人間生活学部 児童教育学科 ニュース

幼児教育心理学会では、りんごの木代表・保育者の柴田愛子先生をお迎えし、下記の要領にて春季講演会を開催します。幼稚園、保育園関係のみなさま、同窓生のみなさま、ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。

テーマ「子どもっておもしろい! 保育はいい仕事」

日時 2017年7月15日(土)14:00~15:30(13:45~受付開始)

場所 広島女学院大学人文館 303教室(広島市東区牛田東4-13-1)

入場無料 事前申込不要

(お問い合わせ先 学部事務室 gakujimu@gaines.hju.ac.jp

◆講師紹介◆

1948年、東京生まれ。私立幼稚園に5年勤務したが、多様な教育方法に混乱して退職。OLを体験してみたが、子どもの魅力が捨てられず再度別の私立幼稚園に5年勤務。

1982年、「子どもの心により添う」を基本姿勢とした「リンゴの木」を発足。保育の傍ら、講演、執筆、絵本作りと様々な子どもの分野で活動中。著書「おとなとこどものいい関係」(りんごの木)、「こどものみかた」(福音館)、絵本「けんかのきもち」絵本大賞受賞「わたしのくつ」など多数。

  • LINEで送る

2年生の幼稚園教育実習の事前指導で、キャリアセンターと幼児教育心理学科が連携し、キャリアカウンセラーの冨田展子講師(本学卒業生)から講義を受けました。

学科のキャリア目標に合わせてキャリアカウンセラーが丁寧な支援プログラムを作成し、授業と連携しながらキャリアへの認識を深めさせています。

今回は、「実習について考える前に...」をテーマに、基本的なコミュニケーションの在り方や、実習に行くにあたって不安な事柄への回答等をして頂きました。

学生は、「ご自身のお子様の話をされるなど非常に具体的な話で、理解が深まりました。」、「そうだそうだと納得できる話ばかりで、大変分かりやすかったです。」と、講義に感銘を受けていました。