人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学会アーカイブ

10月31日、幼児教育心理・児童教育学会の秋季講演会を開催しました。

今年は、芸術の秋ということで、今までほとんどの学生が触れたことがない日本の伝統芸能である「能」について、京都の能楽師の吉田篤史氏【重要無形文化財(総合認定)シテ方 観世流】からお話を伺いました。

jidou-gakkai2018.autmn.1.jpg

jidou-gakkai2018.autmn.2.jpg

また、舞台に7名の学生が呼ばれ、「能」の基本動作を体験したり、「高砂」をみんなで謡ったりと、伝統芸能を身近に感じることができました。

jidou-gakkai2018.autmn.4.jpg

最後に能楽師の浅井通昭氏の舞を観劇しました。

jidou-gakkai2018.autmn.3.jpg

jidou-gakkai2018.autmn.5.jpg

学生にとって大変貴重な時間を過ごすことができました。

jidou-gakkai2018.autmn.6.jpg

秋季講演会の学生の感想を紹介します。

「‪日本の伝統である能の歴史を、時代背景や他の伝統などのお話を交えながら深く広く学ぶことができました。舞台で着用される衣装の構図や着方を見るだけでなく、学生7人が舞台に上がり実際に能を体験するなど貴重な経験ができました。能楽という今までとは全く異なる講演会は、私たち学生一同とても惹き込まれる素敵な時間となりました。」(梶田未生)‬‬

「今回、秋季講演会を通して、日本の伝統文化を知り、次の世代につなげていくことが私たちには必要だと思いました。舞台での雰囲気や、歩きかたや一つ一つの動作で伝わる迫力など、初めて能を自分の肌で感じて、鳥肌が止まりませんでした。能楽は古くからあり、日本の歴史です。日本にはたくさんの伝統文化があり、海外からも高い評価を受けています。そんな日本の文化を私たちは知らず、知ろうともしていません。日本にいることに誇りを持ち、日本の伝統文化を知らなければならないと思いました。今回の講演は、そのきっかけになったと思います。」(飯塚晴香)

「今までは、能に対して格式が高く難しいというイメージがありましたが、今回実際に能に触れてそのイメージがガラッと変わり、親しみが湧きました。そして能を楽しむ上での基礎知識や衣装のことなどたくさんのことを学ぶことができ、能の魅力を感じることができました。中でも、私たちの謡と先生の舞とのコラボレーションは思い出に残る体験となりました。今回講演会を通して、能の素晴らしさ・美しさをもっと多くの人に知ってもらいたいと思いました。また、今回のように説明を交えて目の前で能を鑑賞できる機会はないので、とても貴重な時間となりました。」(越智麻友美)

  • LINEで送る

5月26日(土)、幼児教育心理学会の2018年度総会及び春季講演会が実施されました。今年から、児童教育学会が新たに発足し、幼心学会とともに活動することになりました。

総会では、2017年度の活動報告、決算、児童教育学会の規約、2018年度の新役員と予算が承認されました。児童教育学会の新役員には、23名もの1年生が立候補してくれました。

副会長の井手佑美佳さんはじめ、総会をもって引退する3年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。

youshin-gakkai.2018.May.1.jpg

春季講演会では、鯨岡峻先生を講師にお迎えし、「子どもとの接面における保育者の「保育する」営みを考える―子どもの心の動きに目を向けるためにー」というテーマでご講演をいただきました。目には見えない子どもの心を理解するために、計量的手法ではなく、「エピソード記述」という質的手法を紹介した「保育のためのエピソード記述入門」(ミネルヴァ書房、2017)はじめ、近著「関係の中で人は生きる」(ミネルヴァ書房、2016)など多数の研究書を出版されています。

youshin-gakkai.2018.May.2.jpg

鯨岡先生は、保育の中で最も重要な「子どもの心を育てる」ためには、「子どもの姿」「ねらいと保育の内容」「内容の取扱い」を分断して考えるのではなく、子どもの心の動きや葛藤と、それに対応しようとする保育者の心の動きの関係性を切らないで、「いま、この時」の子どもの心の動きを捉えなければならないとお話されました。

子どもの心には常にプラスとマイナスの二つの側面があり、子どもの負の心の動きをできるだけ前向きの動きに転換するためにはどうすればいいのかを、保育者の「養護」と「教育」の働きについて、「竹馬」のエピソードを用いて具体的に教えてくださいました。

エピソードから、「養護」と「教育」の働きはやじろべえのようなバランスの上に成り立っており、子どもの心の動きをその瞬間ごとに捉えながら、それに応じた働きかけをすることが子どもの心を育てる保育だということがよく分かりました。

子どもの思いがつかめた瞬間の、子どもと保育者の「接面」とはどのような場(空間)であるのか、これから実習に出る1,2年生の皆さんには保育現場でつかんできてほしいと思います。

youshin-gakkai.2018.May.3.jpg

ご多用のなか、広島までおいでいただいた鯨岡先生、多数ご来場いただいた幼稚園、保育園、こども園の先生方にも、の場を借りてお礼申し上げます。

  • LINEで送る

幼児教育心理学会/児童教育学会では、京都大学名誉教授・鯨岡峻先生をお迎えし、下記の要領にて春季講演会を開催します。幼稚園、保育園関係のみなさま、同窓生のみなさま、ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。
(入場無料 事前申込不要)

テーマ

子どもとの接面における保育者の「保育する」営みを考える

日時

2018年5月26日(土)14:30~16:00(受付開始 14:00~)

場所

広島女学院大学人文館 303教室(広島市東区牛田東4-13-1)

※駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。アクセスはこちら

お問い合わせ先

広島女学院大学児童教育学科 中村勝美 kodomo☆gaines.hju.ac.jp  ☆を@マークに代えてください

講師主要著書

関係の中で人は生きる(ミネルヴァ書房,2016年)

子どもは育てられて育つ(慶應義塾大学出版会,2011年)

エピソード記述を読む(東京大学出版会,2012年)

保育・主体として育てる営み(ミネルヴァ書房,2010年)

保育のためのエピソード記述入門:共著(ミネルヴァ書房,2007 年)

ひとがひとをわかるということ(ミネルヴァ書房,2006 年) エピソード記述入門(東京大学出版会,2005 年)

<育てられる者>から<育てる者へ>(NHK ブックス,2002 年)

他多数

講演概要

子どもを前にしたとき、保育者はどのように心を動かして子どもと接しているでしょうか。 保育と「保育する」との違いとは何でしょうか。保育内容というとすぐ、何を保育するかというように「何を」に重点がおかれますが、保育の営みを考えるうえでは、むしろ「保育する」保育者がどのように心を動かすのかという動態が重要といえます。本講演ではこうした視点から、保育する営みについて考えます。

  • LINEで送る