人間生活学部 児童教育学科 ニュース

キャリアセンターと連携し、幼稚園教育実習の事後指導で、キャリアカウンセラーの冨田展子講師(本学卒業生)から講義を受けました。

キャリアカウンセラーが授業者と共同で作成した幼稚園教育実習の支援プログラムにもとづき、学生への支援を行っています。

今回は「実習を振り返ろう」をテーマに、「うまくいったことって何だろう?」「苦労したこと、うまくいかなかったことって何だろう?」「幼稚園を考えよう!」「『働く』を考えよう!」「これからの自分の目標を立てよう!」等の事柄を、グループ討議や発表を行いながら学びました。

学生は、「振り返りをすることで、実習に関しての理解が格段に深まりました」、「次年度の実習に積極的に臨みたいという気持ちになりました」と、思いを新たにしていました。

jidou-careercounsceler.1.jpg

jidou-careercounsceler.3.jpg

jidou-careercounsceler.2.jpg

  • LINEで送る
7月21日(土)に行われたサムエル信愛こどもの園の夏祭りに3年生9名がボランティアで参加しました。
jidou-samuel.1.jpg
お楽しみコーナーを担当することになり、図画工作の授業で作成した靴下パペットで園児を迎え、音楽の授業で学んだ「かきごおり」の手遊びをした後、「おばけマンション」のパネルシアターを披露しました。
jidou-samuel.2.jpg
初回は緊張しましたが、2回、3回と回を重ねるごとに、子どもたちや保護者の方と気持ちを通わせながら演じることができるようになりました。
jidou-samuel.3.jpg
公演が終わって見送りをする時に、子どもたちから「楽しかった」と笑顔で伝えてくれました。
jidou-samuel.4.jpg
  • LINEで送る
地域での活動

児童教育学科では、舟入市民病院の小児病棟に入院する子どもたちや高齢者を対象とした季節の行事にボランティアとして参加しています。

7月6日に開催された七夕会では、ハンドベル、ピアノ、クラリネットで星にちなんだ曲を演奏する計画を立て、練習を重ねてきましたが、当日は集中豪雨のため3名の学生が参加できなくなりました。

しかし、入院患者の皆さんのため、予定通り七夕会が開催されるということだったので、市内から通学している学生2名が学科教員の送迎により病院を訪問することとなりました。2名の学生は、夏にちなんだ手あそび歌「蚊の季節」と「かき氷」を元気よく歌い、会場の子どもたちも楽しんでくれました。また、彦星と織姫のマスコットをプレゼントしました。

次はクリスマス会に参加する予定です。

IMG_6725.jpg

IMG_6733.jpg

IMG_6734.jpg

  • LINEで送る