広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

目標を持って日々成長し、一人でも多くの人を喜ばせたい

人間生活学部 生活デザイン・建築学科

岡本 祐奈さん

内定先:株式会社ウッドワン

出身校:広島文教女子大学附属高等学校

昔からインテリアや建築に興味がありました。インテリアデザイン論の授業で、広島に本社のあるウッドワンのショールームを見学する機会がありました。女学院大学の卒業生による商品説明を受け、ここならば自分が学んだことを活かすことができると思いました。就職活動では、相手の目を見て、緊張してもなるべく笑顔で楽しく話すように心がけました。選考前にはしっかりリサーチを行い、選考後は面接で聞かれたことをまとめるようにしました。結果として、建築構法の部署に内定をいただくことができました。これからも常に目標を持ち、日々成長していきたいです。そして、何らかの形で一人でも多くの人を喜ばせたい、また、誰からも信頼されるようになりたいと思っています。(2017年取材)

病院の管理栄養士として患者さんに寄り添いたい

人間生活学部 管理栄養学科

谷 絵美花さん

内定先:国立病院機構 中国四国グループ

出身校:香川県立高松桜井高等学校

「人は自分で食事が出来なくなった時と排泄ができなくなった時に死を覚悟する。その一つの食事に関わるのが管理栄養士」という先生の言葉や、身近な人の健康を考えるようになったことが病院の管理栄養士を目指したきっかけです。授業やボランティア活動では、周囲の意見を取り入れながら理想を形にすることや、相手に伝えたいことをわかりやすく表現することにより、他者に寄り添う姿勢を持つよう心掛けました。「誰かのために自分にできることをしたい」という気持ちが行動の原動力であることをキャリアセンターでの自己分析で知ることができました。日々の健康を支える基盤のひとつである食事に対し、悩みや不安を持たれている患者さんに寄り添える管理栄養士になりたいと思います。(2017年取材)

保険会社で信頼関係を築き、人々を支えていきたい

国際教養学部 国際教養学科

川本 彩希さん

内定先:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

出身校:広島市立美鈴が丘高等学校

「人との関わりあいを通じて信頼関係を築くこと、人を支えること」ができる仕事がしたいと考えていました。母が保険代理店で働いていることもあり、以前から「お客様の安心を支える」保険業界について興味がありました。インターシップを通してさらに関心が高まり、保険会社を中心に就職活動をしました。キャリアセンターでの個別相談、親身になってサポートしてくださった先生方のおかげで、希望の会社へ入ることができました。これから何事も能動的に行動し、お客様だけではなく社内でも信頼され、支えていけるように日々努力していきたいと思います。(2017年取材)

自分のめざす保育士像を明確に持ち、公務員試験に臨んだ

人間生活学部 幼児教育心理学科

惣田 佑美さん

内定先:東広島市職員(保育士)

出身校:広島県立賀茂高等学校

幼少期から保育士になることが夢でした。保育所・幼稚園・小学校での実習や、自分らしい表現力や子ども理解の視点が求められる授業を通して、なりたい保育士像が明確になり、公立の保育所を目指したいと強く思いました。悩んだ時、先生方に背中を押して頂いたり、周りに支えてもらい、恵まれた環境の中で過ごした大学4年間は、私にとって自信になる貴重な学びとなりました。この学びを糧にし、支えてくれる存在がいることに感謝し、思いやりのある温かい保育士を目指していきたいです。(2017年取材)