人文学部 日本文化学科 ニュース

(※国際教養学科の国語系メジャーでの取り組みを紹介しています。)

日本語検定対策講座は、日本語検定委員会が主催する日本語検定3級及び2級を受検する学生を対象に、合格に向けて支援するため、国際教養学科日本語学分野、日本文学分野、国語教育分野の5名の教員が年2回の検定実施日に合わせ、計6回行っています。2016年度第1回日本語検定対策講座は、次のようなプログラムで行われました。

第1回:5月6日「過去問の模擬テスト3級」
第2回:5月13日「過去問の模擬テスト2級」
第3回:5月20日「単語の意味関係・慣用句」
第4回:5月27日「文法」
第5回:6月3日「敬語」
第6回:6月10日「漢字の使い分け・送り仮名・仮名遣い・四字熟」

nihongokentei-thumb.jpg

日本語検定は、日本語の運用能力を多角的な観点から測るために実施されているもので、多くの学校や企業で受検を勧めています。

本学でも日本語運用能力に長けた国語科教員を輩出したいという考えから、日本語検定の受検を、教員免許取得のための必須要件としています。

  • LINEで送る

(※国際教養学科の国語系メジャーでの取り組みを紹介しています。)

毎週、専門教員の指導のもと、教員採用試験に向けた、漢文の勉強会を行っています。

この会は、教員を目指す学生たちが自主的に勉強する会で、教員はそれを手助けし、時にアドバイスするという姿勢で臨んでいます。学生たちは、毎回、予習してくることはもちろん、疑問点を持ち寄り、お互い話し合いながら、解決していきます。ただ単に、漢文の問題を解くだけではなく、教える立場に立って、互いに授業形式で教え合っています。

漢文の楽しさ、奥深さを、少しずつですが実感してきているようです。

kanbun-thumb.jpg

  • LINEで送る
  • 1
  • 2