人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

よるのとしょかん

7月29日(土)、今年で3回目となる「よるのとしょかん―ぬいぐるみたちのだいぼうけん」が開催されました。

これは、近隣の子どもたちからお気に入りのぬいぐるみをお預かりし、ぬいぐるみたちが図書館で一晩、お泊り会をするというイベントです。ぬいぐるみたちの冒険の様子をこっそり、写真におさめ、絵本の紹介とともに、子どもたちにアルバムとしてプレゼントします。就学前の幼児に読書や図書館によりいっそう興味を持ってもらうための読書推進活動として、幼児教育心理学科の「子どもふれあいサークル・くれよん」のメンバーとボランティアの学生が取り組んでいます。

暑い中、たくさんの親子が大切なぬいぐるみを連れて、集まってくださいました。まずは、学生による手遊び、読み聞かせ、パネルシアターです。そわそわしていた子どもたちも、読み聞かせが始まると聞き入っていました。

P1011944.jpg

P1011954.jpg

P1011964.jpg

一人、一人、名前を呼ばれた子どもたちが前に出て、ぬいぐるみたちとしばしのお別れです。ちょっと心配そうです。

P1011994.jpg

たけぱんだちゃんの冒険の様子をちょっと覗いてみてみましょう。

「ここが図書館か。大きいな。」

「絵本がいっぱいだ」

「笹の葉しか食べられないぼくのためにお弁当を用意してくれたんだ。ゆうくん、ありがと」

「そろそろ、寝るか」

IMG_6112.jpg

たけぱんだちゃん、すっかり楽しんでいますね。

IMG_6142.jpg

月曜日、ぬいぐるみたちのお迎えに子どもたちが集まりました。手遊びと読み聞かせのあと、一人ひとりにぬいぐるみと手作りのアルバムを手渡しました。さっそく、手にとって真剣に眺める子どもたちです。

P1012019.jpg

P1012036.jpg

P1012046.jpg

P1012055.jpg

その後、ぬいぐるみたちが一夜を過ごした図書館に移動し、図書館のお話を聞きました。参加した保護者からは、「何度も何度もアルバムを見返しています」「ぬいぐるみのことがもっと好きになりました」との言葉をいただきました。イベントを通して、学生も絵本や読み聞かせだけでなく、企画や広報活動、当日の準備や進行、ボランティア学生へ指導など多くのことを経験することができました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

  • LINEで送る

7月21日、今回もたくさんのお子様、保護者様にご参加いただきました。

いろんなおもちゃで遊んで、おしゃべりして、悩みは〝バアバ〟に相談。最後にはいつも〝バアバ〟による絵本の読み聞かせ。お子さんにも、お母さんお父さんにも、楽しくてちょっとほっとできる憩いの空間を目指しています。保育者を目指す学生たちには、地域の親子の皆さんと触れ合う中で、子育ての実際について理解を深め、親子に寄り添う実践力を磨く貴重な時間になっています。

次回、第3回は9月29日開催です。はじめましての方も、ずっとご参加いただいている方も、皆様お気軽にお越しください。たくさんの親子の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。皆様、暑い夏をどうぞ元気にお過ごしください。

◆お申し込み、問い合わせは、メール(kodomo@gaines.hju.ac.jp)にて、本文に参加希望日、お子さんの名前・性別を書いてください。駐車場を利用する場合は、「車利用」とお書き添えください。

  • LINEで送る

7月15日(土)、幼児教育心理学会の2017年度総会及び春季講演会が実施されました。

総会では、2016年度の活動報告、決算、2017年度の新役員と予算が承認されました。
副会長の内田春香さんはじめ、総会をもって引退する3年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。

youshin-gakkai2017.1.jpg

youshin-gakkai2017.2.jpg

続いて、幼心学会の研究会を代表して、「こどものうた研究会」(顧問 森保尚美准教授)が活動報告を行いました。
「パイナポーズ」によるダンスに合わせて、会場に集まった全員がリズムに乗って体を動かしました。

youshin-gakkai2017.4.jpg

春季講演会では、柴田愛子先生を講師にお迎えし、「子どもっておもしろい! 保育はいい仕事」というテーマでご講演をいただきました。柴田先生は、幼稚園を退職したのち、OLを経験されたものの、やはり子どもの魅力がすてられず、再び幼稚園にもどり、その後「りんごの木」という保育の場を自ら立ち上げた保育者です。また、「こどものみかた」、「けんかのきもち」、「わたしのくつ」などの絵本をはじめ、多数の図書も出版されています。

youshin-gakkai2017.5.jpg

柴田先生によると、子どもを「どのように育てるか」というのは大人の視点であって、子どもは「どう育とうとしているのか」と視点を変えてみることが、保育の原点だそうです。それも、子ども全般ではなく、自分の目の前にいるその子どもが、今、どう思っているのか、それを評価するのではなく、何と思っているのか考えること、それが子どもの心により添うことであるといいます。言葉ではうまく伝えられない子どもの思いを、表情や感情表現、身体表現から考え、多分、この子はこう思っているのではないかという一言を子どもに代わって言えたとき、その子の心に添うことができるのです。

保育者になるとき、「これから出会うすべての子どもを好きになる」という覚悟を決めたという先生の言葉は、すべての学生の胸に響いたのではないでしょうか。

youshin-gakkai2017.3.jpg

当日は、幼稚園、保育園、こども園の方々にも多数ご来場いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

  • LINEで送る