人間生活学部 生活デザイン・建築学科 ニュース

インテリア・住居・建築領域アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

昨年発足した「椅子リメイクデザインプロジェクト」の第2期の人気投票が夏のオープンキャンパス全4回で行なわれ、ついに結果が出ました!
来場した際、投票にご協力くださった高校生や保護者の皆さん、ありがとうございました!

それでは、第3位からの発表です!第3位は・・・

seide-isu14.jpg

肘置き付きのイスをリメイクした「STAR CHAIR」でした。岡野詩織さん(4年)の作品です。
肘置き部分を大胆に解体し、白ペンキを芸術的に散らした手法に、もともと地味なイスのイメージが一掃され、好評だったようです。

続いて、第2位です。第2位は・・・

seide-isu15.jpg

ピアノを弾くときなどに使われるベロア素材の座面が特徴的なイスをリメイクした「白の水槽」でした。重森智文さん(4年)の作品です。座るところを解体して、水槽に見立て、赤や黒の金魚をアクリル絵の具で描いて涼やかな演出をしていました。ビニールシートが歪んでいることで水面の揺らぎを表現したようです。

そして、栄えある第1位は!!!

seide-isu16.jpg

古びて色あせた木のイスをリメイクした「bride shair」でした!第1期 椅子リメイクデザインプロジェクトにも参加していた岡寺由樹さん(3年)の作品です。花嫁や結構式に憧れる女子高生から圧倒的な人気でした。アンティーク感を出すために、着色後にやすり掛けしたひと手間が、作品の世界観をより際立たせたようです。
もちろん、他の作品も見ごたえあるデザイン、独自の工夫をしたデザインでした。

seide-isu17.jpg

本学科に来場したすべての方にご覧いただき、見た目や座り心地など、様々な面から選んで、票を入れていただきました。本当にありがとうございました!

そして!現在第3期が進行中です。これまでは椅子だけに注目してリメイクを行なっていましたが、第3期ではさらにその椅子にふさわしい空間提案もしてもらう予定です。製品知識を得るための、また、実際のインテリア空間を知るための現場研修の様子も後日お知らせしたいと思います。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

7月23日に行なわれたオープンキャンパスでは、学生が考えたインテリアデザイン空間がお披露目されました。

「女子会カフェ」とは、建築やインテリアを学ぶ学生が、コンセプトやテーマを考え、空間をデザインし、実際に作り上げ、そこに来場した高校生と在学生が交流をするという企画です。

今年は3年生2名が中心となり、1年生5名のサポートを得ながら「BALLOON」というタイトルでインテリアデザインに取り組みました。

seide-oc05.jpg

コンセプトは「つながり」です。人とのつながりや、空間でのつながり、広島女学院大学とのつながり等々を意識し、透過性のある間仕切りを工夫したり、<5つのデザイン>を学べる本学科でたくさんの「実」を実らせてほしいというモチーフも含ませながらバルーンツリー制作をしたりしました。

準備中は試行錯誤の繰り返しで、苦労もたくさんあったようですが、明るくキラキラしたキャンパスライフを伝えたい!とテーブルコーディネートもしています。

seide-oc06.jpg

当日はたくさんの方に来場してもらい、本学科の学びや学生生活について知ってもらえたようです。

seide-oc07.jpg

授業で学んだ事を実物大で形にでき、そこで過ごす人の気持ちに触れ合える「女子会カフェ」インテリアデザイン企画は今年で3年目でした。今後もぜひいろんな学生に挑戦してもらいたいと思います。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

6月16日に建築士課程の学生16名が、広島駅前南口Cブロック新築工事現場へ見学に行きました。ここに建てられている住宅棟は地上46階建、最高高さは168mという超高層住宅です。

seide-kentiku105.jpg

施工は戸田建設で、建築業界では女性の活躍を推進している会社として有名です。

入社5年目の女性工事課長が案内をして下さいました。

seide-kentiku106.jpg

seide-kentiku107.jpg

参加した学生は、初めて見る工事現場で驚くことばかりだったようですが、「建築現場では、特にコミュニケーションが大切」など女性工事課長の言葉に深く感銘を覚えたようでした。

また、建築士資格取得に向けて、決意を新たにしたようです。

  • LINEで送る