人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学会アーカイブ

5月26日(土)、幼児教育心理学会の2018年度総会及び春季講演会が実施されました。今年から、児童教育学会が新たに発足し、幼心学会とともに活動することになりました。

総会では、2017年度の活動報告、決算、児童教育学会の規約、2018年度の新役員と予算が承認されました。児童教育学会の新役員には、23名もの1年生が立候補してくれました。

副会長の井手佑美佳さんはじめ、総会をもって引退する3年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。

youshin-gakkai.2018.May.1.jpg

春季講演会では、鯨岡峻先生を講師にお迎えし、「子どもとの接面における保育者の「保育する」営みを考える―子どもの心の動きに目を向けるためにー」というテーマでご講演をいただきました。目には見えない子どもの心を理解するために、計量的手法ではなく、「エピソード記述」という質的手法を紹介した「保育のためのエピソード記述入門」(ミネルヴァ書房、2017)はじめ、近著「関係の中で人は生きる」(ミネルヴァ書房、2016)など多数の研究書を出版されています。

youshin-gakkai.2018.May.2.jpg

鯨岡先生は、保育の中で最も重要な「子どもの心を育てる」ためには、「子どもの姿」「ねらいと保育の内容」「内容の取扱い」を分断して考えるのではなく、子どもの心の動きや葛藤と、それに対応しようとする保育者の心の動きの関係性を切らないで、「いま、この時」の子どもの心の動きを捉えなければならないとお話されました。

子どもの心には常にプラスとマイナスの二つの側面があり、子どもの負の心の動きをできるだけ前向きの動きに転換するためにはどうすればいいのかを、保育者の「養護」と「教育」の働きについて、「竹馬」のエピソードを用いて具体的に教えてくださいました。

エピソードから、「養護」と「教育」の働きはやじろべえのようなバランスの上に成り立っており、子どもの心の動きをその瞬間ごとに捉えながら、それに応じた働きかけをすることが子どもの心を育てる保育だということがよく分かりました。

子どもの思いがつかめた瞬間の、子どもと保育者の「接面」とはどのような場(空間)であるのか、これから実習に出る1,2年生の皆さんには保育現場でつかんできてほしいと思います。

youshin-gakkai.2018.May.3.jpg

ご多用のなか、広島までおいでいただいた鯨岡先生、多数ご来場いただいた幼稚園、保育園、こども園の先生方にも、の場を借りてお礼申し上げます。

  • LINEで送る

幼児教育心理学会/児童教育学会では、京都大学名誉教授・鯨岡峻先生をお迎えし、下記の要領にて春季講演会を開催します。幼稚園、保育園関係のみなさま、同窓生のみなさま、ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。
(入場無料 事前申込不要)

テーマ

子どもとの接面における保育者の「保育する」営みを考える

日時

2018年5月26日(土)14:30~16:00(受付開始 14:00~)

場所

広島女学院大学人文館 303教室(広島市東区牛田東4-13-1)

※駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。アクセスはこちら

お問い合わせ先

広島女学院大学児童教育学科 中村勝美 kodomo☆gaines.hju.ac.jp  ☆を@マークに代えてください

講師主要著書

関係の中で人は生きる(ミネルヴァ書房,2016年)

子どもは育てられて育つ(慶應義塾大学出版会,2011年)

エピソード記述を読む(東京大学出版会,2012年)

保育・主体として育てる営み(ミネルヴァ書房,2010年)

保育のためのエピソード記述入門:共著(ミネルヴァ書房,2007 年)

ひとがひとをわかるということ(ミネルヴァ書房,2006 年) エピソード記述入門(東京大学出版会,2005 年)

<育てられる者>から<育てる者へ>(NHK ブックス,2002 年)

他多数

講演概要

子どもを前にしたとき、保育者はどのように心を動かして子どもと接しているでしょうか。 保育と「保育する」との違いとは何でしょうか。保育内容というとすぐ、何を保育するかというように「何を」に重点がおかれますが、保育の営みを考えるうえでは、むしろ「保育する」保育者がどのように心を動かすのかという動態が重要といえます。本講演ではこうした視点から、保育する営みについて考えます。

  • LINEで送る
12月6日(水)、広陵高等学校教頭 堀正和先生を講師にお迎えして、幼児教育心理学会の秋季講演会「意志ある処に道あり」が開催されました。
堀先生は、昭和60年より広陵高等学校に着任され、平成7年には広島市教育委員会平和教育等海外教育事情視察派遣団員として米国訪問、平成20年度文部科学大臣優秀教員表彰受賞など、広島の教育者としてご活躍されておられるだけでなく、生き方や子育てについての講演活動や、今年30周年を迎える教育サークル「AGLOW」を通して地域の人づくりに貢献されておられます。
講演では、先生のこれまでの人生での出会いと、それによってご自身の生き方がどのように変わったかということが熱い思いとともに語られました。自分のことを諦めず、絶対できると信じ歩み続けること、そしてそれをこれから出会う子どもたちに伝えることの大切さを学びました。
本講演会は、幼心学会役員OGで、広陵高等学校出身の3年生髙山榛奈さんの企画で実現しました。ご多用中、教え子のたっての願いで講演においでくださった堀先生に感謝申し上げます。
youshin-gakkai.2017.autumn1.jpg
youshin-gakkai.2017.autumn2.jpg
  • LINEで送る