人文学部 日本文化学科 ニュース

「糸守千年の歴史が刻まれた大切な組み紐」、こう書くと先日、放映された映画「君の名は」を思い出された方も多いことと思います。映画の舞台の「糸守」、その名前そのものが、様々なものを結ぶ組み紐を象徴していました。

組み紐には、千年の歴史があり、今に生きる私たちの文化です。日本最古の歌集「万葉集」にも、紐を結んで、恋の成就や旅の安全等を祈る内容の歌が数多く収められています。

日本文化学科の第1回オープンキャンパスでは、学科の体験コーナーで、来場してくださったみなさんと学生スタッフ、学科教員が、共にこの組み紐作りを楽しみました。

20180617opencampusjlc1.jpg

最初はなかなかうまくできませんでしたが、さすがに若い高校生のみなさんです、短時間の間に、きれいな個性ある組み紐がいくつも完成しました。また、組み紐作りを通した相互の交流もできたように思います。柚木教授による「結び」の日本文化における意味についてのワンポイントレクチャーもあり、「縁結び」、「神と人との結び」といった例を挙げながらのお話を通して言葉に刻まれた文化に関心を持っていただけたのではと思います。また、「組み紐作りをしながら、先輩や先生といろいろ話せたのがよかった。学科のこともよくわかった」という参加者してくださった高校生のみなさんからの感想もいただきました。日本文化学科では、このようなアクティブで対話的な、生活に根ざした学びを大切にしています。

20180617opencampusjlc2.jpg

最初の足立学科長による学科説明でも、この「日本文化を理解し、世界に発信する力を養う」学びを、「社会とつながる言葉の力を高める学び」、「一年次から始まるキャリア形成のための学び」とともに、日本文化学科の3つの特色ある学びとしてお示ししました。

20180617opencampusjlc3.jpg

日本に来られた外国の方に組み紐作りを教え、一緒に作業を楽しみながら日本人の心を伝えられたら素敵だと思いませんか。学科独自の授業「日本を伝える英語」もきっとそのために役立つことと思います。

お忙しい中、また、真夏のような暑さの中、キャンパスに足をお運びくださった皆様、本当にありがとうございました。

第2回オープンキャンパスでは、学生たちが、安芸太田町の花田植に参加した体験をたくさんの写真を見ていただきながらお話しします、次回は7月8日(日)の開催です。ぜひお越しください。

  • LINEで送る

1年生前期科目の「初年次セミナー」では、講義の聞き方、ノートの取り方、テキストの読み方、レポートの書き方、プレゼンテーションといったアカデミックスキルを学びます。

先週からプレゼンテーションの仕方についての勉強が始まり、今週は、来週行うプレゼンのためのレジュメづくりやリハーサルを行いました。

2018firstyearseminar1.jpg

プレゼンのテーマは、「歴史資料館の展示物」「歴史資料館の建築構造」「広島女学院大学と関わりのある人物」「被ばくバイオリン」の4つです。

4グループに分かれ、それぞれ異なるテーマについて発表する予定です。到達目標は「魅力を伝える」です。

作業が速いグループは、教室の外に出て、青空の下、時間をはかりながら、発表内容を声に出してリハーサルを行いました。

2018firstyearseminar2.jpg

  • LINEで送る

5月20日(日)に安芸太田町で行われた殿賀花田植に、国際教養学科の2年生に加え、日本文化学科と生活デザイン学科の1年生が参加しました。15名の参加者のうち11名が早乙女の衣装を身に纏って田楽を踊り、実際に田の中に入って伝統的な田植を行いました。

到着するとまず、着付けです。「早乙女の衣装の着付けをしてくださったベテランの方々はとても優しく」、学生たちにとって「着付けの際の会話も楽しかった」ようです。

2018hanadaue0.jpg

田楽は、着付けの後、二、三十分ほどの練習で本番を迎えます。

2018hanadaue1.jpg

地元の方々に混じって踊る田楽の時間は、緊張感で一杯だったという声が返ってきました。でもそこは持ち前の度胸を発揮した学生たち、「横目で隣の方の動作を確認しながら一生懸命真似をして舞い」、「短い時間の中でしっかり花田植の踊りを指導してくださったり、踊っているときも声をかけてくださったりしていただいたおかげで、大きな失敗もなく踊りきることができ」たとのことです。

2018hanadaue2.jpg

また、かがんだ状態での所作が思いの外きつく、「次の日は筋肉痛になりました」という声も聞かれました。けれど、精一杯舞った後、一緒に舞ったご婦人から、「よくできていたね」とお声をかけていただけたことは、「とても嬉しかった」そうです。

田植には、安芸太田町に民泊していた大阪の中学生たちも一緒に参加し、はじめて田んぼに入った中学生たちの歓声が響く、昨年とはまた違った雰囲気の花田植になりました。

2018hanadaue3.jpg

2018hanadaue4.jpg

田植がはじめての学生たちも、経験のある学生たちも、伝統に則った華やかな田植を晴天の下で楽しめたようです。「早乙女さんの衣装を着たまま田んぼに入ったので、うまく手足を動かせないので苦労しましたが、苗を何度も植える度にコツをつかむことができました」、「久しぶりに体感する泥の柔らかさや張った水の体温より幾分温かい感触、水田独特の動きづらさが懐かしかった」等の感想からも、花田植に参加することの楽しさや意味が伝わってくるようです。

2018hanadaue5.jpg

今回、見学での参加となった学生たちからも、「みんな楽しそうにやっていて、私もやってみたくなりました。来年は早乙女の衣装を着て、地域の方々と一緒に田楽や田植をしてみたいです」という声が届いています。

午後は、舞台発表の中に広島女学院大学の時間を組み込んでいただき、安芸太田町の花田植にまつわる民話「ヒル神さん」を朗読し、学校紹介をしました。朗読に取り組んだ学生は、「事前に6人で練習したかいがありました。このような行事で朗読ができるなんて思ってもみなかったため緊張しながらも、とても楽しく読むことができました。私たちが朗読中に聞き手の方々に問いかけると、大きな拍手が送られてきて、伝わっているんだということを実感しました。ステージ発表を終えた後、「ありがとう、お疲れ様!」とお声をかけていただき、「こちらこそありがとうございました」と笑顔で応えられたことを嬉しく思います」と発表を振り返っています。

2018hanadaue6.jpg

国際教養学会主催の花田植も2年目を迎えましたが、新学科の1年生の参加が多数あったことで、国際教養学科の地域連携プログラムをいい形で新学科に継承できつつあるように感じています。秋にも、安芸太田町のみなさんのご厚意で、神楽と流鏑馬を見に行く予定です。こちらにも多くの参加者があることを期待しています。

  • LINEで送る