人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

2019年9月2日~13日の12日間の日程で生活デザイン学科の国内フィールドワークを実施しました。

旅のテーマは「日光と徳川ゆかりの文化遺産」。

「東照宮」をキーワードに名古屋・久能山・上野の東照宮と、日光の世界遺産2社1寺ほか文化遺産を訪ね、歴史・美術・建築について実地に学ぶとともに、日光街道などを実際に歩き、前近代の旅を体感しました。

その様子を7回にわけて、紹介します。

5・6日目 宇都宮~日光街道

9月6日(金)

午前は、宇都宮で宇都宮城址の晴明館の歴史展示室、宇都宮二荒山神社、大谷(おおや)資料館を見学し、午後は日光街道徳次郎宿付近の散策をしました。

晴明館には、宇都宮城と城下町の出土品やミニチュア模型、歴史年表などがあり、当時の様子を見ることができました。城址はほぼ市街地に飲み込まれて、一部、復元のような新たな創作のような櫓が建てられていました。

宇都宮二荒山神社は豊城入彦命を祀った神社です。大きな鳥居とそこから続く男坂が印象的です。境内は神門、本殿、拝殿、神楽殿、明神の井があります。神門から拝殿までも広く、神社を見渡すことができたのが良かったです。

20190906glocalfieldwork-day5-1.jpg

20190906glocalfieldwork-day5-2.jpg

大谷資料館では地下採掘場跡に入り、大谷石の採掘現場として使われた様子を間近に見ました。

20190906glocalfieldwork-day5-3.jpg

広さは約2万平方m、深さは平均30m、最深の部分は地下60mであり、平均気温は8度前後の幻想的な空間でした。天井に穴が空いている箇所が所々にあり、暗い洞窟の中に日光が入ってくるところなどは特に神秘的でした。江戸時代中期から1959年頃まで手掘りで採掘が行われており、資料館でその当時の道具や服装を見た後での見学だったため、その作業の苦労がより分かり感動しました。

20190906glocalfieldwork-day5-4.jpg

1959年からは採掘の機械化が始まり、実際に石に機械の跡が見られました。採掘された大谷石は近代建築三大巨匠のひとりフランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテルの建材に利用したことで有名です。

日光街道では街道沿いにある智賀都神社を見学しましたが、ここは事前学修で読んだフランス人エミール・ギメによる『明治日本散策 東京・日光』で1876年にギメが立ち寄ったかもしれない神社です。

20190906glocalfieldwork-day5-5.jpg

日光街道にはところどころ杉並木が見られ、江戸と日光の間を将軍や大名が参拝のために往復した当時の街道の様子を体感することができました。

(4年 中島 咲子)

9月7日(土)

今日は日光街道で日光の一つ手前の宿場町、今市と日光だいや川公園・だいや体験館へ行きました。

東武線で上今市まで乗って、そこからかつての日光街道のおもかげを残す日光杉並木街道に出ましたが、全37kmにわたって、断続的に遊歩道のように整備されています。道の両側にそびえ立つ杉並木は徳川家康の忠巨松平正綱が20年あまりの歳月をかけて植えたものだそうで、樹齢は約370年から380年と言われているそうです。

20190907glocalfiledwork-day6-3.jpg

杉並木街道の保護と地域の文化を伝承するために整備されたという杉並木公園の遊歩道をしばらく日光方面に向かって歩きましたが、途中、江戸時代の名主屋敷や報徳仕法農家(レプリカ)が建てられていました。そこから大谷川(だいやがわ)沿いのだいや川公園に寄ったのち、ふたたび杉並木に出て、江戸方面に下今市に向かって散策しました。

20190907glocalfiledwork-day6-4.jpg

なお、報徳仕法農家の二宮尊徳は、薪を背負って本を読む二宮金次郎像で有名ですが、小田原市栢山村の農家に生まれ、幼いころに父母と死別するも、くじけることなく懸命に働き、23才で家の再興を成し遂げた人物です。のちに、幕府の役人となり、日光御神領の復興に力を尽くし、今市の報徳役所にて70歳の生涯を閉じたそうで、日光ゆかりの人だったと初めて知りました。

日光だいや川公園では園内のだいや体験館に行きました。ここには日光東照宮の精巧な模型があり、1923年から6年間をかけて制作された10分の1模型の傑作と呼ばれているそうです。

20190907glocalfiledwork-day6-1.jpg

陽明門をはじめとする建造物、眠り猫や本殿内の彫刻品など、構造はもちろん装飾や絵画にいたるまで実物をできる限り再現した精密な工芸作品で、体育館のような建物に実際の配置どおりに並べられて、その間を歩いて見て回ることができます。

20190907glocalfiledwork-day6-2.jpg

先生も、せっかくだから寄ってみようとあまり期待していない様子でしたが、行って観ると想像以上に見ごたえがありました。もっと宣伝したらいいのにとちょっと惜しく思いました。

明後日、実際に東照宮などを観に行きますが、そのまえに建物の概要を見られたのもよかったと思います。

(4年 伊勢田 麻有)

バックナンバー

③4日目 群馬世良田~足利~栃木

次の記事

⑤7・8日目 日光

  • LINEで送る

2019年9月2日~13日の12日間の日程で生活デザイン学科の国内フィールドワークを実施しました。

旅のテーマは「日光と徳川ゆかりの文化遺産」。

「東照宮」をキーワードに名古屋・久能山・上野の東照宮と、日光の世界遺産2社1寺ほか文化遺産を訪ね、歴史・美術・建築について実地に学ぶとともに、日光街道などを実際に歩き、前近代の旅を体感しました。

その様子を7回にわけて、紹介します。

4日目 群馬世良田~足利~栃木

9月5日(木)

今日は小山のホテルから足利経由で群馬世良田に行き、帰りに栃木市内に行きました。足利での乗り換えの際には渡良瀬川沿いを歩き、旧足利模範撚糸工場(現在はスポーツクラブに転用)の古い建築を見ました。

世良田ではレンタル自転車で世良田東照宮と新田荘歴史資料館に行きました。

世良田東照宮は、江戸時代初期に3代将軍徳川家光が日光東照宮を当初の簡素なものから、現在の豪華絢爛なものに建て替えた際、古い建物の一部を移築したものだそうです。家康が新田義貞などの新田氏の子孫を名乗っていたためここに東照宮があるとのことでした。

20190905glocalfieldwork-day4.jpg

20190905glocalfieldwork-day4-9.jpg

今回のフィールドワークで4つ目(事前学修の広島東照宮も入れて)の東照宮です。先生は直前に、愛知の岡﨑と静岡浜松の東照宮にも行ったそうなので、6つ目です。

足利に戻って昼食をとり、ここでもレンタル自転車を借りて、次に向かったのが、昨日ニコライ堂で神父様の奥様から伺った足利ハリストス正教会です。ここの神父様は兼任だそうで、中にある山下りんのイコンは観られませんでした。

そこから足利中心部を目指し、八雲神社と足利織姫神社に立ち寄りました。織姫神社にはごく新しいものですが、7色に塗り分けられた鳥居が立ち、それぞれの鳥居の色に意味があるそうで、説明を読みながら石段を登りました。

20190905glocalfieldwork-day4-6.jpg

階段は多かったですが、登り切るととても見晴らしが良かったです。鑁阿寺(ばんなじ)では、国宝の本堂や栃木県指定の多宝塔と御霊屋など見ることができました。多宝塔の側には天然記念物の大銀杏がありとても大きく迫力がありました。

20190905glocalfieldwork-day4-3.jpg

日本最古の学校、史跡足利学校では湯島聖堂と同じく孔子をまつった聖廟という建造物は修復中のため見ることができず残念でしたが、方丈と呼ばれる学生が勉強をするための建物が復元され、入ることができたのでよかったです。最近日本遺産にも認定されました

20190905glocalfieldwork-day4-7.jpg

最後に足利から電車で栃木市に向かいました。

栃木市には古くからの蔵が残っており、昔からの建物や橋が残っておりその景観に合わせコンビニやカフェがデザインされていていることが分かりました。

20190905glocalfieldwork-day4-8.jpg

移動が多かったですが、その分より広域で文化財を見ることができたので良かったです。

(2年 児玉 唯)

バックナンバー

②3日目 東京

次の記事

④5・6日目 宇都宮~日光街道

  • LINEで送る

2019年9月2日~13日の12日間の日程で生活デザイン学科の国内フィールドワークを実施しました。

旅のテーマは「日光と徳川ゆかりの文化遺産」。

「東照宮」をキーワードに名古屋・久能山・上野の東照宮と、日光の世界遺産2社1寺ほか文化遺産を訪ね、歴史・美術・建築について実地に学ぶとともに、日光街道などを実際に歩き、前近代の旅を体感しました。

その様子を7回にわけて、紹介します。

3日目 東京

9月4日(水)

本日は東京で研修の後、栃木県に入ります。

ホテルは東京大学に近い本郷でしたが、まずそこから近い湯島聖堂を訪れました。ここは学問を司る神として孔子が祭られていて、幕府の学問所昌平黌(しょうへいこう)の跡です。現在は斯文会という儒教の公益財団が管理しています。

20190904glocalfieldwork-day3-1.jpg

明治時代には、この湯島聖堂を使って、日本で最初の博覧会を開催したそうです。博物館の起源にもなっている場所です。

次に、聖堂の脇にかかる橋「聖橋」を渡ってニコライ堂へ赴きました。

20190904glocalfieldwork-day3-2.jpg

ロシア正教の聖堂であり、正式には東京復活大聖堂と言います。

大きなドームを持つビザンティン式の建物で、1891年に建てられたあと、関東大震災で被害を受け、その後修復されたものだそうです。

内部にはステンドグラスや宗教画が多くあります。私たちが訪れた9月は、聖母マリアのイメージカラーである青色を基調とした布が使われていました。柱は彩飾の細かいコリント式にみえました。

神父様に案内していただきましたが、中央のイコンには、天使ミカエル、マリアとイエス・キリスト、天使ガブリエルが描かれています。これは日本人が描いたものだそうです。イコンを描ける人は現在、日本に5人しかいないとのことです。つまり、その他は輸入された聖画で古いものもあります。この教会の聖歌には伴奏がなく、ひとの声だけだそうです。

その後、日本道路原標のある日本橋で記念写真を撮り、貨幣博物館へと向かいました。

20190904glocalfieldwork-day3-3.jpg

館内を観覧後、徒歩で日光街道を浅草に向かいます。

昼食にはどじょう鍋が有名な「駒形どぜう」でどじょう鍋を食べました。

20190904glocalfieldwork-day3-4.jpg

1801年の創業で、駒形橋からとって「駒形どぜう」と名付けられ、食事をした1階の入れ込み席は江戸時代の雰囲気でした。

20190904glocalfieldwork-day3-5.jpg

昼食後は、再び日光街道を歩き、南千住駅から電車に乗り、栃木県小山市に移動です。

(4年 渡邉 菜穂)

バックナンバー

①1・2日目 名古屋・静岡

次の記事

③4日目 群馬世良田~足利~栃木

  • LINEで送る