人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

現在大学は前期が終わり、9月下旬まで長い夏季休業期間となっています。ですが、7月末から8月上旬にかけては様々な授業で試験が行われたり、レポート課題が出されたりしました。

実習の多い生活デザイン学科では課題の講評会も行われます。「住居・建築設計実習Ⅳ」の授業で第2課題の講評会があったのでその様子を見てみましょう。


第2課題の設計内容は、「メディアセンター」でした。
広島市にある袋町公園周辺を敷地として設定し、既存施設や利用する人々との連携、袋町公園との関係などを考えながら図書館+αであるメディアセンターを設計していきます。

選ばれた数名の学生が発表を行い、授業担当の窪田勝文先生、細田みぎわ先生より講評をいただきました。

IMG_5891.jpgIMG_5844.jpg

IMG_5912.jpg

IMG_5867.jpg
<学生作品>
この作品は、三日月形の
二つの半屋外空間が特徴的な作品です。
「出会いが広がる場所」というコンセプトのもと、
集合場所の目印となるように設計されています。

「住居・建築設計実習Ⅳ」の授業はこの第2課題の講評会で終了しました。後期からは新たに「住居・建築設計実習Ⅴ」が始まります。1年生後期から続いてきた設計実習最後の科目になるので、これまでの実習で学んだことや自身の考えを十分に設計に落とし込んでいきましょう。


建築士課程の特設HPが開設されました。カリキュラムや学びの特徴、これまでの受賞実績などがまとめられています。
ぜひご覧ください。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

長い間海外への研修に制限がありましたが、今年度から生活デザイン学科では海外研修が復活します。

建築士課程では「ライフキャリア特別セミナーⅠa」という授業で、韓国への建築見学実習が行われます。先日、事前学習と保護者説明会が行われたので、その様子をご紹介します。

2308_korea_IMG_5334.jpg
IMG_5329.jpg

事前学習では窪田勝文先生から見学予定の建築について説明していただきました。今回の見学では下記7つの建築を訪れる予定です。

■アモーレパシフィック新本社屋(amorepacific headquarters) / david chipperfield architects
■リウム美術館(Leeum, Samsung Museum of Art) / Jean Nouvel, Mario Botta, Rem Koolhaas
■ミメシスアートミュージアム(Mimesis Art Museum) / Álvaro Siza
■DDP東大門デザインプラザ(Dongdaemun Design Plaza) / Zaha Hadid
■梨花女子大学校(Ewha Womans University) / Dominique Perrault
■ソウル大学校美術館(Seoul National University Museum of Art) / OMA
■Saya Park Art Pavilion / Álvaro Siza and Carlos Castanheira

各自で予習を行い、見学する建築についてのより深い知識を身につけていきます。

IMG_5345.jpg

IMG_5326.jpg

保護者説明会では、渡航の日程や危機管理、事前の注意事項などについて説明をしました。

IMG_6395.jpg
2308_korea_IMG_6397.jpg

いよいよ今月末に迫った韓国建築見学ですが、見学する建築についての事前学習はもちろん、忘れ物などがないようにしっかりと準備をして臨みましょう。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

「住居・建築設計実習Ⅲ」や「住居・建築計画学Ⅲ」の授業等を担当されている窪田勝文教授監修の腕時計が発表されました。

MONOLITH_01.jpg

MONOLITH_02.jpg

MONOLITH_03.jpg

「MONOLITH」と名付けられたこの時計は黒を基調として作られており、ミニマリズムの中に人間と自然とを寄り添わせる美しさや強靭さを持ち合わせたデザインになっています。
「MONOLITH」公式サイト

生活デザイン学科は「生活プロデュース」「被服・ファッションデザイン」「インテリア・住居・建築デザイン」「地域デザイン」の4つの領域に分かれています。

建築デザイン領域で主な授業を担当されている窪田先生ですが、今回の発表にあるようにご自身の専門分野外の領域であるファッション分野でもご活躍されています。

本学科では、他領域の科目も履修できるため専門分野以外のデザインも学生の興味次第で学ぶことができます。いろいろなデザインを学び、窪田先生のように自身の専攻する分野以外でも活躍していきましょう。

こちらのサイトでは、窪田先生が過去に設計された建築作品や、受賞歴、他の雑誌への掲載情報を見ることができます。

また、建築士課程学生の幅広い活躍はこちら ↓ の記事もご覧ください!
G7広島サミット配偶者プログラムユニフォームデザイン実用化!

  • LINEで送る