人間生活学部 児童教育学科 ニュース

よるのとしょかん

10月13日(土)、「よるのとしょかん―ぬいぐるみたちの大冒険」が行われました。当初は7月に予定していましたが、豪雨災害のため、10月に延期となっていました。

このイベントでは、近隣の未就学児からお気に入りのぬいぐるみをお預かりし、ぬいぐるみたちが図書館で一晩、お泊り会をします。ぬいぐるみたちの冒険の様子をこっそり、写真におさめ、絵本の紹介とともに、子どもたちにアルバムとしてプレゼントします。就学前の幼児に読書や図書館によりいっそう興味を持ってもらうための読書推進活動として、児童教育学科の「子どもふれあいサークル・くれよん」のメンバーとボランティアの学生が取り組んでいます。

当日は、日時の変更にもかかわらず、11組27名の親子が集まってくれました。まずは、学生による読み聞かせや、パネルシアターです。

jidou-yorunotosyokan2018.1.jpg

ぬいぐるみと一緒に記念撮影。

jidou-yorunotosyokan2018.2.jpg

17日の水曜日に、ぬいぐるみをお迎えに、子どもたちが元気に集まってくれました。早速、アルバムに興味津々。

jidou-yorunotosyokan2018.3.jpg

一人一人、心を込めて作りました。

jidou-yorunotosyokan2018.4.jpg

図書館も探訪しました。

jidou-yorunotosyokan2018.5.jpg

参加してくれた子どもたちは、ますます絵本や読書に興味を持ってくれたようです。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

  • LINEで送る

10月14日(日)に、イベント型森のようちえん活動「森の妖精くらぶ」(広島県こども夢基金活動助成事業)を本学科の学生が企画運営しました。

今回の活動は、妖精のために作るお弁当の材料を森に探しに行くという設定でした。子どもたちは、まつぼっくりやどんぐり、赤や黄に色づいた葉っぱ、赤や紫の木の実を見つけ、お弁当箱に盛り付けました。

jidou-morinoyoutien.oct.1.jpg

森から帰り、お昼を食べた後は、どんぐりすくい、まつぼっくり入れ、ダンボールすべり台で遊びました。

jidou-morinoyoutien.oct.2.jpg

jidou-morinoyoutien.oct.3.jpg

今回は、今年度4回行う活動の3回めでした。参加された子どもたちや保護者の方々との交流も深まってきました

jidou-morinoyoutien.oct.4.jpg

学生からは「子どもたちは、前回に比べると成長していました。短期間でこんなに成長することに驚きました」「自分たちが企画した活動で参加されたみなさんが森で楽しく遊んでいて、嬉しく思いました」「試し遊びをした時、思ったとおりに遊ぶことができず、他の方法を調べたり、作り直しをしました。準備は大変でしたが、参加者の楽しんでいる姿をみて、達成感と充実感を味わいました」などの感想がありました。

  • LINEで送る

秋晴れの9月28日(金)、第3回の広場が開催され、9組19名の親子が参加くださいました。

受付をすませたら、子どもたちは思い思いのおもちゃで遊び、保護者の方はお子さんと一緒に遊んだり、2人のバアバと子育ての話をされました。

今回の企画遊びの時間は、バアバからの親子触れ合い遊びや、学生スタッフの手あそび歌で楽しみました。

学生は、参加されたお子さんと一緒に遊びながら、保護者の方から子育てについてのお話を伺うことができました。

次回は、10月26日(金)に開催の予定です。

参加ご希望の方は、お子さんの名前、年齢、駐車場を利用する場合は「車利用」と書いて、下記メールアドレスまでお申し込みください。
kodomo@gaines.hju.ac.jp

youshin-2018.09.baaba.1.jpg

youshin-2018.09.baaba.3.jpg

youshin-2018.09.baaba.4.jpg

youshin-2018.09.baaba.2.jpg

  • LINEで送る