人間生活学部 児童教育学科 ニュース

5月26日(土)、幼児教育心理学会の2018年度総会及び春季講演会が実施されました。今年から、児童教育学会が新たに発足し、幼心学会とともに活動することになりました。

総会では、2017年度の活動報告、決算、児童教育学会の規約、2018年度の新役員と予算が承認されました。児童教育学会の新役員には、23名もの1年生が立候補してくれました。

副会長の井手佑美佳さんはじめ、総会をもって引退する3年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。

youshin-gakkai.2018.May.1.jpg

春季講演会では、鯨岡峻先生を講師にお迎えし、「子どもとの接面における保育者の「保育する」営みを考える―子どもの心の動きに目を向けるためにー」というテーマでご講演をいただきました。目には見えない子どもの心を理解するために、計量的手法ではなく、「エピソード記述」という質的手法を紹介した「保育のためのエピソード記述入門」(ミネルヴァ書房、2017)はじめ、近著「関係の中で人は生きる」(ミネルヴァ書房、2016)など多数の研究書を出版されています。

youshin-gakkai.2018.May.2.jpg

鯨岡先生は、保育の中で最も重要な「子どもの心を育てる」ためには、「子どもの姿」「ねらいと保育の内容」「内容の取扱い」を分断して考えるのではなく、子どもの心の動きや葛藤と、それに対応しようとする保育者の心の動きの関係性を切らないで、「いま、この時」の子どもの心の動きを捉えなければならないとお話されました。

子どもの心には常にプラスとマイナスの二つの側面があり、子どもの負の心の動きをできるだけ前向きの動きに転換するためにはどうすればいいのかを、保育者の「養護」と「教育」の働きについて、「竹馬」のエピソードを用いて具体的に教えてくださいました。

エピソードから、「養護」と「教育」の働きはやじろべえのようなバランスの上に成り立っており、子どもの心の動きをその瞬間ごとに捉えながら、それに応じた働きかけをすることが子どもの心を育てる保育だということがよく分かりました。

子どもの思いがつかめた瞬間の、子どもと保育者の「接面」とはどのような場(空間)であるのか、これから実習に出る1,2年生の皆さんには保育現場でつかんできてほしいと思います。

youshin-gakkai.2018.May.3.jpg

ご多用のなか、広島までおいでいただいた鯨岡先生、多数ご来場いただいた幼稚園、保育園、こども園の先生方にも、の場を借りてお礼申し上げます。

  • LINEで送る

5月の第2土曜日に広島市立牛田小学校で実施された「牛田小学校で遊ぼう」にボランティアとして本学科「子どもチャレンジラボ」の「ASOBI研究会」新会員、石本千尋さんと佐伯華鈴さんが参加。2人の感想を掲載します。

私は5月12日に牛田小学校で行われた「小学校で遊ぼう」に参加しました。このボランティアで、私は運動場で遊ぶ子どもたちを見守り、遊ぶ子どもたちの補助を行いました。

私は、この6年間全く小学生と関わることがなかったので、どのように子どもたちと話したら良いのか関わり方が全く分からない状態でした。しかし、実際に子どもたちと話してみるととても素直で、私が話しかけると目を見て返事をしてくれたり、うれしそうに笑ってくれました。そのあとには、一緒に遊ぼうと声をかけてくれて、子どもたちと一緒にドッジボールやジャングル鬼ごっこをして遊びました。ドッジボールは学年関係なくグランドに来た子どもたちを誘ってみんなで楽しく遊びました。

子どもたちは周りがよく見えていて、状況に応じて遊びを工夫していました。

今回は、小学生低学年の子どもが多く、遊んでいるときも移動するときも常に走っていてとても元気があふれていました。私は、子どもたちと一緒に遊んで子どもたちからたくさんの元気をもらいました。子どもたちと一緒に遊ぶ楽しさや子どもたちの考えなど、今まで経験できなかったことを経験することができました。私は次回のこのボランティアにも参加するので、今回の経験を生かして学んでいきたいです。(1年生:石本千尋)

この度5月12日に初めて「牛田小学校で遊ぼう!」に参加させていただきました。

想像以上の子どもの人数で、最初はどうしたらいいのか戸惑っていましたが、一言声をかけると子どもたちは自ら自分のこと、学校や家族のことをたくさん話してくれて嬉しく楽しかったです。中でも逆上がりがもう少しでできるぐらいの1人の女の子に補助をしたり声掛けをして練習していると、近くの別の女の子が地面に絵を書いたり、やってみてくれたりして教えてくれました。何回がするときれいに回ることができました。

今回参加して自分の目の前で「できなかったことができるようになる」という感動を貰えました。また、楽しそうに話す笑顔、一生懸命遊ぶ顔を間近で見ることができ、これから先も子どもたちと関わって行きたいなと思います。(1年生:佐伯華鈴)

  • LINEで送る

5月20日(日)、広島市立尾長小学校校庭・体育館で、「第38回保育まつり」(保育まつり実行委員会)が開催され、地域に住む若いお父さんお母さんとその子どもたちが大集合しました。「遊んで食べて友だちつくろう」のテーマで、親子が身近な素材を使いながらさまざまな遊びを体験・伝承していく、というイベントです。本学からは児童教育学科、幼児教育心理学科の学生が10名参加し、校庭のテントと体育館で遊びの補助をしました。

①屋外会場.jpg

名札に草花を飾り付けて作成するコーナーでは、学生たちが小学校の周辺に咲いている野の花を採集し、それを整理しています。

②野花で名札を作るよ.jpg

隣のテントではミックスジュースの仕込み中。

③ミックスジュース準備OK.jpg

体育館ではいろいろな工作をする机がならんでいます。本学の学生は紙皿に色を塗ってフリスビーを作るコーナーを担当し、親子連れでにぎわっていました。

④フリスビーをつくろう.jpg

地域の保育者やお父さんお母さん方が協力して催される「保育まつり」は、多くの企業や団体が出展・協賛し同日開催される「子育て応援団 すこやか」と趣を異にし、手作り感いっぱいのほんわかとしたイベントです。晴天に恵まれた会場は、子どもたちの歓声や笑い声、時には泣き声でにぎやかで明るい雰囲気に満ちていました。

ボランティア参加した学生の皆さん、お疲れさまでした。

  • LINEで送る