人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

地域での活動アーカイブ

今月も各地で幼児教育心理学科の学生が活躍しています!厳選して、2つの活動を紹介します。

伝統芸能体験スクール 造形ワークショップにボランティア参加

2月18日、昨年12月に引き続き、広電の電車の中で行われた造形ワークショップに幼児教育心理学科の2年生の2名(坂井あゆみさん、 内田春香さん)がボランティアとして参加しました。

学生たちは参加した子ども達と一緒に楽しい造形活動の一時を過ごしました。

youshin-dentougeinou.feb.2.jpg

youshin-dentougeinou.feb.1.jpg

あそびの学校に参加

2月19日、毎月1回イオンモール祇園店にて行われている「あそびの学校」に幼児教育心理学科の学生4名が参加しました(2年生 才崎琴都美さん、竹内花織さん、下本ゆうさん、1年生 小迫純奈さん) 。

今回の題材は「オリジナルキーホルダー作り」です。

学生たちは親子の楽しい造形活動をしっかりサポートしていました。

youshin-asobino.feb.1.jpg

youshin-asobino.feb.2.jpg

  • LINEで送る

安芸高田市立吉田小学校では、卒業記念に自画像を制作する行事を大正時代から今日まで続けておられます。

2017年2月8日、製作に関わる6年生の授業に、今年も三桝正典教授と、今年4月より小学校教員になる予定の2名の学生が講師として参加しました。

65名の児童の皆さんは、鏡を見ながら画用紙に下絵を描き、その後、水彩絵具で色付けをし、自画像を完成させました!
100年にわたる伝統が受け継がれていきます。

youshin-jigazou1.jpg

youshin-jigazou2.jpg

youshin-jigazou3.jpg

  • LINEで送る

広島電鉄・たつじんくらぶ主催の企画「親子で楽しむ伝統芸能」(広島市・広島市教育委員会後援)にて、幼児教育心理学科の2年生3名(若林綾佳さん、白土美里さん、下本ゆうさん)が子どもたちを対象に「ぶんぶんこま」を作るワークショップを行いました。

場所は、電車の中。

youshin-dentougeinou2.jpg

ユニークな制作空間で、子ども達の楽しい造形活動をサポートしました。

youshin-dentougeinou1.jpg

  • LINEで送る