人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

2017年5月5日~6日瀬戸内海の島、犬島(岡山県東区)で、廃屋の廃材を利用して島のベンチ・スツールをつくるワークショップが開催され、生活デザイン・建築学科の学生6名(2年生3名、3年生2名、4年生1名)が参加しました。

このワークショップは、3月にも行われ、好評につき2回目です。

seide-kentiku115.jpg
犬島とは瀬戸内海の島で、3年に一度「瀬戸内国際芸術祭」が行われる島の一つで、公益財団法人 福武財団(ベネッセグループ)が運営する「犬島精練美術館」や「家プロジェクト」、「くらしの植物園」等アートが楽しめるため、多くの観光客が訪れます。

かつて銅の精錬工場があり、1910年代は人口3,000~5,000名であったといわれていますが、産業が途絶え高齢化が進み、住人は年々減少し現在人口30名弱。一方、家主を失った家は次々に廃屋となり、朽ちていきます。そこで、築50~100年の古い家の廃材を選別して、島のために役割を与えることがワークショップの目的です。

はじめに島をめぐり歩き、島の人の話を聞いて、何がどこに必要なのかをリサーチしました。そして、廃材の中から材料を選別します。

seide-kentiku116.jpg
講師の先生に指導を受けて、大学生、子供連れのファミリー、木工好きの人、建築家等、老若男女27名が様々な思いをイメージし、作成していきます。

seide-kentiku117.jpg
作品の完成です!つくったスツール・ベンチに座り、海に向かって記念撮影。

seide-kentiku118.jpg
このスツールの設置場所は「くらしの植物園」、花が綺麗な季節です。スツールに座ると、低い視線で花に近づいて観察できます。

seide-kentiku119.jpg

「もう少し植物園にスツールが増えるといいねっ!」引き続きこのワークショップを開催予定です。
前回のワークショップにてつくったベンチをお父さんがお気に入りです。島にとけ込んでいてうれしいです。

seide-kentiku120.jpg

ワークショップをきっかけに、若い人が定住してくれると、島のお母さんも元気になります。アートしかない島にはしたくない、生活の中でアートが根づいてほしい、と福武財団は考えているようです。

今回のワークショップのチラシ(参加者27名)

seide-kentiku121.jpg

講師:家具職人 賀來寿史 氏
主催:公益財団法人 福武財団
撮影:石川いづみ
実行委員:生活デザイン・建築学科 細田みぎわ

  • LINEで送る
生活デザイン領域

今年度も学生デザインによる学科はがきが完成しました。

1年生授業「生活造形論」は、デザインの理論と歴史や今後の可能性について学ぶ講義で、課題の1つとして学生がオリジナルはがきデザインに取り組みます。4作品が優秀作品に選ばれ、今年度の学科はがきとしてオープンキャンパスのお知らせやプレゼントとして活躍します。

01.jpg

福間直央さんの作品

02.jpg

上瀬遥さんの作品

seikatsu03.jpg

山口楓実乃さんの作品

04.jpg

林真由さんの作品

生活デザイン・建築学科では実習を通した実践的な学びをカリキュラムの特徴としています。また、学内外のコンペ・コンテストで多数の受賞実績が重ねられています。ぜひこれまでの学科ニュースもご覧ください。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

生活デザイン・建築学科の学生が広島東警察署庁舎新築工事を見学しました。この建物は2018年6月に竣工予定です。

最初に広島県土木建築局営繕課の福冨剛史主任、園田真由さん、難波美紀さん(広島女学院大学OG)より本事業の目的・概要などについて説明があり、施工を担当されている広成建設(株)の二宮淳所長より建物の施工状況・内容について詳細な説明がありました。

ほとんどの学生が建物の建築現場に入るのは初めてで、皆多少興奮気味でしたが、現場の人に指導をしていただいて安全に現場の中を巡回しました。また、鉄筋圧接工事の試験施工を行っていただき、これまで講義の教科書等でしか学んだことのなかった実物を直接学ぶことができました。

最後に中建日報社(建設専門新聞社)の取材を受け、作業所の方々を含めた全員で記念写真を撮りました。学生は建築現場を見学することによって、建築士資格取得への気持ちをまた新たにすることができました。

seide-kentiku114.jpg

  • LINEで送る