人間生活学部 児童教育学科 ニュース

11月28日(火)キリスト教の時間に、幼児教育心理学科の1年生がゲーンス幼稚園の園児を招き、さんびかや多様な表現を通して「希望」を伝えました。
劇中の登場人物に語りかけ、まっすぐにまなざしを注いでくれる園児に、学生の気持ちも一段と高まりました。

ギターやシロフォンにあわせて感謝を歌います。

youshin-2017kodomosanbika.1guiter.jpg

魚達が協力して、大きな魚になって歌います。

youshin-2017kodomosanbika.2pen.jpg

それぞれの色の価値に気付くくれよん達です。

youshin-2017kodomosanbika.3pen.jpg

空によびかけながら行進曲を歌っています。

youshin-2017kodomosanbika.4animal.jpg

園児のみなさん、ありがとう。

youshin-2017kodomosanbika.end.jpg
  • LINEで送る
12月6日(水)、広陵高等学校教頭 堀正和先生を講師にお迎えして、幼児教育心理学会の秋季講演会「意志ある処に道あり」が開催されました。
堀先生は、昭和60年より広陵高等学校に着任され、平成7年には広島市教育委員会平和教育等海外教育事情視察派遣団員として米国訪問、平成20年度文部科学大臣優秀教員表彰受賞など、広島の教育者としてご活躍されておられるだけでなく、生き方や子育てについての講演活動や、今年30周年を迎える教育サークル「AGLOW」を通して地域の人づくりに貢献されておられます。
講演では、先生のこれまでの人生での出会いと、それによってご自身の生き方がどのように変わったかということが熱い思いとともに語られました。自分のことを諦めず、絶対できると信じ歩み続けること、そしてそれをこれから出会う子どもたちに伝えることの大切さを学びました。
本講演会は、幼心学会役員OGで、広陵高等学校出身の3年生髙山榛奈さんの企画で実現しました。ご多用中、教え子のたっての願いで講演においでくださった堀先生に感謝申し上げます。
youshin-gakkai.2017.autumn1.jpg
youshin-gakkai.2017.autumn2.jpg
  • LINEで送る

幼児教育心理学科・図工ゼミでは昨年に引き続き、今年も学外展覧会を行います(グループ名「つ組。」)。

展示タイトルは「放課後花談」-植物をテーマにしたパネル絵本と雑貨を展示します。
是非、ご来場、応援よろしくお願いします。

展覧会

日時:125日(火)~10日(日)13:00~18:30

会場:抱 le four sous les toits (http://atelier-le-four.blogspot.jp/

住所:中区八丁堀12‐8 401 

連絡先:090‐8609‐5300

youshin-gakugaitenrankai.2017.jpg

(月刊タウン情報ひろしま 12月号 P.97より)

  • LINEで送る