国際教養学部 国際教養学科 ニュース

英語系アーカイブ

2016年2月12、13日の2日間に渡り、国際教養学会2015年度最後のイベントであるITCを行いました。ITCとはIntensive Training Course of Englishの略で、2日間すべての活動を英語で行う、という内容です。活動は人文館や、アイリスインターナショナルハウスで行い、そこで宿泊もしました。参加者はTA(teaching assistant)と英語教育メジャーの関谷先生を含み、全体で10人でした。参加者の皆さんは、日本語を話してはならない、というルールをしっかりと守っていました。最初は緊張して口数も少なかったですが、13日の解散式のころには笑顔であふれていました。

itc.jpgitc2.jpg

12日の活動内容は、アイスブレイク、活動のテーマソングを聞いて文字に起こしていくsong transcription、昼休憩は映画を見ながらご飯を食べ、それからword game、Timothy先生との活動、そしてメインであるスキット作成をしました。スキットでは各グループ、お題に沿って劇を一から作成しました。テーマはpure love(純愛)とlove affair(浮気)、両チームともアイデアを出し合い、どうしたらおもしろくなるか、セリフはどうするかなど考えつつ劇作成をしました。晩ご飯のあとの発表はお互いのスキットを見て参加者全員笑いにつつまれて終了しました。

itc3.jpgitc4.jpg

13日の朝、目が覚めた時からも英語です。英語であいさつを終え、最初の活動としてシャドーイングを行いました。何度も聞き、スクリプトを完成させている皆さんの顔はとても真剣で素晴らしいものでした。そして2日間の総仕上げの意味も込め、各自スピーチを作成しました。行きたい国、将来の夢、最近の出来事などお題はさまざまで、楽しみながら発表を終えました。最後は英語から日本語へ切り替えのカウントダウンをし、2015年度ITCを無事終了しました。2日間しっかりと英語に触れ、英語で自分の考えを伝えてきた参加者たちはまだ英語モードが続いており、日本語と英語を交えた2ヶ国語での昼食会を楽しみました。

今回、初めてITC活動の開催を試みました。アンケート結果によると、とても満足、と答えた参加者が80%でした。また、英語に対して改めて感じた事、もっと勉強しようと思った、日本語のすばらしさを改めて見直した、留学ではないけれどそういう気分になれて楽しかった、など主催者側にとってうれしい意見を多くいただくことができました。

これからも学生の皆さんにさまざまなイベントを提供していく予定なのでぜひご参加ください。 

itc5.jpgitc6.jpg

  • LINEで送る