広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

管理栄養学科

人に寄り添う管理栄養士をめざして

人間生活学部 管理栄養学科

政田 采花さん

内定先:JA広島総合病院

出身校:広島県立海田高等学校

入学時に先生が最初に仰ったのは、「女学院大学は人に寄り添い、相手を思いやることの出来る学生を育てています。」ということでした。どんな事でも真摯に受け止めてくださる先生方に支えられ、同じ目標に向かって一緒に頑張ってくれる素敵な友達に囲まれて勉強することができました。そして、私は念願だった病院で働くことになりました。ここで学んだ「相手を思いやる気持ち」を忘れず、全ての人から学ぶ姿勢を持ち、いつも笑顔で患者様に寄り添う、そんな管理栄養士になりたいと思います。(2016年取材)

栄養の知識を生かし、長く愛される商品をつくりたい

人間生活学部 管理栄養学科

内田 美音さん

内定先:アヲハタ株式会社

出身校:広島県立広島国泰寺高等学校

臨地実習の際に食品企業で働いていらっしゃる管理栄養士の方とお話をすることがあり、それがきっかけで食品企業への就職を目指すようになりました。就職活動が始まり、エントリーシートの記入や面接での受け答えをする中で、臨地実習や大量調理実習など、管理栄養学科での様々な経験が大きな強みとなりました。結果、目標としていた食品企業に採用していただくことができました。就職は一つの通過点でしかないので、今後大学で学んだ事を生かし、美味しいだけでなく栄養面に関しても付加価値のある、長く愛される商品をつくるという目標に向け、邁進していこうと思っています。(2016年取材)

より健康で豊かな食生活に貢献したい

人間生活学部 管理栄養学科

中尾 南都さん

内定先:株式会社アンデルセン

出身校:広島女学院高等学校

食育サークルに所属し、企業の商品を使ったメニュー開発を経験したことをきっかけに、食品企業に興味を持ちました。管理栄養海外フィールドワークでハワイを訪れ、他国との違いを学び、日本の食や管理栄養士について改めて見つめ直す貴重な経験をしました。就職対策は3年次から本格的なサポートが始まり、キャリアセンターの方に何度も相談に乗って頂きました。自分の進路をきちんと考え、周りに流されずに活動を進めることが出来ました。入社後は美味しい商品を提供すると共に、お客様がより健康で豊かな食生活を送れるよう貢献していきたいです。(2016年取材)

管理栄養士としての学びと可能性を生かしたい

人間生活学部 管理栄養学科

奥村 しぶきさん

内定先:株式会社サタケ

出身校:鈴峯女子高等学校

管理栄養学科ではさまざまな調理実習を経験し、限られた調理時間で喜んでいただける工夫の重要さや、協力し合う大切さを学びました。就職活動では、実務経験豊富な先生方から現場の様子をお聞きし、国家試験対策などの充実した支援を受けることができました。卒業後は精米・製粉機器等を扱う株式会社サタケで、お米の機能性成分を利用した新商品開発等に携わる予定です。自分の可能性を活かして活躍したいです。(2015年取材)