人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

2019年11月7日~10日に第58回東洋・東南アジアライオンズ(OSEAL)フォーラムが「平和を学び、祈る」というテーマで開催されました。その中のイベントの一つとして、11月9日(土)に広島大学医学部連携の糖尿病関連セミナー「糖尿病料理コンテスト」が実施され、管理栄養学科3年の16名が参加しました。この糖尿病料理コンテストは、病院の栄養部門の方や広島県内の管理栄養学科のある大学の学生など6施設が参加し、会場に来られた一般の方に試食後に優秀施設を投票して頂き、優勝、準優勝を決めるコンテストです。優勝した施設には、考案した料理をホテルで2週間ほど提供できる特典もあります。今回のイベントは通常の料理コンテストと違い、広島県産の食材を活用して糖尿病の方にお勧めできる料理に仕上げ、さらにステージでプレゼンテーションを行います。

ステージ写真.jpeg

私達はイベントのコンセプトである「今日からできる広島県産品を活用した糖尿病食」を基に簡単に作ることのできる【レモン香る広島サーモンとちりめんの炊き込みご飯】を考案しました。学生が主体となり、レシピ作成から始め、当日には試食を調理して300人に提供しました。

盛り付け.jpeg

調理室.jpeg

盛り付け写真.jpeg

残念ながら優勝には届きませんでしたが、コンテストに参加したことで衛生面に配慮しながら美味しい食事を提供する難しさや、来場者の方々に「美味しい」と言って頂けたことによる達成感を得ることが出来ました。この料理コンテストでの学びを活かして、管理栄養士になるためにこれからも勉強に励んでいこうと思います。

集合写真.jpeg

報告:
 糖尿病料理コンテスト 女学院チームリーダー
 管理栄養学科3年 國本佳菜

  • LINEで送る

10月26日(土)に、昆虫を守る田んぼ作りの活動として稲刈りを行いました。今回の活動は、5月25日に実施した田んぼ作りで植えた稲を刈るものです。小学1年生から6年生までの子ども達が14名集まり、スタッフも含めて総勢30名が参加しました。本学からは管理栄養学科1年生の4名と教員1名がボランティアで参加しました。2日前に降った雨の影響で、稲が濡れてしまったため、稲刈りは一部分しかできませんでしたが、代わりに近くの農家さんの畑で、芋掘りも行うことができました。参加した学生たちも、充実した活動を行うことができたようです。
学生たちからの報告・感想をどうぞご覧ください。

活動報告

子どもたちよりも一足先に集合場所の集会所に到着した私たちは、昼食で提供するキノコご飯、豚汁の下準備を行いました。子どもたちが到着すると私達4名の内、2名は小学3年生3名と昼食の準備を行い、残りの2名は子どもたちと芋掘りに行きました。畑に到着した子どもたちは、大きな芋を掘りたい、たくさんの芋を掘りたいという眼差しで目が輝いていました。みんな、畑に植えてあったサツマイモをほぼ全て掘りおこしてしまうくらい夢中になって芋掘りをしました。また、サツマイモがなかなかうまく掘れない子どもも先生や私たちと一緒に掘って、楽しんでくれました。子どもたちは袋が破けそうなくらいたくさんの芋をビニール袋に入れて一生懸命持って帰っていました。

写真1-1.jpg

また、稲刈りは雨の影響で田んぼがぬかるんでいる部分があったため、全部はできませんでしたが、土が乾いているところで子どもたちは鎌を使って一束ずつ稲刈りの体験をしました。子どもたちが6月に植えた稲を手作業で刈り取ることで、お米を作ることの大変さを知ることができたのではなかと思います。

写真2-2.jpg

芋堀りと稲刈りをした後、みんなで昼食を食べました。昼食は、キノコご飯、豚汁、リンゴを提供しました。好き嫌いのある子どももいましたが、美味しいと言って嫌いなものも食べてくれたり、おかわりをしてくれる子どもたちもたくさんいました。

写真3-1.jpg

昼食後、私たちが事前に考えてきたお米やキノコに関する食育クイズを行いました。クイズの進行は、主に昼食やクイズ作りを手伝ってくれた小学3年生の3人にしてもらいました。子どもたちは積極的に食育クイズに参加してくれ、とても盛り上がりました。

学生の感想

 私は、前回の田植え体験の時は参加できなかったので、今回参加できて嬉しかったです。日頃、小学生くらいの子どもと関わる機会がないので最初は少し緊張しましたが、自分から子どもたちに積極的に話しかけることで克服できました。稲刈りは残念ながら体験できませんでしたが、この活動自体が中止にならず、代わりに芋堀りができてよかったです。思い思いの芋が掘れて喜んでいる子供たちを見ると、こちらも笑顔になれました。昼食では、きのこが苦手な子どもが多いことがわかりました。それでも、一生懸命食べてくれたりおかわりをしてくれる子どももいて嬉しかったです。食育クイズの難易度はちょうどよく、とても盛り上がったので安心しました。次回も子どもたちが楽しんでくれるような食育クイズを考えたいと思います。次回は、11月23日の餅つきの体験があるので、また子どもたちの笑顔が沢山見られたらいいなと思います。

---------------------------------------------------

 私は今まであまり子どもに接したことがなかったため、正直、どのように関わればよいのか分かりませんでした。しかし、子どもと同じ目線になって、一緒に芋堀りをしたり、お話したりすることで子どもとの距離を近づけることができました。そのため、私は途中から自然と子どもに接する事が楽しくなっていました。その時、私は将来、子どもと接する仕事をしてみたいなと少し思いました。また、最初は「あまり楽しくない」と言っていた女の子がいましたが、「楽しかった」、「美味しかった」と笑顔で言ってくれたことが何より嬉しかったです。楽しみながら、このような貴重な経験ができ、自分にとって、このボランティアは新しい発見にもなったととても感じています。今回のボランティアから学んだことを生かして、次回のボランティアも参加したいと思います。

写真4-1.jpg

(管理栄養学科1年 田中、横田、羽倉、藤原)

  • LINEで送る

今年の8月18日(日)に「食物アレルギーっ子のデイキャンプ2019」を開催しました。

daycamp2019.JPG
このデイキャンプは、管理栄養学科 妻木陽子准教授の主催で、妻木ゼミの学生が中心となり、食物アレルギーを持つ子どもとその保護者を対象に開催。
今年で11回目となり、13家族・37名の方が参加して下さいました。

食物アレルギーを持つお子さんとご家族みんなで、レクリエーションや料理教室を行いました!

デイキャンプの詳しい内容と提供された献立レシピについては下記をご覧ください。
食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2019レポート
食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2019レシピ

  • LINEで送る