人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

生活プロデュース領域アーカイブ

生活プロデュース領域

生活デザイン・建築学科では、中学・高校の家庭科教員免許を卒業時に取得することができます。

6月に2週間、あるいは3週間の教育実習を終えた4年生による「教育実習報告会」が、今年も教職課程の2・3年生に向けて開催されました。

seide-kyousyoku03.jpg

中学へ行った学生は、家庭科の座学や実習、道徳の授業も持ち、授業実践をたくさん経験したようでした。

高校へ行った学生は、授業だけでなく、部活動の指導や受験に関する相談を受けるなど、生徒指導も含めた責任ある経験をした人もいました。

実習に行くまでは「本当に自分にできるだろうか」と不安を感じていたようですが、実習後には「やり切った達成感でいっぱいです!行ってよかった!」と報告してくれました。

報告会に参加した2・3年生からは「自分が行く予定の学校へ行った先輩のお話が聞けて、実習に対する不安が解消しました。」「今学んでいることを実習では教える立場になるので、普段から授業をしっかり聞こうと思います。」「実習に行ったら、こんなことがしたいというイメージが持てました。」などの感想が聞かれました。

※この教育実習報告会には管理栄養学科の家庭科教職課程学生も参加しています。

  • LINEで送る
生活プロデュース領域

今年度も学生デザインによる学科はがきが完成しました。

1年生授業「生活造形論」の課題で学生がオリジナルはがきデザインに取り組み、4作品が優秀作品に選ばれました。

今年度の学科はがきとしてオープンキャンパスのお知らせやプレゼントとして活躍します。

seide-postcard16-01.jpg

井手佑香さんの作品

seide-postcard16-02.jpg

川本和沙さんの作品

seide-postcard16-03.jpg

三木ひなのさんの作品

seide-postcard16-04.jpg

内田早織さんの作品

生活デザイン・建築学科では実習を通した実践的な学びをカリキュラムの特徴としています。また、学内外のコンペ・コンテストで多数の受賞実績が重ねられています。

ぜひこれまでの学科ニュースもご覧ください。

  • LINEで送る
生活プロデュース領域

本日3月1日から2017年3月卒業予定学生の就職活動がスタートしました。就職課主催の就職ガイダンスやセミナー、学科内での就職に関する指導などを経て、準備を着々と進めてきたと思います。

そんな頑張る3年生に向けて、卒業を控えた4年生から応援メッセージが届きました。

川本 小夜さん(広島県立安芸南高校出身)<生活デザインプロデュース>

金融系会社(信用金庫)/一般職に内定!

seide-msg17.jpgやりたいことを満喫した学生生活!

高校時代は部活を頑張っていたので、大学では「女子大生」を満喫しました。広島市の中心にある大学なのでオシャレなお店や美味しいもの、面白いイベントなどたくさん楽しみ、色々な友人もできた充実した4年間でした。


何でも相談できる環境で成長できました!

就職活動ではゼミの先生にも相談をして、アピールポイントや、これからやるべきことなど、学業以外のこともアドバイスをいただきました。生活デザイン・建築学科はどのゼミも少人数なので、適性を見ながら丁寧に指導してもらえ、どんな時でも安心して就職活動を続けることができると思います。これから就活が始まる皆さんも、ぜひ先生や就職課の職員さんにどんどん相談をして、不安のない状態で自信をもって活動をして下さい。

どんなに準備をしても心配になることもあると思いますが、一人で悩まないことが、就職活動の成功のカギと言えるのでしょう。困った時には学科教職員、大学全体で皆さんを支えますので、ぜひ相談してくださいね。

  • LINEで送る