広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 大学からのお知らせ
  3. Extensive Reading Activities (多読活動)

大学からのお知らせ

2019年06月21日活動報告共通教育部門

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Extensive Reading Activities (多読活動)

It is exciting to report that some of Daniel Hougham's Kiso Eigo classes started doing Extensive Reading (ER) activities in semester 1, 2019.
The aim of these activities is to encourage students to experience the joy of reading books of their choice at a beginner level and to improve their overall English abilities, giving them some in-class time to do two main things:

  • read individually or in pairs and practice using the key strategy of guessing unknown words from context
  • speak with classmates about books they have read, supporting each other by sharing experiences, information and recommendations

Some classes are piloting a web-based learning management system called MReader, which keeps track of their reading achievements by way of quizzes. These classes are using a specially designed reading journal with a column where students can put a check in a checkbox when they pass an MReader quiz (sample Kiso Eigo student journal shown below, with permission).


今回は、Hougham先生が担当する基礎英語のクラスでの活動をご紹介します。本年度より、多読活動"Extensive Reading" を授業に取り入れています。
この活動では、学生自身で選んだ英語の本を読んで楽しむということを、初心者レベルからでも体験することが目的です。そして、全般的な英語力の向上を目指し、以下の二つのことを主に授業内で行っています。

  • 個人またはペアで読み、文脈から新しい単語の意味を推測するという重要なストラテジーを使う練習を行う。
  • 読んだ本についてクラスメートと話し、その体験、情報、オススメのポイントを共有しながら互いにサポートし合う。

いくつかのクラスでは、"MReader"と呼ばれるウェブ上の学修マネージメント・システムを使い、クイズを使って達成状況を記録にとっています。これらのクラスでは、特別に開発された読書日記をつけ、MReaderのクイズに正解すると、チェック項目をクリアすることができます。

190620_kiso_1.jpg
190620_kiso_2.jpg

*YL=Yomiyasusa Level (読みやすさレベル)とはSSS英語学習法研究会が生徒を観察している教師の意見、多読をしている大人の意見から総合的に普通の英語学習者にとっての読みやすさを0.0から9.9までの数値にしたもの。数値が小さい程読みやすくなっています。

The basic goal for all students is reading 10,000 words. Each time a student passes a quiz, she gets a book cover on her individual MReader page. Each time a student passes her goal, she is encouraged to set a new goal for herself, thus giving her a sense of achievement and autonomy. The screenshot below shows a student who has read 40 books with quizzes passed (total words read in this course: 67,896). This student has already achieved several word count goals and has recently set herself a new goal of 100,000 words.

全ての学生に共通の目標は、10,000単語を読むことです。クイズにするたびに、学生はMReader上の個人ページでブック・カバーを一つゲットすることができ、また新しい目標を立てることで、達成感と主体性を得ることができます。以下のスクリーンショットは、40冊を読み、クイズにも正解した学生の活動記録です(合計単語数は67,896単語)。この学生はすでに単語数の目標をいくつか達成し、最近新たに100,000単語の目標を立てました。

190620_kiso_3.jpg

MReader enables the teacher to monitor and encourage students' reading progress, making the management of these activities a very easy and enjoyable task. Another example students' page is shown below. This student has read 32 books with quizzes passed (total words read in this course: 55,822). She has achieved her goal of 50,000 words in two and a half months.

MReaderでは、教員が学生の読書状況を確認し、促進することができますが、非常に簡単に、かつ楽しみながら学生の状況を監督することが可能です。次に、32冊を読んでクイズにも正解した学生を紹介します(合計単語数は55,822単語)。彼女は、50,000単語の目標を2ヶ月半で達成しました。

190620_kiso_4.jpg

4名の学生たちの声を聞いてみましょう。

❖ "I am very happy to read books everyday. I can share my favorite books to my classmates and talk about the books each other. By this way, we are all promoting our English everyday! And when I am reading books, I usually forget the time, that means reading books is very interesting!"

毎日、本を読むのが楽しみです。自分のお気に入りの本をクラスメートとシェアし、話し合うことができます。英語力を毎日伸ばすことができます!本を読んでいる間は時間を忘れていて、それだけ本を読むことをとても楽しんでいるのだと思います。

❖ "I usually don't read books. But these books are easy to read, have pictures. So I enjoy reading books these days. Sometimes, I talk with my friend about these books. And I borrow books which my friend recommended. From now on, I want to read many books!"

本はあまり読みませんが、ここで読む本は簡単で、絵もついているので、読書が楽しくなりました。友人とも本について話すことがあり、そこでオススメされた本を借りることもあります。これからたくさん本を読みたいと思います。

❖ "I enjoy reading a lot of books and sharing impressions about interesting books with my a friends."

たくさんの本を読み、友人ともそれらについての感想を伝え合うことを楽しんでいます。

❖ "We read and share many kinds of books in this Kiso Eigo class. We speak about the contents and stories of our favorite books which we chose to read. We get interested in books when hearing about the story from a friend. After reading each book, we solve a quiz about it and can review the content of each book by doing a quiz. I am very glad when I pass quizzes. My reading speed became a lot faster by reading many easy-to-read books. I want to do my best with these activities."

基礎英語クラスでは沢山の種類の本を読んで共有します。好きな本を選んで、本の内容と物語について話します。友達が紹介した本に興味を持ったらそれを読むこともできます。そして本を読んだら、本の内容のクイズを解きます。クイズに合格するととても嬉しいです。私はたくさんの本を読んで、本を読むスピードがはやくなりました。もっと頑張りたいと思います!

190620_kiso_5b.jpg

190620_kiso_6.jpg

Some classes are not using MReader, but are writing short summary reports of their reading instead. A sample student reading journal with written reports can be seen below (shared with permission).

クラスによってはMReaderを使わず、以下のように短い要約を書いたりしています。

190620_kiso_7b.jpg

もう1名の学生の声を聞いてみましょう。

❖ "With my classmates, I talked about books I had read, and we were able to teach each other even if there were words that we didn't know. We looked at the sentences before and after to guess the meaning of unknown words and deepened our understanding of books. By writing reports, I was able to get used to writing English by myself little by little."

クラスメートと自分の読んだ本のことについて話し合い、分からない単語があっても教え合えたり、前後の文を見て単語の意味を推測して本の内容理解を深めることができました。レポートを書くことで自分で英文をつくることに少しずつ慣れることができました。


All students have the opportunity to participate in a "Reader Challenge" contest where their reading achievements will be recognized and rewarded with certificates of achievement and prizes. It should be noted that the Reader Challenge is not necessarily a competition between students but a personal challenge that students can choose to participate in voluntarily. An awards ceremony is scheduled for July 24th.
It is hoped that these activities will enable students to experience success and enjoyment in reading and speaking in English, and to develop as autonomous learners who achieve their goals by using effective learning strategies such as "guessing unknown words from context". The basic skills and positive attitudes they develop will serve students well when they face challenging situations such as taking the TOEIC test and interacting with people in English in the future.

全ての学生が"Reader Challenge"コンテストに参加することができ、個々ののリーディングの達成度が評価され、修了証と賞品が贈られる予定です。このコンテストは、学生同士の競争ではなく、それぞれが自ら参加し、チャレンジするものです。表彰式は7月24日を予定しています。
この活動を通して、学生が英語のリーディングとスピーキングにおいて楽しみながら成功体験を得られるものと考えています。そして、「知らない単語でも前後関係から推測する」といった効果的な学修方法を使って目標を達成し、主体的に学ぶという点においても成長が望めます。ここで得た基本的なスキルや積極性は、TOEICや将来英語で人と交流するといった場面においても役立つものです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE