人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

建築士課程の必修授業「建築材料学」において、材料の圧縮破壊試験を行いました。

写真1.jpg建築材料学は、建築に使用される材料の特性について学ぶ授業であり、座学だけではなく、学内にある試験機を用いた各種実験を行っています。
今回の材料実験では、コンクリートの供試体に200kN(およそ20トン)ほどの荷重を載荷し、崩壊時の荷重測定、ひび割れが入る様子の観察をしています。

写真2.JPG建築材料学では、他にも木材や鉄筋の破壊試験、構造骨組みの作成など、建築に関わる材料の特性を体感できる機会が多数あります。

以下、受講した学生のコメントです。

生活デザイン学科3年 A.Y:
コンクリートは我々にとっては身近であり、何年も前から人間たちを支えてきた重要な材料です。そのコンクリートを安全に使用するためには、必ず実験をしなければなりません。日常生活でコンクリート製の製品や建築をよく見ますが、壊れていたり、ひび割れていることはめったにありません。それは、専門家や技術者の方々が何度も試験を行ってより安全なコンクリートの製品を作っているからです。今回の圧縮破壊試験では、コンクリートの性質を知るための大事な実験の一部を行うことができました。破壊試験と聞いていたため、コンクリートが激しく飛び散る様子を想像していましたが、実際は加圧をしてどれくらいでひび割れを起こすか見るという内容で、壊れるのはほんの一部だけでした。破壊することはもったいないと思っていましたが、壊すことで発見できることもあり、良い経験になりました。

生活デザイン学科3年 A.S:
コンクリート破壊実験という普段経験できない実験が出来たことは光栄に思います。RC造の荷重のかかり方を倍速で見ているようで、ゆっくりひび割れが入っていく様子が見受けられました。

  • LINEで送る

2018年度から本学科建築士課程の学生が基本設計に関わってきましたトータテとの産学連携プロジェクト「まちのコミュニティハウスプロジェクト」。
以前、学科ニュースでは、地鎮祭の様子をお伝えしましたが、今年5月についに竣工を迎え、本学科建築士課程の学生向けに見学会が開催されました。

IMG_2134.JPG
東側広場から見るコミュニティハウス←←←クリックすると動画にリンクします

見学会ではメインとなるコミュニティハウスの他に、周辺に建設された分譲住宅や賃貸住宅も内部まで見学でき、それぞれの特徴や違いを学ぶことができました。
IMG_2111.JPG
説明を聞く学生たち

また、今回の見学会に先立ち、昨年11月、12月に建設途中のコミュニティハウスを見学しました。今回の完成見学会とあわせて、建築物がどのように完成していくのか、建設過程を自分の目で確かめることができる良い機会となりました。

IMG_0077.JPG
工事現場の見学会の様子

見学会に参加した学生に感想を聞いてみました。
「去年11月に工事中の見学会に参加し、その時は柱や梁しかありませんでしたが、現在は仕上げがどのようになっているか気になっていました。実際に完成した住宅を見てみると、以前の様子とは全く違っていて、おもしろいなと思いました。また、とても印象的だったのは、分譲住宅の間にある『フットパス』です。歩くことを楽しむための道といわれる『フットパス』があることで、近所の人と交流できる空間をつくっていました。人と交流できる空間づくりは庭をつくる以外にも様々な方法があることを知りました。」(Sさん)

DSC03936.JPG
フットパスを歩く学生たち

「賃貸住宅の部屋は、通常は『101号室』と呼びますが、『クスノキ』や『ネズ』など木の名前が部屋の名前として使われていることに驚きました。木を基調とした作りだけでなく、室名からも木を大切にしていることが伝わってきました。建築の工事中から完成まで、そして設計者の話を聞ける機会も滅多にないので、今回参加できて良かったです。そして、このような見学会が他にもあれば、積極的に参加したいと思いました。」(Mさん)

DSC04049.JPG
広場で説明を聞く学生

「近所に住んでいたため、親しみのある場所が変わってしまい、工事中も敷地内に入ることすらできず、少し寂しく感じていました。しかし、こうして見学会に参加し、設計者やこのプロジェクトに参加した方々の思いを知り、これからは違う形で、この場所でまた皆で遊びたいと思いました。」(Oさん)

建築士課程の2年生は、現在「住居・建築設計実習Ⅱ」で2階建て住宅の設計に取り組んでいます。図面上では分からないことを、実際に建物を見て理解し、自分の今後の設計実習に生かしたいという感想もありました。実習や講義だけでは分からないリアルな建築体験ができる貴重な時間でした。

(実習アシスタント 安藤)

  • LINEで送る

桜咲く3月20日、広島女学院大学では春のオープンキャンパスを開催しました。生活デザイン学科では学科紹介、2022年度総合型選抜入試(オープンセミナー入試、自己アピール入試)の説明のほか、学生作品や地域連携事業の成果物、授業で使う資料など展示物盛りだくさんで皆さんをお迎えしました。

seide-soc1.jpg

外出がなかなか難しい現状で、足を運べなかった方もおられると思うので、こちらでも紹介をしたいと思います。

「生活プロデュース領域」の展示は、国家資格でもある教員免許取得に向けてのプロセスや学科での取り組みが分かるパネル、学生が考えた指導案の展示をしました。

seide-soc2.jpg

「ファッションデザイン領域」の展示では、実習授業で作成した課題作品やファッションショーの衣装を展示しました。真ん中から右の3作品は、当日担当してくれた学生が作成したブラウス、タイトスカート、ワンピース、ジャケットです。また、ファッションショーの衣装はこちらからも見ることができます。

seide-soc3.jpg

「インテリア・住居・建築領域」の展示作品は1年生の実習課題から卒業設計まで学びの軌跡が分かるものとなっています。インテリア空間をデザインしたものや住居の模型、公共の建物の模型など様々です。

seide-soc4.jpg

「地域デザイン領域」ではグローバルフィールドワーク、グローカルフィールドワークの報告パネルや授業で使用する実物資料などが展示されていました。参加した学生の様子がよく分かる資料がたくさんあります。

seide-soc5.jpg

地域連携事業での成果物も多様に展示されています。2021年度も色々な産学連携事業が企画されているので、少しずつこちらの展示物も変化していきます。

seide-soc6-2.jpg

seide-soc6-1.jpg

教員の説明ばかりではなく、当日担当した学生に取り組んだ時の思いや得た力などを紹介してもらいました。デザインの課題や取り組みを通して、「伝える力」を育んでいく様子が伝わるでしょうか?

seide-soc7-3.jpg

seide-soc7-1.jpg

seide-soc7-2.jpg

seide-soc7-4.jpg

このように、生活デザイン学科のオープンキャンパスでは、在学生の作品展示も多く、また、在学生と話すチャンスもあるので、リアルな学科の学び、そして大学生活についての情報を得ることができます!

また、学科をもっとよく知りたい人は、8月に行われるオープンセミナーがありますので、ぜひ受講ください。実際の授業に近い形で行っており、在学生との交流があるものもあります。

次は夏のオープンキャンパスですね!6月20日、7月4、18日、8月1、22日の5回を予定しています。皆さんのお越しをお待ちしています!

※2022年度入試については、順次お知らせするので、大学HPをぜひご覧ください。

  • LINEで送る