広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

管理栄養学科

患者様のために何ができるかを考える

人間生活学部 管理栄養学科

竹中 理恵さん

内定先:独立行政法人国立病院機構

出身校:広島県立祇園北高等学校

「一番大切な人に一生会えなくなるとしたら、「最後の一口」に何を食べてもらいますか」、そう先生に問われ、食べ物のもつ力について考え始めました。病院実習では、受け入れ困難な患者様の栄養管理の難しさに直面。しかし、薬では成しえない力が食事にはあると思い、そのような患者様の栄養管理をするために国立病院一本に絞ってひたすら勉強しました。面接日が近づくにつれ、考えがまとまらず混乱しましたが、「話し方より何より、入りたいという思いを伝えよう」と気持ちをシフトして取り組みました。就職後は常に患者様のために何ができるかを考える人でありたいと思います。(2018年取材)

市民の方に信頼していただけるよう、誠実な態度であり続けたい

人間生活学部 管理栄養学科

岡村 美里さん

内定先:広島市役所(農芸化学)

出身校:広陵高等学校

企業説明会や就職ガイダンスで様々な食品関連企業を知ると同時に、自分がどんな仕事がしたいのかをじっくりと考えました。その中で地元である広島市で食の安全にかかわる仕事に携わりたいと思い、食品衛生監視員を目指したことが就職を決めたきっかけです。授業や実習、公務員試験の対策に就職活動と限られた時間の中で、いかに効率的に行動できるかを考え、スケジュールを詰め込み過ぎないよう「オン・オフ」の切り替えを心掛けました。時にはしっかり勉強、時には趣味に没頭したり、休息をとったりすることで、最後まで諦めずに走り続けられました。(2018年取材)

エリアを広げた就職活動で、自分に合う食品企業に出会えた

人間生活学部 管理栄養学科

水島 万里菜さん

内定先:株式会社明治 西日本支社

出身校:広島市立美鈴が丘高等学校

幼い頃から食べることが大好きで、将来は食品に携わる仕事がしたいと思っていました。食品業界を中心に自分に合う企業を探すため、広島だけでなく東京や大阪にも行き、就職活動を行いました。面接では苦戦しましたが、友人やキャリアセンターの方、先生方に親身にサポートして頂いたおかげで、自分の強みである行動力をエピソードを交えてうまく伝えることができました。乳児から高齢者までを対象とした幅広い商品展開をする明治で、病院や介護施設での栄養指導を行い、たくさんの方の健康を支えられるように頑張りたいと思います。(2017年取材)

病院の管理栄養士として患者さんに寄り添いたい

人間生活学部 管理栄養学科

谷 絵美花さん

内定先:国立病院機構 中国四国グループ

出身校:香川県立高松桜井高等学校

「人は自分で食事が出来なくなった時と排泄ができなくなった時に死を覚悟する。その一つの食事に関わるのが管理栄養士」という先生の言葉や、身近な人の健康を考えるようになったことが病院の管理栄養士を目指したきっかけです。授業やボランティア活動では、周囲の意見を取り入れながら理想を形にすることや、相手に伝えたいことをわかりやすく表現することにより、他者に寄り添う姿勢を持つよう心掛けました。「誰かのために自分にできることをしたい」という気持ちが行動の原動力であることをキャリアセンターでの自己分析で知ることができました。日々の健康を支える基盤のひとつである食事に対し、悩みや不安を持たれている患者さんに寄り添える管理栄養士になりたいと思います。(2017年取材)