人間生活学部 児童教育学科 ニュース

授業紹介アーカイブ

児童教育基礎セミナーⅡの授業では、ゲーンス幼稚園の子どもたちを大学に招待して、幼稚園で歌われている「こどもさんび歌」を、1年生が合唱したり、演奏したり、踊ったりする舞台発表の場を設けています。今回の記事は、児童教育基礎セミナーⅡの授業紹介です。

2020年度は感染予防のため、歌うことをやめ、3つのグループに分かれて合奏や身体表現活動を録画し、ゲーンス幼稚園の子どもたちに動画を贈りました。

jidokyouikukisoseminar (1).jpeg

表現活動のテーマは「希望」です。
このテーマにそって、1年生はグループで協力して話し合いながら知恵を出し合っています。

jidokyouikukisoseminar (2).jpeg

コロナ感染対策として、話し合いの時はマスク、舞台ではフェイスマスクを着用しながら、楽器演奏、身体表現、ボディーパーカッション等の表現活動に取り組みました。

jidokyouikukisoseminar (3).jpg

録画の日には、園児がいないものの、ほどよい緊張感でこれまでの成果を発揮していました。
照明係や朗読係、伴奏の係、そしてステージに立つメンバー全員で協力して表現しました。

jidokyoikukisoseminar(9).jpg

jidokyoikukisoseminar(10).jpeg

jidokyoikukisoseminar(11).jpeg

jidokyoikukisoseminar(12).jpeg

jidokyoikukisoseminar(13).jpg

jidokyoikukisoseminar(14).jpg

また、その録画は広島女学院大学他学部の1年生も「キリスト教の時間」に視聴し、素敵な感想をたくさん書いてくれました。

「初めて子どもの賛美歌を聴いて、とても優しい気持ちになりました。音楽は心が落ち着くなと思いました。」

「コロナのこの時期で歌うことは難しいけど、そんな中でもアイデアを出し合った背景もうかがえてとても心が暖かくなりました」

「楽器や体で表現していてすごいなと思いました。」

「子どもたちが、一緒に真似をしたくなるようなリズムであったり、ベルの演奏でとても穏やかな気持ちになれたと思います。」

さて、児童教育学科のあるクック棟入口では、小さなミニツリーが私たちを迎えてくれます。

jidokyoikukisoseminar(15).png

HPを読んでくださるみなさんのところに、素敵なクリスマスが訪れますように。

遠隔授業の今も、ゲーンス幼稚園の子どもたちとともに希望をもち続け、これからも大学生から社会にエールを届けます。

  • LINEで送る

感染拡大防止のために、12月15日からグーグルクラスルームによる遠隔授業が始まりました。
今回の記事は11月に行われた「保育内容(環境)」授業の紹介です。

1年生の授業に「保育内容(環境)」があります。担当教員はゲーンス幼稚園の高田憲治園長先生です。

DSCN6235.JPG

大学の敷地内にあるゲーンス幼稚園の現役の園長先生から、実体験に基づいた幼児教育に関わる様々な話を聞くことができ、学びを深めています。

DSCN6233.JPG

学生がグループに分かれ、それぞれ主体的に活動する模擬保育も行いました。

先日の授業では、前半の15分間、学生が書いたアンケート結果に基づき、前回の模擬保育(ねらい「数量に親しみをもつ。いろいろな形にふれて楽しむ」)の評価を行いました。

そして、今回は、あんぱんまんチームの模擬保育(ねらい「いろいろな道具を使って楽しむ」)が始まりました。

まず、手遊び「はじまるよ」を行い、大型絵本『ねずみのさかなつり』(作:山下明生・絵:いわむらかずお)の読み聞かせをしました。

DSCN6256.JPG

DSCN6250.JPG

DSCN6244.JPG

続いて、本日の活動の概要を伝え、各グループに材料を渡して、「さかなの切り絵」・「釣り竿」の作成をします。

DSCN6263.JPG

制作が終了したグループから、輪ゴムが付いている「さかなの切り絵」を「釣り竿」で釣って遊びました。

DSCN6276.JPG

後半の15分では、今回の反省(アンケート記入)と、次回の模擬保育の予告を行いました。

児童教育学科の授業の特色として、1年生からゲーンス幼稚園の園長先生の講義を受講することができることのみならず、ゲーンス幼稚園での観察実習、広島市立牛田小学校の授業観察実習(今年度は3名の先生方から講義をしていただきました)があります。

園長先生の仕事も、大学の授業の仕事も、幼稚園の先生としての仕事もできてしまう高田園長先生の授業が受けられるのはとても幸運なことです。さあ、皆さんも保育の世界を楽しんでみませんか?

★児童教育学科の紹介動画はこちら
https://youtu.be/8mKRWH_8Kfw

★インスタグラムはこちら (校門前のツリーをごらんください)
https://www.instagram.com/child_jogakuin_u/?hl=ja

  • LINEで送る
授業紹介

児童教育学科2年生対象の「子どもの遊び」の授業では、子どもの運動発達や運動遊びに関する事柄を実践的に学修しています。今回はその授業の一部をご紹介します。

受講生は、就学前の子どもの運動発達に関する講義を受け、幼児を対象とした運動遊びの場を仲間と協力して知恵を出し合いながら制作に取り組みました。

DSCN0777.JPG

DSCN0776.JPG

多様な動きができ、遊びの要素が満載の運動遊びの場が出来上がりました。

DSCN0799.JPG

DSCN0804.JPG

DSCN0810.JPG

IMG-3963.JPG

DSCN0808.JPG

DSCN0801.JPG

DSCN0805.JPG

DSCN0812.JPG

DSCN0798.JPG

IMG-3965.JPG

広島女学院大学と同じ敷地内にある広島女学院ゲーンス幼稚園の年長クラスに受講生が制作した運動遊びの場を体験していただきました。

DSCN1012.JPG

DSCN1014.JPG

DSCN0932.JPG

DSCN0926.JPG

体験後、ゲーンス幼稚園の先生方から各チームに貴重なアドバイスをいただきました。先生方からの感想を紹介します。

<A先生による感想>
園の教員からのアドバイスを反映してくれていて、受講生の努力が見えてよかった。子どもと一緒に遊ぶことや保育者の言葉がけの大切さを実感していただけてよかった。ひらめいたことをそのまま即実践するのではなく、アイデアを整理してストーリー性をもって実践するとよりよくなると感じた。

<B先生による感想>
園児のために一生懸命運動遊びの場を考えてくれて感謝している。本番前の準備の段階で、不測の事態をいろいろと想定してそれに備えるということも大切な視点です。子ども理解をより一層深めていってほしい。

<C先生による感想>
子どもが実際に楽しそうに遊ぶ姿からも、また、終了後子どもたちの楽しかったという言葉からもよい体験になったと思った。様々な子どもがいるので一つの遊びでもその子に合わせた遊び方が工夫されていてよいと思った。

<D先生による感想>
子どもの主体性を育もうとする保育者としての視点は大切であるが、今回の体験のような場合は、ルールをまず園児に理解させて、守らせるというのも大切であると思う。臨機応変に対応することも重要で、活動の目的があればその目的を意識することが求められると思う。

単元学修後の学生の感想を紹介します。

「私たちのグループはボールを投げたり橋を渡ったりと"物を操作する動き"や"体を移動する動き"の多い運動遊びの場を考えました。男の子は投げることが好きなのか、ボールがよく箱の中に入っていたように思います。女の子もしっかりとルールを理解して、ボールを投げたり、橋を渡ったりして楽しそうに遊んでくれていたので安心しました。しかし、ライオンと猿それぞれの箱に投げていいよと最初に説明したが何故かみんな、ライオンの方に投げていたのでそこが不思議でした。利き手が関係しているのかなと疑問に思いました。けれど、子どもたちが「楽しいこの遊び」と言ってくれた時は本当に嬉しくて、頑張って作ってよかったなと思いました。また、こういう機会があったら今回よりもハードルを上げていい作品が作れるといいなと思いました。いい体験が出来ました。ありがとうございました。」

「最初は楽しく滑っていた子どもたちだったけれど、ずっと同じことの繰り返しなので最後の方は飽きていたので、事前に色々な滑り方を考えておけばよかったと思いました。また、最後のチームになるにつれて滑り台が壊れてきて残念でした。背の高い子どもには少しビニールの屋根が邪魔そうでした。しかし、頭から滑ってみようとか、仰向けで滑ってみようなど子ども同士で楽しそうに会話していて嬉しかったです。今回滑り台を作ってみて、どうしたら子ども達が楽しめるかを考えてビニールの屋根をつけてみたり、星を貼ってみたり、滑り台が崩れないように中にペットボトルをいれて補強したり、たくさん考えて、保育者は子どもと遊ぶ時にこのようにたくさんのことを考えていると知ることが出来てよかったです。」

「自分達で作った遊び場でゲーンス幼稚園の子ども達が楽しく遊んでいる様子を見て安心し、私自身も楽しく授業に参加することが出来た。子ども達が私達の遊び場の説明を聞き、きちんと順番、ルールを守って遊んでくれたので楽しい遊びが成立したのだと感じる。予想していた動きよりもしゃがむことや振りかぶって投げることだけでなく、狙いを定める時に必要な集中力等も身につく力があるのではないかと感じた。ヘビやワニにも可愛い!やヘビさんだ〜!と反応してくれたので嬉しかった。ゲーンス幼稚園の先生方は、途中で入ってきた子どもに対し順番を守りなさいと退かせるのではなく、適切な言葉掛けをしていて、伸び伸びと自由に保育していたように感じた。子どもは満足し、自分の位置に戻っていた。今回の自分達で作った遊び場を遊んでくれていることを通じて充実感を得ることができた。他のチームの遊び場もたくさんの工夫がされており、遊んでみたいと思った。」

子どもの体力・運動能力低下が長年問題となっています。また、コロナ禍の自粛生活で子どもたちの運動をする機会が少なくなっています。

幼稚園教諭、保育士、小学校教諭を目指す受講生が、子どもの体力・運動能力を高めるためにどうすればよいのか考えるよい機会となりました。

  • LINEで送る