人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

幼児教育心理学科の2年生は、9月に初めての幼稚園実習に行きます。

春学期は、日誌の書き方に始まり、園長先生の講話等、様々な事前指導を受けます。先日は、4年生から部分実習について学びました。4年生は、保育実習(3年次)や幼稚園実習(4年次)を経験しており、今までに学んだことを後輩に伝えています。

youshin-jizenshidou1.jpg  youshin-jizenshidou2.jpg

2年生から、「先輩から模範となる素晴らしい部分実習を見せて頂いた。私も2年後には先輩のようになっていたい」、「語り掛け方や、動作について勉強になりました。9月の実習が楽しみになりました」という感想が聞かれました。

youshin-jizenshidou3.jpg

  • LINEで送る

広島県、広島県医師会などで構成される子育て応援団実行委員会主催イベント「子育て応援団すこやか2016」(於グリーンアリーナ)に幼児教育心理学科の3年生「チームぱくぱく」が出演しました。楽しい音楽にあわせて、たくさんの幼児や子ども連れの家族と遊びました。

youshin-sukoyaka1.jpg  youshin-sukoyaka2.jpg

また、当日は会場全体の運営ボランティアとして全学年の学生が笑顔で子育て応援に貢献しました。

youshin-sukoyaka3.jpg  youshin-sukoyaka4.jpg

  • LINEで送る

幼児教育心理学科の1年生が、「牛田学区社会福祉協議会」の中にある「福祉のまちづくり部会(こども福祉・教育部会)」のボランティア活動に参加しました。「牛田小学校で遊ぼう」という活動では、子どもが主役の遊びや交流の場づくりとして、毎月第二土曜日の午前中に、牛田小学校のグラウンド・体育館でドッジボール・サッカー・縄跳び・ペタンク・クップなどの軽めのスポーツを楽しむとともに、異学年・親子・三世代などの交流の場が創出されています。

今回は、1年生6名が参加し、「こども福祉・教育部会」の方から指導をして頂きながら最初はペタンクを小学生と一緒に楽しみ、その後、ドッジや鬼ごっこ、長縄、鉄棒などをしました。

幼児教育心理学科では、学生が、地域の方々との交流も深めながらボランティア活動に励み、将来の保育・教育実践に繋げています。

ushitasyou2.jpg

ushitasyou3.jpg

ushitasyou1.jpg

  • LINEで送る