人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

「ライフキャリア特別セミナーⅠa」の授業で韓国建築見学実習を行いました。
この授業では、世界で活躍されている建築家である窪田勝文先生の解説を聞きながら海外の様々な建築を見学します。

実習1日目についてはこちらの記事をご覧ください。


実習2日目は、アルヴァロ・シザ設計のミメシスアートミュージアム(Mimesis Art Museum) 、OMA設計のソウル大学校美術館(Seoul National University Museum of Art)、ザハ・ハディド設計のDDP東大門デザインプラザ(Dongdaemun Design Plaza)を見学しました。

IMG_8871.jpg
ミメシスアートミュージアム外観を見学しながら窪田先生より解説を受ける様子

IMG_9019.jpg
ミメシスアートミュージアム内部にて見学する様子

IMG_9050.jpg
ミメシスアートミュージアム内部にて窪田先生より解説を受ける様子

IMG_9258.jpg
ソウル大学美術館入口へ向かう様子

IMG_9277.jpg
ソウル大学美術館内部の階段を歩く様子

IMG_9383.jpg
ソウル大学美術館内部で窪田先生より解説を受ける様子

IMG_9468.jpg
DDP東大門デザインプラザの外観を見学する様子

IMG_9718.JPG
DDP東大門デザインプラザ内部に設置されている椅子にて撮影

IMG_9888.jpg
DDP東大門デザインプラザ見学後、明洞周辺で短時間のフリーショッピング

IMG_9932.jpg
夕飯のチーズダッカルビを食べている様子

夜には一日の振り返りをする時間が設けられ、学生たちは見学した建築について感じたことや思ったことを学生や先生と共有しました。
同じ分野を学ぶ自分以外の学生が感じた思いや感情を共有することは、プライベートな旅行ではあまりできない貴重な経験だったのではないでしょうか。


2日目もとても有意義な時間だったようですね。
本学科、建築士課程に関心がある方はぜに特設サイトもご覧ください。

その他のデザイン、領域に興味がある人は学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも発信しています。ぜひご覧ください。

また、10月8日にはオープンキャンパスも開催します!
まだ志望校が決まっていないと困っている人も、大学で学ぶってどういうこと?という素朴な疑問を持っている人もマルっと解決します!ぜひおいでください!

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

以前、出発前の記事でもお知らせしましたが、「ライフキャリア特別セミナーⅠa」の授業で韓国建築見学実習を行いました。

IMG_8193.jpg

今年度から始まったこの実習は、世界的な建築家として活躍されている窪田勝文先生の解説を受けながら4日間で現地の建築を見学するというものです。
前期授業期間中に事前学習として見学予定の建築について学び、8月22日~8月25日の期間に実際に韓国へ訪れ、合計7つの建築物を見学します。

今回の実習には3年生10名、4年生4名の計14名の学生が参加しました。
何回かに分けて、実習のレポートをします。

23korea_IMG_8238,8279.jpg


まず、1日目は飛行機を使用して韓国へ向かいました。

実習初日は、デイヴィッド・チッパーフィールド設計のアモーレパシフィック新社屋(amorepacific headquarters)と、ジャン・ヌーヴェル、マリオ・ボッタ、レム・コールハース設計のリウム美術館(Leeum, Samsung Museum of Art)を見学しました。

IMG_8409.jpg

IMG_8477.jpgIMG_8598.jpgIMG_8683.jpgIMG_8725.jpgIMG_8734.jpgIMG_8742.jpg

はじめて海外に行く学生も多かったため不安や期待でいっぱいだったと思いますが、ホテルに到着するころにはどの学生からも楽しんでいる雰囲気を感じることができました。


レポートは今後もまだまだ続きます!
本学科、建築士課程に関心がある方はぜに特設サイトもご覧ください。

その他のデザイン、領域に興味がある人は学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも発信しています。ぜひご覧ください。

また、10月8日にはオープンキャンパスも開催します!
まだ志望校が決まっていないと困っている人も、大学で学ぶってどういうこと?という素朴な疑問を持っている人もマルっと解決します!ぜひおいでください!

  • LINEで送る

学会誌編集部より建築士課程の卒業設計・論文中間発表会についての記事が届きました!
現在大学は夏季休業中ですが、休暇を迎える前に、大きな区切りを迎えたようです。


こんにちは、学会誌編集部4年I.Iです。
7月に建築士課程の4年生による卒業設計と卒業論文の第1回中間発表が行われたので、紹介します。

今年度の建築士課程には4つのゼミがあり、それぞれゼミの先生方に指導を受けながら準備をしてきました。
午前に卒業論文を選択した学生、午後に卒業設計を選択した学生の発表という流れです。今回は主に、中間発表用要旨とパワーポイントの二つを用いて発表をしました。5分という短い時間で自分の考えるテーマ、課題、どのような研究や提案をするのか伝えなければいけません。

seidetyuukan01.jpg
写真1:卒業論文の発表様子

また、2・3年生の設計実習では2、3人の先生に向けてプレゼンをしていたのに対し、今回の発表は建築系の教員4人に加え、昨年度から着任された特任教授の窪田勝文先生もおられました。2・3年生は実習授業でご指導いただいているので、もう慣れていると思いますが、4年生の私たちにとっては、直接ご指導いただける機会はこれまで多くなかったので、今までの発表の緊張感とは比べものになりませんでした。

seidetyuukan05.jpg
写真2:質疑をする窪田勝文先生の様子

普段とは違う緊張感の中発表は進められましたが、今回の中間発表で図面や模型を用意できた学生はほとんどいませんでした。例年そこまで準備ができている学生は少ない、とのことですが、この時点ではまだ自分がどんなテーマで、どのような建築を作りたいのかはっきりと決められず悩んでいる様子の学生もいました。

seidetyuukan04.jpg
写真3:卒業設計の発表様子

また、自分の考えを文章化し、なおかつプレゼンする相手に伝わるように話すという行為の難しさを改めてこの場で感じることになったと思います。

seidetyuukan06.jpg
写真4:コメントをする真木利江先生・細田みぎわ先生

seidetyuukan010.jpg
写真5:コメントをする塚野路哉先生・小林文香先生

seidetyuukan08.jpg
写真6:コメントをする窪田勝文先生

こういった学生の現状を踏まえて、最後に5人の先生方から全体へのメッセージをそれぞれいただき、中間発表は終わりました。
次回は、10月に第2回目の中間発表が行われます。それまでに今回の発表を通して学んだ自分の論文や設計の問題点や不足している点にしっかりと向き合い、準備していこうと思います。

seidetyuukan02.jpg
写真7:当日披露された作品


I.Iさん、報告ありがとうございました。これまでの課題は敷地や設計条件などが決まっていたので、とにかく図面を考え、模型を作っていくことに必死だったと思います。
ですが、卒業設計や卒業論文では自分自身で課題を設定し、それに向けて、色々な視点で考えていくことが必要です。これまでの学びを十分に活かして、10月の中間発表ではよい発表ができるよう、私たち教職員も応援しています!

また、どんな作品を作っているのか、気になる高校生の皆さん!イブニングオープンキャンパスでは間近に学生作品を見ることができますよ!
インテリア・住居・建築領域だけでなく、グラフィックデザインやファッションデザインに関する学生作品も展示しています。
詳しくは大学HPオープンキャンパスのページへ
10月8日に行われる、推薦入試対策講座の参加についてもお知らせしています。

学科の授業や学生の様子については、学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも発信しています。ぜひご覧ください。

  • LINEで送る