3月1日の日程で、管理栄養学科2年生の6名と引率の市川先生が、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島でフィールドワークを行います。

教会での昼食提供や交流、病院や保健センターなどの施設見学、大学での講義、農場見学、日曜礼拝など様々なプログラムを経て、諸外国の栄養政策や生活習慣、食文化などを学びます。

出発には、管理栄養学科の渡部先生、坂井先生、妻木先生、国際教養学科のWilson先生、学生課・国際交流センターの宇根課長のほか、昨年フィールドワークに行った先輩も見送りに行きました。

P1030473--.jpg

先輩からは、手作りのお守りとお手紙を頂きました。

P1030480--.jpg

みんなのお守りを合わせると、花になります。

P1030483--.jpg

広島空港での写真。元気な様子です。

IMG_3236--.jpg

今晩、日本を経ち、明朝にはハワイに到着します。

フィールドワークの様子は、これからホームページにアップしていきます!

  • LINEで送る

今年度、ウオクニ株式会社において給食経営管理臨地実習でご指導をいただきました。
実習前後も含めて、長期間のご指導をいただき、12月8、9日にコラボ弁当として社員食堂で提供させていただくことができました。
http://www.uokuni.co.jp/program/collabo/collabo_page12.html

uokuni_poster.jpg

「しっかり食べて肥満予防」がテーマでした。
メニューは以下の通りです。

uokuni_bento.jpg

 ①サワラの唐揚げ 塩葱ソース
 ②桜色シューマイ・ボイルキャベツ
 ③ブロッコリーの辛子和え
 ④杏仁豆腐
 ⑤中華ポテト
 ⑥高野豆腐のチゲ煮
 ⑦糸こんにゃくのチャプチェ

1,000食を超える弁当の給食献立を考えることは、見た目や味の工夫がとても必要であることを学ぶことができました。調理工程や盛り付けを考えた献立作成の難しさも痛感しました。
喫食者の方からは「色合いがきれいだった」「全体的においしかった」などのご意見をいただき、とてもうれしく思っています。

貴重な機会をありがとうございます。

  • LINEで送る

安芸太田町の広報誌『安芸太田』No.147に、管理栄養学科の学生が考案した給食メニューが小学校で提供されたニュースが掲載されました。

AkiotaNo.147.jpg

掲載記事はこちら→AkiotaNo.147.pdf

管理栄養学科では、昨年度から安芸太田町、カゴメ株式会社と産学官連携協定を結んでいます。
その一環として、安芸太田町の食材を使った学校給食メニューを開発しています。そのメニューが、いよいよ2016年11月25日に加計小学校の給食として児童に提供されました!

これまでの経緯

2016年8月26日に、安芸太田町の学校給食関係者の皆様やカゴメの方々に、考案したメニューのプレゼン発表を行い、試食をしていただきました。

Akiota1.jpg

Akiota2.jpg

安芸太田町からイノシシ肉とホンモロコを提供していただきました。珍しい食材を子どもたちに美味しく食べてもらいたいという気持ちで、2か月以上試作を繰り返しました。
カゴメからも様々な商品を提供していただき、味付けにも工夫を凝らしました。
管理栄養学科2年11名、3年6名で3グループのプロジェクトチームで5つのメニューを考案しました。

最終的に次のレシピが完成しました!

学校給食用レシピ(いのしし肉のすき焼き煮他).pdf
学校給食用レシピ(トマみそ麻婆豆腐他).pdf
学校給食用レシピ(ホンモロコシのかきあげ他).pdf

Akiota3.jpg

安芸太田町およびカゴメの皆様、貴重な機会をありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  • LINEで送る