人文学部 日本文化学科 ニュース

7月5日の木曜チャペルで、わたしたちは、6編の原爆詩を手話も交えて群読し、わたしたちの願いを伝えました。

木曜チャペル1.JPG

げんしばくだんがおちると
ひるがよるになって
人はおばけになる

当時、小学3年生だった坂本はつみさんの詩は、原爆の恐ろしさをそのまま伝えています。「ひるがよるにな」り、「人はおばけになる」、恐ろしく強大な原子爆弾の破壊力。そのすさまじさが、素朴なことばを通して胸につきささってきます。そして、その破壊が、自然災害ではなく、人が作った兵器によって引き起こされ、何十万人ものかけがえのないいのちが失われたこと、その愚かしさと恐ろしさを、わたしたちは忘れてはならないと思います。

ちちをかえせ ははをかえせ
としよりをかえせ
こどもをかえせ

わたしにつながる
にんげんをかえせ

にんげんの にんげんのよのあるかぎり
くずれぬへいわを
へいわをかえせ

峠三吉さんのこの詩を、わたしたちは、手話と声で表現しました。仲間のひとりがずっと手話に取り組んでいて、それを今回の群読に生かしたいと考えたのです。全員が手話で伝えられるように、何度もビデオを見、練習を重ねました。戦争でいちばんに犠牲になるのは、小さな子どもや年とった人たち、身体に障がいを持つ人たちです。「としよりをかえせ こどもをかえせ」、こう書いた峠さんの気持ちを思いながら、わたしたちはこの詩を手話にしていきました。 また、どのように読むかについても、ずいぶん考えました。最初に聞いた中学生の群読では、声をかぎりに叫び、強い憤りを伝えようとしていました。それに対し、吉永小百合さんの朗読では、抑えた静かな読み方で深い悲しみが表現されていました。 わたしたちは、手話と声による表現であることをふまえ、少しゆっくり、その中に強い声も入れながら群読をしました。

木曜チャペル3.jpg

原爆詩を何度も繰り返し読み、自分の声にしていくなかで、わたしたちは文学の力を感じてきました。文学のことばを通して描き出された状況・情景・人間の姿、それを通して被爆の惨状が、過ぎ去った過去のできことしてではなく、まさに今、目の前にあるものとして立ち上がってきたのです。一瞬にして子どもを奪われ、親を奪われ、美しい広島の街を奪われた人々の悲しみと憤りが迫ってきたのです。 わたしたちは、それを、わたしたちの声と手話で精一杯伝えたいと思いました。

わたしたちは、文学を学び、日本語を学ぶ学生として、ことばの力を信じたいと思います。 ことばを通して、被爆の実相にふれ、戦争の悲惨さと愚かさを理解し、武力や圧力ではなく、ことばを使って、平和な世の中を築くために力を尽くすこと。その大切さを噛みしめながら、原爆で多くの生徒・教職員のいのちが奪われた広島女学院に学ぶ学生として、これからもわたしたちにできることをしていきたいと思います。

木曜チャペル2.JPG

  • LINEで送る

7月4日(水)の放課後、広島県・広島市教員採用試験グループワークに向けての演習を行いました。

国語科教員をめざすメンバーに加えて、英語教員や家庭科教員を志望する学生も加わり、2年生から4年生までの学生17名、教員3名で演習を実施しました。前半の課題は、昨年度の問題、後半の課題は一昨年度の問題です。課題文の配布、入室、試験の実施、退室まで、本番どおりの手順で実施しました。

グループワーク中1.JPG

入室時の教室は張り詰めた空気に包まれ、本番さながらの緊張感でワークを行うことができました。また、笑顔で演技が求められるパフォーマンス課題にも、精一杯取り組みました。

グループワーク中2.JPG

グループワーク中3.JPG

批評会でも、活発な意見交換が行われ、それそれぞれが自分の改善すべき点を把握しました。さらに、これを受けて、中等教職課程の教員から助言し、本番に向けてのアドバイスを伝えました。あっという間の充実した90分間でした。教員採用試験を目の前にしていい学び合いができたと思います。これまでの学びの積み重ねに自信を持って、ベストを尽くしてください。みなさんの合格を心よりお祈りしています!

グループワーク中4.JPG

  • LINEで送る

3年生が、今週の木曜チャペル「群読と手話で伝える原爆詩」に向けて、練習に取り組んでいます。今年で4回目の取り組みになりますが、今回ははじめて手話を取り入れ、峠三吉の思いを手話で伝えたいと思います。

群読練習1.jpg

また、6編の詩の群読の結びには、栗原貞子「ヒロシマというとき」を持ってきています。代表の沖翔子さんは、「1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下されました。しかし、栗原さんがこの詩で語っているように、南京虐殺、真珠湾攻撃、マニラ大虐殺など、日本には加害者としての歴史もあります。被害者であると同時に加害者でもある。私たちは、平和を考え、訴えるとき、この二つの側面を忘れずにいたいと思います。今年で、原爆投下から73年、広島に生きる者として、今の平和に感謝しつつ、原爆の惨禍を語り継いでいきたいと思います」と語っています。

群読練習2.jpg

小さな拙い取り組みですが、「たとえ微力ではあっても、無力ではない」という言葉を胸に、精一杯ヒロシマの思いを伝えられたらと思っています。一人でも多くの方々に木曜チャペルに足を運んでいただけましたら幸いです。

  • LINEで送る