人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

前回の学科ニュースに引き続き、「地域環境実習」の授業について、受講生が紹介してくれました。

本学科では、SDGs(持続可能な開発目標)に関わる科目がいくつがあります。授業での体験を通して、自らの意識・行動を変容させ、それを「伝える力」にしていきます。

今回紹介した活動の様子は YouTube でも紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。


2020年度は、「大久野島」とともに「北広島町豊平地区」にもフィールドワークで訪れました。

北広島町豊平地区のフィールドワークのテーマは、「地域の資源から地域の未来を考える」です。北広島町では、地域の人々から歴史や伝統、地域の良さや課題について実際にお話を伺い、地域課題の克服について何が必要かを考えました。

今回のフィールドワークでは、特別非営利活動法人「ひろしま自然学校」の方々にお手伝いいただき、地域の人々の声を聞きました。

seide-kankyo9.jpg

豊平地区の歴史や伝統、地域の取り組みに深い知見をお持ちの方々にご協力いただき、豊平地区の移り変わりや現在も引き継がれている伝統、地域で起きている問題についてお話を伺いました。高齢化や過疎化などが生じている中でも、新しい人の流れや地域に住む人たちの郷土愛を知ることができ、これからの豊平地区を考える上でのヒントをいただきました。

seide-kankyo10.jpg

実際に新しく取り組みが行われている地域にも訪れて、お話を聞く機会もありました。過疎化が進む中、新しい人々が移り住んでくる地域で、新たな地域の流れも教えていただきました。

seide-kankyo11.jpg

北広島町では、地域を住みよく元気にする試みが、地域の人々の手で行われています。また、地域の環境や伝統を継承するために、新しい試みも行われています。その試みのひとつに、町内で取れる茅(カヤ)を地域通貨「せどやま券」に換える活動があります。実際に活動へ参加されている方にお話を伺い、地域の環境や伝統を守るだけでなく、地域の経済を活性化することも必要であることも学びました。

seide-kankyo12.jpg

今回の調査で、地域の人々が実際に地域の取り組みの中で行なっている活動をお聞きすることができました。これらの情報をもとに、各自がこれからの豊平地区について考えた提案を地域の人々に届けました。

今後もこうした活動に参加できるように、学びを深めていきたいと思います。


学内の授業では同年代の人とのかかわりが多いですが、学外に出るとたくさんの社会人の方とも関わることになります。

その中で、知りたいと「伝える」こと、知りたいことを「伝える」現場に行くこと、そして、学んだことを「伝える」ことを実践的に学ぶ機会となったようですね。

これからも皆さんの色々な活動を学科では応援していきます。

  • LINEで送る

在学生による授業紹介のメッセージが届きました。

本学科ではSDGs(持続可能な開発目標)に関わる科目がいくつかあります。自らの意識・行動を変容させるために、様々な体験を学生たちがしています。今回は2回にわたって「地域環境実習」の授業を受講生が紹介してくれました。

「地域環境実習」では、広島県内の地域に目を向けて、実際にその場所を訪問し、地域のものや場所、人との触れ合いを通して、地域の特色や課題を学んでいます。

2020年度は、竹原市忠海町の「大久野島」を訪れました。大久野島は、「うさぎの島」として、広島県内だけでなく日本全国でも有名な島です。

今回のフィールドワークのテーマは「地域の観光を持続可能にするには何が必要か」を考えることです。「SDGs」の広がりで聞きなれた言葉になった「持続可能な」という視点で、観光や地域について考えます。

グループに分かれて、竹原市や大久野島について事前に情報を集め、調査の目標を設定してフィールドワークに出かけました。

seide-kankyo1.jpg

天気は快晴、格好のフィールド調査日和の中、それぞれの視点で設定した目標をもとに、半日かけて大久野島の調査を行いました。

seide-kankyo2.jpg

大久野島は、近年「うさぎの島」として有名になっていますが、第二次大戦中、毒ガスを製造した「地図から消えた島」としても有名です。島々に残る戦争遺構の状況についても調べました。

seide-kankyo3.jpg

歴史的な遺構であるため、放置をすれば年々劣化が進んできます。しかし、手を加えすぎると過去を伝える遺構として価値は失われます。また、こうした価値を人々に伝える人も現在少なくなりつつあります。

seide-kankyo4.jpg

現在、多くの観光客はうさぎと触れ合うためにこの島を訪れています。今回の調査でもたくさんのうさぎに出会いました。しかし、増えすぎるうさぎや放置された餌、観光客の使用する自転車の交通など、観光面で様々な問題があることに気づきました。

seide-kankyo5.jpg

大久野島は、瀬戸内海国立公園に含まれ、自然を守り、親しむ場所として保護されています。うさぎはそんな島から見ると外来動物。島の自然にも大きな影響を与えています。でも、うさぎのおかげで観光客が訪れてくれます。地域を考える上では、とても複雑な存在となっています。

seide-kankyo6.jpg

実際にフィールドワークで訪問したことにより、観光地としての大久野島の良い面だけでなく、将来への課題となっている事柄も学びとることができました。

seide-kankyo7.jpg<↑↑写真をクリックすると、調査の様子の動画が見られます!※音声注意>

フィールドワークで得た情報をもとに、グループで大久野島の「持続可能な観光」について考えました。それぞれの着眼点で現在の問題点を設定し、未来のための大久野島についてプレゼンテーションを行い、意見交換を行いました。

seide-kankyo8.jpg

フィールドワークには、実施に訪れるからこそ、わかる事柄、生きた情報がたくさんあります。そして何よるも、訪れたからこそ、その地域に対して愛着や興味も高まります。今後も様々な場所に実際に訪れて「見る・感じる・考える」学びを展開していきたいです。

現場に行き、その地域の環境や風土に触れることで、色々な視点で物事を考えられるようになりましたね。大久野島での記念写真をクリックしてもらうと、この授業についてと後日報告する北広島町で行った実習についての動画が見られますので、ぜひご覧ください。

  • LINEで送る

生活デザイン学科では2019年度生活デザイン学会秋季講演会でご講演いただいた「一般社団法人ひろしまきもの遊び」澤井律子さんとのご縁から、これまでに色々と課外活動をおこなってきました。

そんな課外活動のひとつに、縮景園にておこなわれる「にわかふぇ」のお手伝いがあります。「にわかふぇ」は紅葉や梅、桜の季節に設営される、和のスイーツ・ドリンクを楽しみながら縮景園の自然を愛でることができる屋外型の和喫茶スペースです。

そちらの接客と和文化空間の創造のお手伝いを本学学生が担っています。

今年も桜の開花に合わせて「にわかふぇ」が企画され、学生がキモノを着ておもてなしをしました。

niwa-cafe②.jpg

この催しはファッションや生活文化、地域のデザインを学ぶ学生たちに特に人気の催しです。

お手伝いをしながら、大学で学んだ知識や技術を実践したり、これからのキモノ文化や日本の伝統、地域振興を考えたりするよい機会となっているようです。例えば大学で学んだ浴衣の着装実践を踏まえ、「ひろしまきもの遊び」からもご指導いただいて、学生自身でキモノの着付けをしています。

niwa-cafe①.jpg

そして、2021年4月から新たに、生活デザイン学科の学生が「ひろしまきもの遊び」とコラボして、「きものリメイクプロジェクト(仮)」を立ち上げることになりました!伝統文化とコラボしながら「伝える力」を実践的に育てる取り組みです。

この活動についても今後こちらの学科ニュースで紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみに。

  • LINEで送る