人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

生活デザイン学科の建築士課程では、デザイン系に特化していますが、現場で実物を見る、という授業も多くあります。今回は、3年生前期科目「建築施工」の授業で訪問した現場見学の報告を紹介します。

建築施工の授業で、現場見学に行きました。

IMG_4019.jpg

今回訪れた現場は4階建てのマンションです。
学生たちは1階と2階部分を見学しました。

IMG_4023.jpg

全体で説明を受けた後、少人数のグループに分かれて見学しました。

IMG_4109.jpg

建物内は床や天井の仕上げを行う前の段階だったため、バスユニットの下地や排水・換気の配管、電気配線等を見ることができました。

IMG_4073.jpg

IMG_4125.jpg

また、道路と近接した狭い現場での工夫など、いろいろな説明をしていただきました。
この現場見学で得た気づきや、学びを忘れず今後に活かしていきましょう。


現場を知ることは、デザインをするときのリアリティとしてきっと役に立つことでしょう!
生活デザイン学科の建築士課程は、一級建築士受験資格を取るための条件「実務経験」が最短2年のカリキュラムとなっています。

詳しくは建築士課程特設HPをご覧ください。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

2年生科目「住居・建築設計実習Ⅱ」の講評会の様子について実習アシスタントのYさんから届きましたのでご紹介します。
生活デザイン学科建築士課程のことが知りたい方は4月に開設したばかりの特設ページもご覧ください!


今回の課題は外の空間をどう利用するかが重要なポイントとなってきます。

IMG_4000.jpg
模型

IMG_3997.jpg
発表の様子

講評会では、一人当たり2分間で空間のコンセプトや利用する人の趣味について発表しました。

IMG_4008.jpg
優秀作品

今回の優秀作品には、釣りとお酒を飲むことが趣味の人のために設計されたこちらの作品が選ばれました。敷地内に船着場を設けている点や、一階に作業部屋がある点から、より趣味を楽しむことができる空間となっています。

全員の発表が終了した後に次回の設計内容が発表されました。第2課題は「風景をながめるフォリー」です。今年度から始まる新しい課題内容なので、どのような作品ができあがるか先生方も楽しみにされているようです。

学生の皆さんは今回の設計で学んだことを活かし、より良いものを完成できるよう頑張ってください。


Yさん、ありがとうございました。模型作りは難しそうに見えますが、完成すれば達成感を味わえますよね!

今後のオープンキャンパスで模型製作の体験を企画していますので、興味がある人はぜひ参加をしてください。また、オープンセミナーでは自分の理想の住宅模型を作る講座も開設します。

オープンキャンパス情報はこちらから!オープンセミナー情報はこちらから!
また、学科の授業や学生生活の様子については学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも発信しています。ぜひご覧ください!

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

建築士課程から授業の様子について、報告がありました。「建築材料学」は3年生科目です。
様々な設計実習でアイディアを形にするには素材についての知識も必要です。どんな様子か早速見てみましょう。


まず、生コンクリートがどのようにして製造されているか、実際に使用している機械や、設備を見学しながら説明をうけました。

IMG_3728.jpgSnapshot_202304116_230400 9.jpg

次に、実際に製造する過程で行うスランプ試験を体験しました。

IMG_3693.jpgIMG_3711.jpg(写真をクリックすると実験中の動画が見られます!)

とても力のいる作業で、本来は一人で行う作業を二人がかりで行っている学生もいました。

Snapshot_202304116_230400 6.jpg

あまり見ることのできない製造工場の見学を通して、より詳しく生コンクリートについて知れたのではないでしょうか。今回見学して得た内容を、今後の学びに活かしていきましょう。


生活デザイン学科について知りたい人は5月28日に開催される、高校3年生対象の入試説明会、全学年・社会人対象のオープンキャンパスにおいでください!オープンキャンパス情報はこちらから!

また、学科の授業や学生生活の様子については学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも発信しています。ぜひご覧ください。

  • LINEで送る