人間生活学部 児童教育学科 ニュース

地域での活動アーカイブ

ひろしま美術館では、毎年5月5日のこどもの日、こどものために美術館を開放して「こども館長による美術館ツアー」を企画していますが、同企画も今年で7回目を迎えました。

今回のこども館長は6名。

6人の子どもたちは美術館の一日館長を務め、現在開催中の企画展「ピーターラビット展」や常設展の作品について、こどもならではの斬新な視点で来場者に説明し、美術館内をたのしくご案内しました。

広島女学院大学 幼児教育心理学科の学生たちは、ボランティア・スタッフとして、こども館長のサポートや司会進行などを担当し、ガイドを楽しく演出しました。

  • LINEで送る

ひろしま美術館では、毎年「こどもの日」(5月5日)に「こども館長」の企画が開催されています

幼児教育心理学科の3年生6人は、この企画にて「こども館長」を務める6人の子どもたちをサポートすることになっています。

こちらの企画についてPRするために6名の学生と三桝教授が4月27日(木)20:00~21:00に放送された、FM廿日市放送「いきいきファクトリー」の番組に出演してきました。5月5日の活動が楽しみです。

youshin-fmhatsukaichi.jpg

  • LINEで送る

今月も各地で幼児教育心理学科の学生が活躍しています!厳選して、2つの活動を紹介します。

伝統芸能体験スクール 造形ワークショップにボランティア参加

2月18日、昨年12月に引き続き、広電の電車の中で行われた造形ワークショップに幼児教育心理学科の2年生の2名(坂井あゆみさん、 内田春香さん)がボランティアとして参加しました。

学生たちは参加した子ども達と一緒に楽しい造形活動の一時を過ごしました。

youshin-dentougeinou.feb.2.jpg

youshin-dentougeinou.feb.1.jpg

あそびの学校に参加

2月19日、毎月1回イオンモール祇園店にて行われている「あそびの学校」に幼児教育心理学科の学生4名が参加しました(2年生 才崎琴都美さん、竹内花織さん、下本ゆうさん、1年生 小迫純奈さん) 。

今回の題材は「オリジナルキーホルダー作り」です。

学生たちは親子の楽しい造形活動をしっかりサポートしていました。

youshin-asobino.feb.1.jpg

youshin-asobino.feb.2.jpg

  • LINEで送る