広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

国際教養学科

生徒の個性を引き出すことのできる教員を目指して

国際教養学部 国際教養学科

水永 恵さん

内定先:広島県 中学校教員(国語)

出身校:島根県立益田高等学校

先輩がリーダーとして企画・運営する姿が格好よく、「私もやってみよう」と思いオリエンテーションキャンプの活動を始めました。「新入生が(キャンプに)前向きに取り組める雰囲気作り」をテーマに、レクのメンバー全員で活動していましたが、気が付けばレクトップとして自分が後輩に教える立場になっていました。各々取り組むスタイルが違い、少しのほころびが生じた時、限られた時間の中で後輩にどこまで介入するべきか悩みました。それぞれの良さやペースがあるのだから、意思を尊重し直前まで見守ろうと決め、後輩に接した結果、新入生に満足してもらえる企画ができました。この経験から、子どもたちのいいところを見出し、個性を大切にできる先生を目指したいと思います。(2018年取材)

旅行を通じて感じた楽しさや感動を提供したい

国際教養学部 国際教養学科

髙橋 咲子さん

内定先:東武トップツアーズ株式会社

出身校:広島県立高陽高等学校

韓国の言語や文化に興味があり、将来はそれに関連する仕事につくのかなと漠然と思っていました。大学2年生で履修した「西洋建築史」で聖堂の構成するラインの美しさに魅せられて、西洋の文化にも興味が湧きました。「時間と経験が何よりも大切!」と行動をおこし、すぐさまフランスやベルギーに飛び立ちました。この旅行で未知の世界を知ることの喜びを体感し、その時に受けた経験や感動を分かち合いたいと思い、お客様とより接することのできる営業メインの旅行会社を志望しました。「あの時の旅行楽しかったよね」と思い出を共有できるような旅行を多くの人に提供していきたいです。(2018年取材)

当たり前の日常を支えることのできる銀行員に

国際教養学部 国際教養学科

丸谷 美沙紀さん

内定先:株式会社広島銀行

出身校:広島県立広島井口高等学校

就職活動を始めたばかりの時は、自分がどの様な職業につきたいのか全く分からず、色々な業種の説明会やセミナーに参加しました。就職活動に悩む時期もありましたが、私は「当たり前の毎日を支える一員になりたい」という思いが強くなり、銀行員になることを目指すようになりました。新たな環境で不安はありますが、お客様一人ひとりの気持ちに寄り添い、期待を上回るサービスをするため努力と挑戦を重ね、「あなただから」と言ってもらえる銀行員になりたいと思います。(2017年取材)

保険会社で信頼関係を築き、人々を支えていきたい

国際教養学部 国際教養学科

川本 彩希さん

内定先:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

出身校:広島市立美鈴が丘高等学校

「人との関わりあいを通じて信頼関係を築くこと、人を支えること」ができる仕事がしたいと考えていました。母が保険代理店で働いていることもあり、以前から「お客様の安心を支える」保険業界について興味がありました。インターシップを通してさらに関心が高まり、保険会社を中心に就職活動をしました。キャリアセンターでの個別相談、親身になってサポートしてくださった先生方のおかげで、希望の会社へ入ることができました。これから何事も能動的に行動し、お客様だけではなく社内でも信頼され、支えていけるように日々努力していきたいと思います。(2017年取材)