人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

生活デザイン学科では専門的な内容を深く学ぶことも、生活に関わる多様なデザインや教養を広く学ぶこともできます。そのため、就職先も様々です。今回は在学生に人気の職業のブライダルコーディネーターについた卒業生*を紹介します。

自分に自信を持って、信頼を得るために

ブライダルコーディネーター 中田 美優樹さん 2011年3月卒業

OG001_seide.jpgQ.仕事内容について教えてください。

A.ホテルでブライダルコーディネーターをしています。挙式・披露宴をされるお客様へ、衣装、料理、会場のコーディネートや招待状のデザインなどトータルに提案し、当日までサポートする仕事です。

Q.大切にしていることは?

A.自信=自分の考えに固執するということではなく、いつまでも成長し続けたいという姿勢で、日々、何事にも取り組むとよいと思います。

Q.スキルアップのために努力していることは?

A.ブライダルの知識や経験がない状態で就職したので、周りをよく見て、先輩の真似をしてきました。現場を学ぶにはそれが一番だと考えています。

Q.やりがいを感じるのはどんなとき?

A.一組のお客様と関わる3ヶ月という短い期間で、当日お客様からありがとう、と言われることが一番のやりがいだと感じます。

Q.つまずいたときの克服方法は?

A.経験や知識が足りないことによるつまずきは1人ではどうしようもないので、アドバイスをもらって実行に移します。

Q.今後の目標を教えてください。

A.今は入社当時希望していたブライダル部門に所属していますが、以前はレストラン部門でした。今後、別の仕事に移っても、自分らしいおもてなしや表現をしていきたいと思います。

Q.後輩たちにメッセージ

A.ブライダル業界は時間や予算をきちんとコントロールしなければ、当日を無事に迎えることができません。まずは自分の生活をきちんとコントロールできる力を身に付けておいてください。自分が何にどれくらいかかるのか、かけるのかということを自覚できることが大切だと思います。

OG003_seide.jpgOG002_seide.jpg

*中田さんは生活デザイン・情報学科の卒業生です。以上の内容は生活デザイン学科チラシ「学びとお仕事ガイド2021」に掲載されているものです。

中田さんは在学中被服・ファッションデザイン領域を中心に学び、ファッションショーに出演したり、吹奏楽サークルで活躍したりしていました。

色々なことにチャレンジすることで、現在のお仕事への姿勢や考え方を身に付けたのかもしれませんね。

中田さんらしいステキなおもてなしができるよう、これからも頑張ってください!

  • LINEで送る
生活プロデュース領域

先日の授業紹介に引き続き、在学生からもこれから本学科で学ぶ皆さん、また本学科に興味のある高校生の皆さんに、授業紹介のメッセージが届きました。

こんにちは、生活デザイン学科2年、N.Mです。生活デザイン学会で学会誌編集を担当しています。

私がおすすめする授業は「プレゼンテーション概論(1年後期)」です。

授業内容は、最終課題にプレゼンテーションがあり、それに向けての練習や必要な知識、補足知識を学習します。

私はこの授業を受けたことで自信を付けることができました。私は人前に立つことが苦手です。人前に立つことが嫌いで自分から遠ざけ、自分はそういったことができないと思い込んでいました。

ですが、最終課題のプレゼンテーションを終えて、自分に甘いと思われるかもしれませんが「やればできるじゃん!自分!」となりました。実際にやってみないと自分は何ができて何ができないのか分かりません。

私はこの「プレゼンテーション概論」で自分の可能性を知ることができたので、知りたい方は挑戦してみてください!きっと良い経験となります。

N.Mさん、紹介ありがとうございました。

この授業は学内では本学科だけが取れる「プレゼンテーション実務士」「ビジネス実務士」の資格科目でもあります。どんな職業に就く場合でも、人に何かを伝える能力は必要ですね。概論とありますが、アクティブラーニングを取り入れているので、実践力が付いたと思います。

プレゼンテーション.jpg
(ビジネス実習室という特別教室で授業することもあります)

これをきっかけにN.Mさんがますます活躍できるよう、学科もサポートしていきたいと思います。

  • LINEで送る
生活プロデュース領域

広島女学院同窓会から依頼があり、本学科学生が考案したクリアファイルが同窓会グッズとして販売されています。

クリアファイル①.jpg(両A面のユニバーサルデザインです。)

学生は、授業「画像デザイン演習」において、illustratorという画像ソフトを用い、一から広島女学院をイメージしたデザインに取り組みました。初代校長ゲーンス先生がお好きだったあやめをモチーフにしたものや、チャペルを飾るステンドグラスをイメージしたものなどいろいろなデザインが生み出されました。

授業履修者26名のうち、同窓会の審査により2年生3名のデザインが選ばれ、A4サイズ2種類、A5サイズ1種類の合計3種類が実用化されました。

なお、2017年度にも同様の依頼があり、A4サイズ2種類が発売し、完売しました。

広島女学院同窓会HPでも紹介されているので、どうぞご覧ください。

(なお、リンク先の同窓会グッズの画像は2017年度に発売されたクリアファイルです。)

クリアファイル②.jpg

  • LINEで送る