人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

学生による授業紹介記事が届きました。

生活デザイン学科では個人で作品を作る実習系の授業だけでなく、グループワークを通して学ぶ演習系授業もたくさんあります。その中でも1年生ですぐに受講できる授業の紹介です。

こんにちは、生活デザイン学科2年、N.Mです。学会誌編集部に所属しています。

私のおすすめの授業は「地域デザイン入門(1年前期)」です。
この授業は「社会」、「文化」、「自然」、「コミュニティー」の4つの視点から地域と生活について学ぶ授業です。

地域デザインは、他の分野のデザインに比べ、どのようなことをするのかイメージがしづらい人も多いと思います。この授業では、地域の文化や環境を知り、どのように活かしていけるかを考えることで、地域デザインを学ぶことができます。

個人的には、グループワークの多い授業だったことが印象的でした。一昨年は、住んでいる区でグループ分けをして、それぞれ自分の区の良い点・悪い点を挙げてグループごとに表を作り、発表しあいました。地域ごとにまとめることで、私たちがどのような環境を住みやすいと考えるのか、逆に問題点はどんなところなのかと考えることが出来ました。

tiiki03.jpg

<KJ法とは、どんなアクティブラーニング方法なのでしょうか?

まずは自分の意見や考えたことを付せんに書き込んでいきます>

tiiki02.jpg

<次にグループ皆で話し合いながら、内容を確認していきます>

tiiki01.jpg

<同じような意見をまとめ、グールプの考えを集約していきます>

地域の特徴を知り、有用性を考えることも勿論ですが、グループワークで話し合うことで協力して意見を膨らませていく力も身に付けられる授業だと思います。また、地域デザインを専門に学びたいと思っている人以外でも、地域づくりの面白さに触れられると思いますので、おすすめです。

N.Mさん、ありがとうございました。グループワークを通して、自分の意見を伝える力だけでなく、他の人の意見も聞き、協働していく力が身についたようです。大学の学びは個人の能力を伸ばすだけでなく、社会に出たときに必要な、グループディスカッションをデザインするのに役立つ力を育成する機会でもあります。興味がある人はぜひ受講してみてください。

  • LINEで送る

今年4月に入学し、前期をオンライン授業で過ごした1年生2人から、受講しての感想が届きましたので紹介します。どのような気持ち、状況で1年生はオンライン授業を受けていたのでしょうか。

seikatsu-zenki2020.jpg<前期オリエンテーションの様子。1年生が大学に来れたのは4月の数日だけでした。>

「こんにちは、生活デザイン学科一年のI.Iです。生活デザイン学会学会誌編集部に所属しています。

今年はコロナのため、入学してから前期は全て遠隔の授業となりました。今回は、遠隔授業が始まった当初の様子と、その後対面授業になってどのように感じているかについてお話ししたいと思います。

入学当初は、念願の大学生活が始まるんだとうきうきしていました。しかし、入学してさっそく全ての予定されていたイベントは中止され、授業も全て遠隔へと変わりました。授業では主に、Melly、Google Classroom、ポータルサイトなどを用いて授業内容を進めていきました。たまに音声通話での授業もあり、ツールは先生によって違いましたが、主にZoomやGoogle Meetを使いました。

最初は、慣れない遠隔授業やアプリで戸惑い、ストレスも溜まる一方でした。しかし、先生方や大学側からのサポートがしっかりとあり、とても助かりました。分からないところや、不安に思っていることを先生方に相談したら、すぐに話を聞いてくださりました。

遠隔授業で残念だったのは、音声通話の授業ばかりで、同じ授業を受ける他の学生の顔がまともに見れなかったことでした。全てが慣れないことだらけで、ずっとパソコンの画面とだけ向き合って勉強をしなければいけなかったので、集中力を保つことがとても辛かったのを覚えています。

9月下旬から後期に入り、本格的に対面授業が開始されました。本当なら4月に行けた大学も、会えたはずの友達との交流もようやくスタートし、とても不思議な気持ちでした。改めて、やはり大学に来て先生に直接勉強を教えてもらえるということは素晴らしいことだと気づくことができました。私は、どちらかというと勉強が好きではありませんでした。しかし、今は毎日が楽しく、新しいことを学べることに感謝しています。」

「こんにちは、生活デザイン学科1年、F.Aです。生活デザイン学会で学会誌編集部に所属しています。

新型コロナウイルスの拡大に伴い、前期はオンライン授業という形で大学生活はスタートしました。今回はその感想を皆さんにお伝えしたいと思います。

私はまず、パソコンに慣れるところからのスタートでした。「ファイルって何?」というくらい初心者だったため、最初は課題を提出するのもやっとでした。

seikatsu-zenki2020-2.jpg<手書きで書き込んだ『生活経営学』の課題>

まだWordを使うこともできなかったため、課題を印刷し手書きしたものをスマホで写真に撮って提出していました。

授業の受け方としては、スマホで授業の動画を流しながらパソコンで課題を進めていく、といったスタイルでした。課題がとても多かったため、毎日のように深夜まで課題をしました。

Google Meetで顔を映して行う授業もありました。服は部屋着でメイクもしていないため、初めはとても抵抗感があったのを覚えています。他の人もおそらく似たような状況だったと思うのですが、入学式以降ほとんど話したことのない同級生とのやり取りも最初はぎこちないものでした。しかし、前期の終わりごろにはなんとか慣れて、お互いに大変な状況を共有しているという一体感が生まれてきたように思います。

後期は大学に通って通常通りの授業を受けることができています。基礎英語ではクラスの人と顔を合わせてペアワークを行うことができ、他の授業でも先生に直接質問しながら授業を受けられることに感動しました。

学校に通えることのありがたさを、オンライン授業を通して実感できたように思います。」

I.Iさん、F.Aさん、ありがとうございました。二人とも前期は慣れない中での受講はとても大変だったと思います。そして後期授業は対面授業でスタートしましたが、先日また新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン授業へと切り替わってしまいました。しかし、クラスの学生と交流ができ、今度はまた違ったオンライン授業の受け方になっているかもしれませんね。

不安なことがあれば、科目担当教員やチューターに何でも聞いてみてください。皆さんの学びを形が変わってもサポートしていきたいと思います。

  • LINEで送る

2017年度から西條鶴醸造株式会社(東広島市)と連携して企画している新酒ラベルデザイン企画が今年パワーアップしました。
これまで年末年始に販売する『干支ラベル』のデザインをさせていただいてきましたが、昨今の世界情勢を踏まえ、販売期間の見直し、地域貢献と関わる人がすべて幸せになる企画としてさらに練り直し、イヤーボトルとして販売期間を拡大することになりました。
それを踏まえたデザインプロジェクトして今年は前期科目「画像デザイン演習」と「地域連携デザインセミナーⅠ」の授業で取り組みました。

前期科目「地域連携デザインセミナーⅠ」では、デザインに関するオンライン授業とコロナウィルス感染予防対策を踏まえたまち歩きを通してデザインに取り組んでもらいました。

2020seideraberu1.jpg
<酒都西條 まち歩きの様子>

また、例年行っていた受講生のデザイン案プレゼンテーションもGoogleMeetを使用して行いました。これまでとは違う授業形態ですが、デザインについてのディスカッションは例年以上に盛り上がりました。

そして、自由応募も含め13名による41作品が西條鶴醸造株式会社に届けられ、選考が行われ、ついに先日選ばれたデザインを冠した商品が完成しました。今年の実用化デザインは「画像デザイン演習」を受講していた2年生の久保田紗羅さんの作品『いつかまた 乾杯!』です。

2020seideraberu2.jpg
<販売される商品と久保田さんの応募作品*>

2021年はコロナウィルスによる感染が終息し、友人・家族・恋人と一緒にお酒が飲める、お気に入りのバーや居酒屋へ気軽に行ける年になるように、という祈りを込めた作品です。日本酒のラベルには珍しいオレンジ色と、男性とも女性とも見える人物で若い世代にも手に取ってもらいやすい工夫をしました。
蔵出しに合わせ、西條鶴醸造株式会社を訪問し、新聞社や地元情報誌の取材を受けました。

2020seideraberu3.jpg
<取材の様子>

取材には杜氏も同席されました。毎年、ラベルデザインを見てからお酒の味を決めておられるとのことで、今回のデザインはホッとするような印象を受け、またどんなシーンでも飲みやすいお酒を造りたいと思われたそうです。

2020seideraberu4.jpg
<実用化商品を持って新聞社の写真撮影に臨む様子>

この商品は広島県内の百貨店やスーパーマーケットなどで販売される予定です。また、西條鶴醸造株式会社の公式HPからオンラインショップでも注文することができます。

西條鶴醸造株式会社HP
https://saijotsuru.co.jp/

新たな展開を見せた地域振興プロジェクト、引き続き生活デザイン学科学生のデザインで社会へ貢献していきたいと思います。

*実用化にあたり、応募作品からデザイン修正をしているため、実際の商品のデザインとは異なります。

  • LINEで送る