人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

海外フィールドワーク

今年も管理栄養海外フィールドワークが始まりました!

2月19日~28日の日程で、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島でフィールドワークを行います。

1年生が3名、2年生が4名の混合チームです。引率は土谷佳弘先生です。

今年のフィールドワークでは、教会でのランチ提供や日曜礼拝への参加、ハワイ大学での講義、ホームステイのほか、チョコレート工場や農場の見学、小学校での研修もあります。

本日の昼に広島駅を出発し、リムジンバスで広島空港へ向かいました。

お見送りには、管理栄養学科の石長先生、市川先生、妻木先生、共通教育部門のWilson先生、学生課・国際交流センターの宇根課長、昨年度のフィールドワーク参加学生が行きました。また、保護者の方にも来ていただきました。

IMG_0836.JPG

昨年度のフィールドワークの学生からは、手作りのパイナップルのお守りをいただきました。イニシャル入りです。

IMG_0839.JPG

先輩が見守ってくれているようで、心強いですね。

広島空港から成田空港へ到着しました。広島はあいにくの天候でしたが、飛行機は揺れることもなく快適だったようです。

出国審査も無事に通過し、成田空港のラウンジにて。

image1.png

贅沢なラウンジで腹ごしらえをしているようです。

image2.png

夜のフライト予定で、明朝にはハワイに到着します。

このフィールドワークを通してたくさんの経験をし、大きく成長して帰ってくる姿を楽しみにしています。

フィールドワークの様子は、これからホームページで報告します!

みんな気を付けて、いってらっしゃい!!

管理栄養学科:市川、妻木

次の記事

管理栄養海外フィールドワーク ハワイ到着!

  • LINEで送る

今年度もウオクニ株式会社が運営する給食センターにおいて、「給食経営管理臨地実習」でご指導をいただきました。
実習前後も含めて、長期間のご指導をいただき、コラボ弁当として提供させていただくことができました。

今回は「野菜をしっかり摂ろう」をテーマに、以下のメニューを提供しました。

 ①すき焼き
 ②厚揚げ・人参含め煮
 ③チンゲン菜のカレー煮
 ④ブロッコリーの梅チーズ
 ➄里芋の青のりまぶし
 ⑥大根ときゅうりのナムル
 ⑦柴漬

1.png

ポスターを食堂等に掲示していただき、お客様からも関心をもっていただきました。

2.png

実際に喫食されたお客様からも好評で、ご飯のおかずとしても組み合わせがよく、珍しさも感じてもらえたとの評価をいただきました。

献立を作成した学生のコメント

私たちは「野菜をしっかり摂ろう」をテーマにコラボ弁当の献立作成をさせていただきました。弁当の献立を見た時に「食べたい!」と思っていただけるメニューにしたいという思いから、肉と一緒に野菜をたっぷり摂れるすき焼きをメインにしました。試作段階では、1つのコーナーの量が適量であるか気になっていましたが、実際盛り付け作業を体験すると、全体的に汁気が多いことに気がつきました。実習することで試作では気づかない事もあると実感しました。

ご協力をいただいたコラボ弁当についてのアンケートでは、ブロッコリーの梅チーズやチンゲン菜のカレー煮については珍しい味付けで美味しかったことや、今まででありそうでなかった献立であったという評価をいただきました。お客様に満足してもらえたことが私たちにとって達成感となりました。この実習を通して、大量調理の献立作成の留意点は栄養面だけではなく、盛り付け時について考える大切さを学ぶことができました。

貴重な体験をありがとうございました。

  • LINEで送る

11月24日(土)に、管理栄養学科1年生の9名が小学生の子供たち約20名とお餅つきをしました。この活動は、「昆虫を守るための田んぼづくり」の一環で、5月に田植えをして育ったお米を使用しました。
餅つきというと杵と臼を使いますが、今回は、地域に伝わる「足踏み式餅つき機」を初めて体験しました。

写真①.jpeg

ついたお餅で学生が雑煮を提供し、その後はお餅を火鉢で焼いて頂きました。雑煮の具材は、大根、にんじん、水菜、かまぼこです。吸い口としてゆずをあしらい、にんじんは梅の形にしてみました。

写真②.JPG

写真③.JPG

米や食文化について学んでもらうため、子供たちがお餅を食べている間に食育クイズを行いました。友達同士でクイズの正解数を競う子供たち、相談しながらクイズに答える子供たちと様々でしたが、みんな楽しそうにクイズに参加し、学生にとっても充実した時間を過ごすことができました。

写真④.jpg

今年は7月の豪雨や台風等の天災に見舞われ、稲の生育を心配する日が多くありましたが、5月に子供たちと一緒に植えた小さな稲が、無事大きく成長し穂をつけ米になり、こうしてお餅をいただくことができました。今回の活動を通して、「いただきます」の感謝の気持ちは忘れてはいけないことに、改めて気づかされたような気がします。

写真⑤.jpg

  • LINEで送る