人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

日本インテリアプランナー協会(JIPA)が主催するインテリアプランニングコンペ2020で生活デザイン学科、建築士課程3年の松岡未紗さん、升田雛乃さんが日本フリーランスインテリアコーディネーター協会 会長賞を受賞しました。

seide-konpe①.jpg<受賞した松岡未紗さん(左)と升田雛乃さん>

今年度のテーマは「ひろがるインテリア」。6m角のインテリア空間が、どのように「ひろがる」か、「空間的なひろがりだけでなく、時間的な「ひろがり」や人間的な「ひろがり」」が課題となりました。917点のエントリーと427点の応募作品から45点が一次審査を通過し、有明テニスの森駅のスモールワールズTOKYOでの展示、最終審査とオンラインでのプレゼンテーションを経て受賞作品が決定されました。

受賞作品のタイトルは「対人恐怖症の子供のための空間」で作品のコンセプトは下の通りです。

この空間は対人恐怖症の症状がある子を持つ親が安心して子供を見守ることができ、且つ子供も親の目線を感じることなく生活のできる場所になるよう設計しました。ここで指している対人恐怖症とは、主に人と距離が近いときに目を合わせることに恐怖を抱く視線恐怖症や他者の目の前で極度の緊張に苛まれるあがり症など人を目の前にした時に発症するものをいいます。親からの視線を感じさせない空間にすることによって子は視線から生まれる恐怖をなくすことができ、親は開いている窓から子の様子を見守ることができます。これは空間の広がりだけではなく、子育てをする上での方法や親子の関係性にも広がりを持たせることが可能になります。

seide-konpe②.jpg<応募作品>

生活デザイン学科では学内外のデザインコンペに学生が積極的に応募し、継続的な受賞を重ねています。2年に一度開催されるインテリアプランニングコンペでは、2016年度の入選、2018年度の優秀賞受賞に続く受賞となりました。こうした経験は、学生がコンセプトを具体的な空間にし、作品の完成度を高める貴重な機会になっています。

  • LINEで送る
地域デザイン領域

在学生による授業紹介のメッセージが届きました。

本学ではライフキャリア科目というどの学部学科に所属していても学ぶ、本学での学びの土台となる科目がいくつかあります。生活デザイン学科の教員が担当するライフキャリア科目にはどのようなものがあるのでしょうか。


こんにちは、生活デザイン学科1年、K.Tです。学会誌編集部に所属しています。

1年生の前期に受けられる授業に「女性史」があります。これは女性がどのように暮らしてきたのかを知ることができる授業です。2020年度は新型コロナウィルスの関係で、オンラインで受講しました。例年とは違うところもあるかもしれませんが、ここではその授業を振り返って、具体的に何をしたか紹介していきます!

この授業では江戸時代のことを取り扱うことが多かったです。第3回では、江戸時代の様々なすごろくを知ることができました。

その中の一つに、女性の職業を題材にし、マス目の中に職業が書かれているすごろくもありました。子もり、けいせい、髪ゆいなど様々で、このような職業もあったのだと驚きました。そして、さいころのプリントを印刷してさいころを作成し、自分で遊んでみました。

下の画像がすごろくとさいころの画像です。上の楽隠居に到達したら上がりというルールで、普段のすごろくとは違うので楽しく遊べました。

210218design1.jpg
<江戸時代の女性の職業すごろく>

210218design2.jpg
<すごろくで使用した手作りサイコロ>

また、江戸時代についてだけでなく「アルプスの少女ハイジ」を扱い、その作者にも目を向け、その生い立ちや考え方にも触れました。他にも世界的ブランドを立ち上げたシャネルなどの女性についても考える機会があり、新たな発見があります。女性として、また人としてのすごさや、あまり深く知らないようなすごい功績を新しく学べたと思います。

このように現在ある様々な文化を深掘りして考えることができ、女性の生き方や当時の価値観に触れることができる授業でした!


ただ講義を聴くだけでなく、江戸時代の双六を実際にやってみるというのはユニークな内容ですね。また、過去から現代まで、時にはアニメにも目を向けて、いろいろな女性の生き方を知ることで多様な視点を獲得できたようです。

このように、ライフキャリア科目はこれからの自分の生き方を考えるいい機会にもなっていると学生たちに人気です。専門だけでなく、一生涯の視野を広げる学びを一緒にしていきましょう。


本学のライフキャリア教育についてはこちらをご覧ください。

  • LINEで送る
被服・ファッション領域

今年はあやめ祭が中止になったことに伴い、生活デザイン学科3年生によるファッションショーはアセンブリ―ホールでの無観客開催となりました。

また、新型コロナウイルス感染予防対策のため、大学図書館での衣装展示はせず、大学ポータルサイトにおいて、ダイジェスト動画とキャプションパネルによる公開と人気投票を行いました。

seideFS2020①.jpg

<↑↑クリックするとダイジェスト動画にリンクします↑↑ ※音声注意>

<人気投票には4年生5名と3年生17名の作品がノミネートされました>

今年は皆さんに直接見てもらうことは叶いませんでしたが、動画の視聴回数は300回を超え、人気投票も139名が参加くださり、例年に劣らず学生の頑張った様子を見てもらうことができました。

それでは人気投票の上位作品を紹介します。

第3位は和田夏紀さんによる「MÅNGATA(モーンガータ)」でした。

seideFS2020②.jpg

スカートのサイドスリットから流れる生地の広がりと、胸元から腰にかけての針金細工の装飾が印象的な作品でした。

第2位は斎藤博香さんによる「FOLLOW MY HEART」でした。

seideFS2020③.jpg

布に芯地を貼って作った立体的なトップスに、オーガンジーで作った透け感のある柔らかなハットと手袋、という素材の組み合わせが特徴的な作品でした。

そして、第1位は橋本雅音さんの「fleur(フルール)」でした。

seideFS2020④.jpg

フィッシュテールドレスというバックシルエットがとてもきれいなデザインで、ウォーキングの際も手縫いで付けたスパンコールの装飾がキラキラと光る様子がとても優美な作品でした。

教職員による講評では、コロナ禍にあっても、それぞれが努力をし、また、仲間と協力しながら、最大限のプレゼンテーションをしようとしたことが評価されていました。

今後オープンキャンパスで優秀作品として選ばれた作品を展示し、ファッションショーオリジナル動画も公開を予定しています。

機会がありましたら、ぜひご覧ください。

※無観客で開催されたショーの様子は本学発行「キャンパスニュース」にも掲載されています。

  • LINEで送る