1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

国際教養学科

子どもたちの可能性を引き出し、ともに成長したい

国際教養学部 国際教養学科

伊藤 瑞希さん

内定先:株式会社AICエデュケーション

出身校:広島県立広島観音高等学校

自分の英語学修の経験から、早期英語教育の重要性を感じていました。インターナショナル幼稚園でのインターンシップを経験し、研修後も授業の合間を縫って、半年ほど英語保育の補助に通いました。大学でGSEコースに属し、All Englishの環境下、最初は授業についていくのがやっとでした。しかし、先生に個別に教えてもらったり、日々の課題やレポート、プレゼンテーションを数多くこなしたりするうちに、英語表現のバリエーションや英語圏の知識が増え、さらにプレゼンテーション力や資料作成スキルなど、様々な力を自然と身に付けることができました。
株式会社AICエデュケーションは英語だけでなく日本語による教育も重視しているので、そこに私の役割があると感じました。日本語や日本文化の素地をしっかりと持った将来の国際人の育成に寄与したいと思います。(2020年取材)

空港も思い出の一つになるような旅のサポートをしたい

国際教養学部 国際教養学科

飯塚 美月さん

内定先:広電エアサポート株式会社(広島空港JALグランドスタッフ)

出身校:広島文教女子大学附属高等学校

日本や世界を旅することが大好きで、バックパッカーやヒッチハイクの旅をしてきました。空港を通るといつもワクワクとした高揚感を覚えます。
入学式での湊学長のお言葉、「どの大学に入ったかより、大学で何をして何を得るかが大切」がきっかけとなり、様々な活動に挑戦しました。教員免許の取得、あやめ祭実行委員、フィリピンでのボランティア、スポーツジムのインストラクター、塾のアルバイト、ホテルの宴会スタッフなど、取り組んだこと全てが自分の成長に繋がっていると感じます。どの活動においても、関わる人にわかりやすく物事を伝えるよう心掛け、コミュニケーション力の向上に努めました。
空港も旅する人の思い出の一つ。お客様一人ひとりに寄り添ったサポートができるグランドスタッフになりたいと思います。(2020年取材)

学ぶ楽しさを伝えるとともに、生徒の希望する進路実現に向けてサポートをしたい

国際教養学部 国際教養学科

岡田 美優穂さん

内定先:広島県 高等学校教員(国語)

出身校:広島県立西高等学校

両親が教職についていることや、これまで出会った先生方が児童・生徒だった私に真摯に向き合ってくださったことが嬉しくて、幼いころから教員に憧れを持ちました。高校は通信制で、進路選択時に多くの同級生が"なんとなく"で進路を決めてしまったり、就職や進学についてあまり知らないままだったりする姿を見て、キャリア教育に携わりたいと思い、高校教員を選びました。
大学では、早期から発表や模擬授業の機会が多くあり、同じく国語科教員を目指す人と忌憚ない意見を交わしました。苦手意識のあった古典や語学も、興味を持って学ぶことができました。
コロナ禍で試験内容が変更したため、面接に備え想定問答を作成し、友人と数多く練習しました。また本年度は実施されませんでしたが、集団面接に関する対策講座が毎年あり、先輩方に交じって参加をしていました。実践型で様子がわかり、先輩方の姿を参考にしていました。
国語の授業では学ぶ楽しさを伝え、そして、キャリア教育では生徒が希望する進路を叶えられるようサポートしたいと考えています。(2020年取材)

地元の魅力を世界中に発信し、笑顔のきっかけを作る

国際教養学部 国際教養学科

小林 南さん

内定先:株式会社デイリー・インフォメーション関西 中国支社

出身校:広島市立沼田高等学校

私は、新しい情報や人との出会いのきっかけを作り、たくさんの人を笑顔にしたいと思い、広告業界・人材業界を目指しました。私自身、これまでさまざまな出会いによって、有意義に過ごすことができているからです。中国での海外研修では、知らない世界を肌身で感じ、吸収することができました。日々の時間割は詰まっていましたが、興味のあることは欲張ってでもするべきだと感じました。これからは、中四国地方の魅力を世界中に発信して、広告で地元を盛り上げ、地元が好きだなという人を一人でも増やしたいと思います。初心を忘れず、一人でも多くの方が笑顔になるきっかけ作りをしていきます。(2019年取材)