人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域

11月23日、広島市植物公園にて日本建築学会中国支部主催2016年度親と子の建築講座「植物図鑑を作ろう」を開催しました。都市空間を建築と共に構成する身近な樹木に関する理解を深め、関心を高めていただくことを目的としたイベントです。
小学生の皆様が楽しんで取り組んでもらえるよう、本学の建築士課程の学生達が当日使用するマップや図鑑シール、サインの作成を行いました。現地調査や樹木に関する専門的な学修を踏まえ、イラストレーター等のグラフィックソフトを使用して作成したものです。

seikatsu81_1.jpgseikatsu81_2.jpg

学生が作成した資料(左)とチームメンバー達

当日は天候にも恵まれ、合計43名の方に参加頂きました。
講座ではまず、落ち葉を収集するエリアのマップに樹木のシールを貼って、樹木マップを完成させます。その後、植物公園内で樹木マップとサインを手がかりに落ち葉を収集しました。収集した落ち葉を自由にレイアウトしてラミネートし、葉を見分けながら図鑑シールを貼ると、オリジナル図鑑が完成です。

seikatsu82.jpg当日の様子

完成した図鑑の例完成した図鑑の例

ご参加頂いた皆様には、それぞれ素敵な図鑑を完成して頂けたのではないかと思います。普段の生活でも、身の回りの樹木に興味を持っていただけると嬉しく思います。
本講座の開催に当たっては、企画段階からご指導頂いた本学非常勤講師の新畑朋子先生、仙石里恵先生、共催頂いた植物公園の皆様にも大変お世話になりました。ありがとうございました。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

広島のインテリアデザイン系の関連企業、大学が参加して行われる毎年恒例のイベント「広島デザインデイズ 2016」において、学生対象コンペ_デザインリーグが行われ、生活デザイン・建築学科3年生の新田さつきさんが、デザインリーグ優秀賞を受賞しました。昨年に引き続き、2年連続入賞を果たしたことになります。

seikatu_89_2.jpg

作品名:「コミュニティセンター」
審査委員長:長谷川 演(株式会社アトリエテンマ代表取締役)

seikatu_90_1.jpgseikatu_90_2.jpg

このコンペは、大学・専門学校の建築・インテリア系の授業の課題作品を提出して競うコンペで、昨年から開催されています。今年は2名が優秀賞として表彰され、他に学生対象実施コンペ2名、一般対象実施作品コンペの入賞者2名も同時に表彰され、盛大な表彰式となりました。

新田さんの作品は、3年春学期の「住居・建築設計実習Ⅳ」のコミュニティセンターの課題作品で、空間が新しいと評価されました。

seikatu_87_2.jpgseikatu_87_3.jpg

生活デザイン・建築学科の住居・建築設計実習の内容の充実、課題作品のレベルの高さが今年も認められたことになります。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

建築士課程3年生・4年生(「建築材料実験」受講者)が、安佐南区の生コンクリート製造工場へ見学に行きました。今回見学させていただいた「まるせ佐東工場」は2014年広島市土砂災害地域の近くにあり、その復興にも大きく貢献されている企業です。生コンクリートの製造工程、品質管理まで幅広く学ぶことができました。
普段は見ることのできない生コンクリート製造工場に行き、建築におけるコンクリートの重要性を肌で感じることができ、貴重な体験となりました。

seide-kenchiku-200.jpg
  • LINEで送る